クラウドにつながり、
もっとかしこく、
もっと便利に
COCORO AIR

全機種無線LAN機能内蔵

2018年度モデル

シャープのエアコンは全機種無線LAN機能を内蔵。
様々な情報をクラウドに蓄積して、
ご家庭にあった最適な運転モードを自動で選んだり、
スマートフォンで外出先からエアコンを操作したり…
かしこく便利なエアコンライフが広がります。

  • ブロードバンド回線(常時接続)が必要です。プッシュボタン方式対応の無線LANアクセスポイント機器(別売)が必要です。
クラウド

クラウドサービス

業界初生活リズムやお好みの
温度設定などを学習する
使い方フィット

(国内家庭用エアコンにおいて、H-Xのみ、2018年1月25日発売予定)

  • ブロードバンド回線(常時接続)が必要です。プッシュボタン方式対応の無線LANアクセスポイント機器(別売)が必要です。
  • スマートフォンのアプリで設定していただく必要があります。

人の不在を学習

人の不在時間をクラウドに蓄積。おでかけなどの不在時に自動でおでかけ運転をして省エネ※2になります。

AY-H40X2において、当社独自の条件により評価。

人の不在時間を学習イメージ
  • ※1AY-H40X2において、当社試験室(14畳・フローリング)にて、通常運転とおでかけ運転の3時間の積算電力量を比較。外気温35℃、冷房のおでかけ運転時(541Wh)と通常冷房運転・設定温度26℃(709Wh)とで比較。外気温2℃、暖房のおでかけ運転時(1658Wh)と通常暖房運転・設定温度23℃(1965Wh)とで比較。設置環境、使用状況により効果は異なります。

設定温度を学習

エアコンの設定温度の操作履歴をクラウドに蓄積。そのデータをもとに学習し、設定温度を自動で調整します。

エアコンの設定温度を学習イメージ

業界初お住いの地域に合わせて運転、

(国内家庭用エアコンにおいて、H-Xのみ、2018年1月25日発売予定)

  • ブロードバンド回線(常時接続)が必要です。プッシュボタン方式対応の無線LANアクセスポイント機器(別売)が必要です。
  • スマートフォンのアプリで設定していただく必要があります。

お住まいの地域の季節情報や天気情報をクラウドより入手し、その地域にあった運転を行います。

お住まいの地域の季節情報や天気情報を活用

業界初生活アシスト発話

(国内家庭用エアコンにおいて、H-Xのみ、2018年1月25日発売予定)

  • ブロードバンド回線(常時接続)が必要です。プッシュボタン方式対応の無線LANアクセスポイント機器(別売)が必要です。
  • スマートフォンのアプリで設定していただく必要があります。

天気予報のお知らせで生活アシスト

お住いの地域の天気トピックスを朝、晩に発話してお知らせします。

天気予報発話イメージ

省エネのアドバイスで使い方の提案

お住いの地域のエコランキングとユーザーの使い方を分析し省エネにつながる情報をお知らせします。

省エネ発話イメージ
  • 設定いただく郵便番号により地域の範囲を決め、シャープエアコンH-Xシリーズのみでランキングします。

スマートフォン便利機能

外出先からスマートフォンで、
エアコン操作

外出先から運転オン・オフはもちろん、風量・風向やタイマー設定まで自在にエアコンの操作ができます。またGPSと連動し、自宅から一定距離を離れると、エアコンの運転状態をお知らせ。切り忘れ防止に役立ちます。

  • ブロードバンド回線(常時接続)が必要です。プッシュボタン方式対応の無線LANアクセスポイント機器(別売)が必要です。
  • エアコンの運転状態通知はスマートフォンのアプリで設定していただく必要があります。

リモコンより細やかな設定ができ、便利に使えます。

運転モード、風量/風向き、タイマーを操作
外出先からスマートフォンでエアコン操作イメージ

お部屋の状況確認

スマートフォンでお部屋の温度や湿度が分かるため、ペットや高齢者、子どもに配慮したお部屋の環境管理に役立ちます。

  • ブロードバンド回線(常時接続)が必要です。プッシュボタン方式対応の無線LANアクセスポイント機器(別売)が必要です。
お部屋の状況確認イメージ

スマホ画面で様々な情報を確認

他にもスマホ画面で電気代の確認や天気、お手入れ時期など様々な情報を確認できます。また、エラー時にはスマホに情報が通知されるだけれなく、対処策も案内されるので、もしもの時も安心です。

  • ブロードバンド回線(常時接続)が必要です。プッシュボタン方式対応の無線LANアクセスポイント機器(別売)が必要です。
電気代、天気を確認

お家のエアコンや空気清浄機
1つのアプリでまとめて管理

アプリ1つでシャープのエアコン・空気清浄機をまとめて10台まで管理することができます。

  • 2017年度発売のクラウド対応機種
  • ブロードバンド回線(常時接続)が必要です。プッシュボタン方式対応の無線LANアクセスポイント機器(別売)が必要です。
アプリで管理イメージ

スマート連携

加湿空気清浄機連携

エアコンの運転に合わせて、当社製加湿空気清浄機(別売)とクラウド上でかしこく連動運転します。

  • 2017年度発売のクラウド対応機種
  • ブロードバンド回線(常時接続)が必要です。プッシュボタン方式対応の無線LANアクセスポイント機器(別売)が必要です。

センサー連携

空気清浄機の照度センサーで、部屋の明るさから就寝を予測し、エアコン側で「おやすみ」運転を行います。

運転連携

エアコン側で暖房モードにすると空気清浄機が自動で加湿するなど、エアコンと空気清浄機を連携することもできます。

  • 空気清浄機運転中のみ
加湿空気清浄機連携イメージ
COCORO AIRマーク
COCORO AIR

他社の音声サービスにも対応(詳しくはこちら

ECHONETLiteHEMSと連携できるECHONETLiteに対応

経済産業省が認定するスマートハウス向けの通信規格ECHONETLiteに対応しているので、HEMS(Home Energy Management System)経由の操作や、HEMSが提供する各種サービスの利用が可能となります。

  • 「ECHONETLite」は、一般社団法人エコーネットコンソーシアムの商標です。詳しくはこちらをご覧ください。
  • ECHONETLite対応機器として動作するには、家電ワイヤレスアダプターの接続設定の切り替えが必要です。詳しくはサポートページをご覧ください。
  • 写真はイメージです。
  • このページは、H-Xシリーズを中心に説明しています。
ページTOPへ戻る