1. 特長
  2. 仕様

AQUOS 8K※1の高画質・臨場感を際立たせる
三次元オーディオシステム

8K放送で採用される22.2ch音響は、前後左右のあらゆる方向(三次元)から音声が流れ、全身を音に包まれるような、まるでその場にいるような「体感」を提供します。その三次元立体音響を、サウンドバーとサブウーハーで構成したオーディオシステムで再現。全身を包み込むサウンドと映像の一体化で臨場感あふれる体験をお楽しみいただけます。

AQUOSと付属のケーブルで接続するだけ

  • ※1 AX1ライン、AW1ライン。尚、AW1ラインは8Kチューナーの接続が必要です。

『AQUOS 8K』と組み合わせ、8K放送の立体音響を手軽に楽しめる

『AQUOS 8K』と組み合わせる事により、8K放送で採用される22.2マルチチャンネル音響を、独自方式でリミックス。
22.2ch信号を水平方向と鉛直方向と低域効果音の3種類の信号に分離し、サウンドバーとサブウーハーで構成された簡単なシステムで再生します。

上向きの「イネーブルドスピーカー」を搭載、臨場感溢れるサウンドを提供

サウンドバーの上部左右には斜め20°に前傾した「イネーブルドスピーカー」を搭載。
鉛直方向に分離された音源を再生します。また劇場用に開発された音響システムであるDOLBY ATMOS技術も採用しており、水平方向だけでなく鉛直方向の音源再生も組み合わせる事で、三次元に拡がる音や、右から左・上から下へ移動する音を再現し、臨場感を実感できます。

テレビのリモコン1つでオーディオも簡単操作「AQUOSファミリンク」

『AQUOS 8K』のリモコンで本機の音量調節や電源ON/OFFが可能な「AQUOSファミリンク」にも対応。視聴中の番組に最適なオーディオモードに自動設定されるジャンル連動など、「AQUOS」と組み合わせて使用することで、より便利にテレビを視聴できます。

スパイクインシュレーター

スピーカーのスタンドは、最も鮮明で美しい音を響かせるスパイク構造を採用。高比重の真鍮材を使う事で、振動による雑音を防ぐなど、高音質にこだわっています。

高音質「ハイレゾ再生」に対応

USB端子に接続したUSBメモリ等からのハイレゾ音源(WAV・FLAC,192K/24bit)再生に対応しています。また、ハイレゾの超高域再生を可能にする2.0㎝ソフトドームツイーターを採用しています

DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)採用 三次元立体音響をリビングで再現

ドルビーアトモスは劇場用に開発された音響システムです。今までは水平方向のみの再現でしたが、ドルビーアトモスは更に高さ方向の音源を再生する事で、三次元に拡がる音や、右から左・上から下へ移動する音を表現する事が可能です。

通常放送のアップミックス信号処理

8K放送以外の放送で採用されている2ch/5.1ch音声信号についても、周波数を分析し水平方向と鉛直方向の信号に分解するアップミックス信号処理に対応。
従来のテレビと接続しても、立体音響を楽しめます。

Bluetooth®で接続したスマートフォンからの音楽再生が可能

このページのTOPへ

AQUOS関連製品

液晶テレビ アクオス

液晶テレビ アクオス

迫力と美しさを兼ね備えた新時代のリビングテレビ

ブルーレイディスクレコーダー

ブルーレイディスクレコーダー

2番組同時録画など録画機能の充実に

このページのTOPへ