2018年12月1日から始まる新4K衛星放送※1を、存分に楽しめる。4Kチューナー内蔵 AQUOS 4K。

新4K衛星放送を臨場感豊かに表現「AQUOS 4K Smart Engine PRO」

地上デジタル放送も4K画質に変換「4K-Master アップコンバート プロ」

解像度や映像レベルを判別し、最適な高精細処理を行う「4K-Masterアップコンバート プロ」を搭載。地上デジタル放送やブルーレイの映像では精細感を復元しながら、ノイズの少ない高画質を実現。元々解像度の高い4K映像と判定された場合は原画を忠実に再現。高解像度コンテンツならではの奥行感や立体感を表現します。
$SEIHINTOKU.alt

このページのTOPへ

色彩豊かな映像を再現する広色域技術「リッチカラーテクノロジー」

地上デジタル放送で使用されている色域(ITU-R BT.709)を超える広色域技術を搭載。LEDバックライトと色復元回路で、映像の臨場感を高めます。
$SEIHINTOKU.alt

このページのTOPへ

消費電力を抑えたまま明るさをアップ「リッチブライトネス」

独自の高効率LEDバックライトシステムで、消費電力を抑えたまま画面輝度を高めます。HDRコンテンツはもちろん、地上デジタル放送やBDソフトも明るく見やすいクリアな映像で表現します。
$SEIHINTOKU.alt

このページのTOPへ

HDR(ハイダイナミックレンジ)映像対応(注1)

HDR規格で収録された従来より広い輝度情報を画像処理エンジンで忠実に復元。高コントラストかつ低反射処理を施した液晶パネルに最適に表示することで、風景の奥行き感や、素材の質感までリアルに再現します。
2018年12月1日開始の新4K衛星放送で採用される「HLG」方式(注2)のHDR映像にも対応(注3)。高精細な映像を更に臨場感豊かに映し出します。

  • (注1)Ultra HDブルーレイやインターネットで配信される4K動画サービスのHDR映像入力に対応。HDR映像で視聴する場合には、設定メニュー内の「HDMI対応信号モード」を「フルモード」に設定してください(入力1、2のみ対応)。
  • (注2)Hybrid Log-Gamma(ハイブリッドログガンマ)方式の略。
  • (注3)新4K衛星放送とは、BS・110度CSの4K放送のことです。新4K衛星放送のご視聴には、右旋・左旋円偏波対応のアンテナ、分配器、分波器、ブースター、ケーブル等に交換が必要な場合があります。

このページのTOPへ

艶やかな黒と低反射「N-Blackパネル」搭載

「高精細」「広色域」「明暗表現力」の4Kに求められる3つの要素を最大限に活かすのが、N-Blackパネルです。パネルの表面に低反射を実現する素材を採用。屈折率を徐々に変化させることで大画面ほど気になる外光や照明の映り込みを抑え、見やすく美しい4K映像を実現します。
$SEIHINTOKU.alt

このページのTOPへ

速い動きに強い「倍速液晶技術」

毎秒60コマの映像を分析し、前後のフレームから補間映像を作成。2倍の120コマに増やして残像感を低減する倍速駆動を搭載。速い動きの映像も残像感が少ないクリアな映像でお楽しみいただけます。
$SEIHINTOKU.alt
独自の液晶技術でくっきりクリアな映像を実現「480スピード(注1)
液晶パネルの駆動に連動してLEDバックライトを点滅させることで映像の残像感を効果的に低減し高い動画性能を実現します。

  • (注1)倍速技術で補間した毎秒120コマの映像に、LEDバックライトの点滅を連動させ動画再現性を高める技術。

このページのTOPへ

映画のフィルム映像もなめらかに表示「フィルム・デジャダ-」

毎秒24コマで撮影されている映画のフィルム映像を、毎秒60コマの液晶テレビの映像に変換するときに、途中に補間フレームを生成することでなめらかな映像表示を可能にする「フィルム・デジャダー」機能を搭載しています。フィルム映像特有のカクカクとした動きを抑え、くっきりと見やすい映像で映画鑑賞をお楽しみいただけます。

このページのTOPへ

このページのTOPへ

関連製品・オプション

このページのTOPへ