録る・見る・残すが、1台で簡単。BDドライブ&500GBハードディスク内蔵。

画面とスタンドを一体化し、省スペース設置と視聴のしやすさを両立

デザインは、画面を3度傾斜させ、スタンドを一体化することで、省スペース設置と視聴しやすさを両立しました。本体カラーは、お部屋の雰囲気に合わせてホワイトとブラックの2色からお選びいただけます。

このページのTOPへ

仕様

画面サイズ
横×縦/対角(cm)
32V型ワイド(69.8×39.2/80.0)
画素数
水平×垂直 画素
1,366×768
外形寸法
幅×奥行×高さ(cm) (注1)
(1)73.6×25.9(27.4(注2))×51.1
本体質量(kg) (注1) (1)約13.0
梱包サイズ
幅×奥行×高さ(cm) (注3)
86.7×34.7×62.2
消費電力(W) (注4) 約96
待機時消費電力(W) 0.1
年間消費電力量(kWh/年) (注5) 75
J-Mossグリーンマーク適合
転倒防止用部品 (注6) 取付済み
チューナー 地上デジタル(CATVパススルー対応) ●×2(注7)
BS/110度CSデジタル ●×2(注7)
地上アナログ(UHF/VHF/CATV)
映像 テレビコントラスト (注8) 200万:1
視野角 (注9) 176度
動画機能
音声 アンプ デジタルアンプ
音声実用最大出力(JEITA) 20W(10W+10W)
スピーカー 3cm×15cm×2個
機能・
ネットワーク
2画面機能 (注10) 放送+外部入力/放送+BD再生
インターネット(AQUOS City)対応
AQUOSファミリンク対応 (注11)
ホームネットワーク機能
録画・
再生機能
ブルーレイ内蔵
ハードディスク搭載 ●(500GB)
USB外付けハードディスク(別売)対応(注12) ●2番組同時録画対応(注13)
省エネ・
節電機能
明るさセンサー
オン・オフタイマー ●(おはよう・おやすみタイマー)
接続端子 HDMI入力端子 2(1080/24p対応(注14),ARC対応(注15)
D端子 1(D5)(注16)
AV入力(RCAピン) 1
デジタル音声出力(光)端子(角型)(注17) 1
アナログ音声出力(切替式、RCAピン)(注18) 1
ヘッドホン端子 1
USB端子 1(写真/音楽/ハードディスク用)
LAN端子 1(BD-LIVE非対応)
付属品 ●ACコード
●ワイヤレスリモコン
●リモコン用乾電池(2個)
●B-CASカード

*アンテナケーブルは同梱しておりません。市販品をご使用ください。

・ 壁掛け設置には対応しておりません。
・ テーブルスタンドは本体と一体型になっています。
・ 掲載の商品は車載には対応していません。

(注1) (1)はディスプレイ部+スタンド部。
(注2) 転倒防止金具使用時。
(注3) 梱包サイズは目安です。
(注4) 定格消費電力。電気用品安全法に基づき算出しています。
(注5) 年間消費電力量とは、省エネ法に基づいて、一般家庭での平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した、一年間に使用する電力量です。年間消費電力量は、AVポジションを「標準」として測定しています。
(注6) 壁面・テレビ台等に固定するひも・ネジ等は市販品をご用意ください。
(注7) チューナーの1つは裏番組録画専用チューナーです。
(注8) テレビセットとして表現できるコントラスト(30%白ウインドウ信号での画面最大輝度と全黒信号での画面最小輝度の比。AVポジション「ダイナミック」時)。
(注9) JEITA規格準拠(コントラスト比10:1が確保できる角度)。
(注10) デジタル放送またはUSBハードディスクで録画した番組と外部入力を2画面にできます。外部入力同士の2画面表示はできません。
(注11) ハイブリッドダブレコ(レコーダーとi.LINK接続することでシングルチューナーのレコーダーで2番組同時録画できるようにする機能)に対応していません。AQUOS ファミリンクII/AQUOS ファミリンク対応。
(注12) 動作確認済み機種については当社ホームページhttp://www.sharp.co.jp/support/aquos/でご確認ください。
(注13) 本機で受信したデジタル放送同士の2番組同時録画が可能(内蔵ハードディスクとUSB外付けハードディスクに1番組ずつ録画できます)。また、2番組録画中は、チャンネルを切り換えできません。
(注14) 480i,480p,1080i,720p(30Hz/60Hz),1080p(24Hz/30Hz/60Hz)入力対応。
(注15) HDMI入力1のみ。
(注16) AV入力(RCAピン)との切換式。
(注17) デジタル放送の5.1ch音声も対応。
(注18) ビデオ入力、音声出力を切り換える方式です。

