2018年12月1日から始まる
新4K衛星放送※1を、存分に楽しめる。
4Kチューナー内蔵 AQUOS 4K。

AN1ライン

AN1ライン

イメージ画像:新4K衛星放送の裏番組録画に対応新4K衛星放送※1の裏番組録画に
対応
スポーツや映画など多様なジャンルを、フルハイビジョンの4倍きめ細かい(3,840×2,160画素)高画質で身近に楽しめます。さらに、本機はBS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵。新4K衛星放送を視聴しながら、外付けハードディスク(別売)に、別チャンネルの新4K衛星放送を録画し、好きな時に再生ができます。
イメージ画像:さまざまなコンテンツを臨場感豊かに表現「AQUOS 4K Smart Engine」新4K衛星放送を
臨場感豊かに表現
「AQUOS 4K Smart Engine PRO」
地上デジタル放送から新4K衛星放送まで臨場感豊かに表現するアップコンバート技術搭載。解像度や映像レベルを判別し、4K液晶パネルに最適な高精細映像に変換します。
イメージ画像:「COCORO VISION」家族の視聴や録画の傾向を学習して、AI(人工知能)が気になる番組や生活情報を教えてくれる
「COCORO VISION」搭載
AI(人工知能 )が、家族の好みを学習し、気になる番組や情報を音声でお知らせ。さらに、身近な地域のイベント情報が届く、家族のスケジュールを音声入力できる新サービス「COCORO CALENDER」に対応しました。

※1 新4K衛星放送とは、BS・110度CSの4K放送のことです。新4K衛星放送のご視聴には、右旋・左旋円偏波対応のアンテナ、分配器、分波器、ブースター、ケーブル等に交換が必要な場合があります。