■BDドライブ部仕様

ダビング・再生可能ディスク/対応機能 ダビング 再 生
ブルーレイ3D
BD-RE XL(3層)
BD-R XL(3層/4層)
BD-RE 1層/2層 Ver.2.1 ※1 ※1
BD-R 1層/2層 Ver.1.1/1.2/1.3
BD-R Ver.1.2/1.3(LTH対応)
BDビデオ
BD-LIVE
ダビング・再生可能ディスク/対応機能 ダビング 再 生
DVD-RW Ver.1.1 CPRM対応 ●(ビデオ/VR)/AVCHD※2
Ver.1.1/2x CPRM対応/1~2倍記録 ●(ビデオ/VR)/AVCHD※2
Ver.1.2/4x CPRM対応/2~4倍記録 ●(ビデオ/VR)/AVCHD※2
DVD-R Ver.2.0 4x/4x CPRM対応 ●(ビデオ/VR)/AVCHD※2
Ver.2.0 8x/8x CPRM対応 ●(ビデオ/VR)/AVCHD※2
Ver.2.1 16x/16x CPRM対応 ●(ビデオ/VR)/AVCHD※2
Ver.3.0 8x/8x CPRM対応(2層記録) ●(ビデオ/VR)/AVCHD※2
DVD-RAM※3、DVD+RW/+R※4、DVDビデオ
ビデオCD
音楽CD、CD-RW/-R※5

■内蔵ハードディスク仕様



ハイビジョンそのまま録画/再生
映像記録方式 MPEG2-TS、MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式 MPEG2 AAC、ドルビーデジタル2ch
500GB
内蔵ハードディスク録画時間
※6
デジ
タル
放送
標準
(DR)
BS/CSハイビジョン画質 約43時間41分
地上デジタルハイビジョン画質 約61時間41分
標準画質 約87時間23分
2倍 約87時間23分
3倍 約131時間
5倍 約218時間
7倍 約306時間
10倍 約437時間
12倍 約524時間
外部
入力
SP 約171時間
LP 約335時間

■BDへのダビング可能時間※6

  1層 25GB 2層 50GB 3層100GB
BS/CSハイビジョン画質 約2時間10分 約4時間20分 約8時間40分
地上デジタルハイビジョン画質 約3時間 約6時間10分 約12時間10分
標準画質 約4時間20分 約8時間40分 約17時間20分
2倍 約4時間20分 約8時間40分 約17時間20分
3倍 約6時間30分 約13時間 約26時間10分
5倍 約10時間50分 約21時間50分 約43時間30分
7倍 約15時間10分 約30時間40分 約61時間10分
10倍 約21時間40分 約43時間40分 約87時間20分
12倍 約26時間 約49時間50分 約104時間
当社以外のBDレコーダーでH.264長時間録画されたディスクは当機で再生できない場合があります。
※1 カートリッジ付きディスクには非対応です。
※2  ビデオカメラで撮影された8cm盤に対応。
※3  DVD-RAM再生時は、ディスクをカートリッジから取り出してご使用ください。VR/AVCHD※2に対応。す。
※4  ファイナライズ済ディスクのみ。
※5  音楽用CDフォーマットまたはJPEGファイルが記録されたもののみ。記録状態によって再生できない場合があります。
※6  録画/ダビング時間はその性能を保証するものではなく、実際の録画では入力映像の画質、その他の条件により上記の時間を下回るまたは上回る場合があります。録画/ダビング時間は目安です。録画/ダビングした時間と空き時間の合計は、録画/ダビング時間と一致しない場合があります。アナログ外部入力の録画モードは、標準(SP)と長時間(LP)の選択。

DR9ラインのご使用について

JIS規格に合致したディスクをご使用ください。規格外のディスクを使用された場合には、再生の保証は致しかねます。また、再生できても、画質・音質の保証は致しかねます。BD-RE(Ver.1.0)のディスクにはダビング・再生できません。次のディスクは、ダビング・再生はできません。再生できても、正常に再生されないことがあります。誤って再生すると、大音量によってスピーカーを破損する原因となる場合がありますので、絶対に再生しないでください。HD-DVD、ビデオCD、CDG、フォトCD、CDROM、CD-TEXT、CD-EXTRA、SVCD、SACD、PD、CDV、DVD-ROM、DVDオーディオ。DR9ラインのBDビデオのリージョン番号(地域番号)は「A」、DVDは「2」です。リージョン番号「A」が含まれていない再生専用ブルーレイディスク、「2」が含まれていない再生専用DVDディスクは再生できません。また、NTSC専用の映像方式で記録されたディスクに対応しています。その他の映像方式のディスクは再生できません。ディスクを無断で複製、放送、上映、有線放送、公開演奏、レンタル(有償・無償を問わず)することは、法律により禁止されています。DR9ラインは、「BDプレーヤー、DVDプレーヤーに関するコピー制限技術」を採用しています。DR9ラインでテレビ放送番組を録画する時は、テレビ放送の水平解像度でしか再生できません。夏季の閉めきった自動車内や冬季の屋外など、非常に高温や低温になる場所には製品を放置しないでください。キャビネットの変形、変色、故障の原因となります。あなたがテレビ放送や録画物などから録画したものは、個人として楽しむなどのほかは、著作権法上、権利者に無断で使用できません。著作物を編集することは、著作権法上、権利者に無断で行うことはできません。CATVを受信するときは、使用する機器ごとにCATV会社との受信契約が必要です。さらに、スクランブルのかかった有料放送の視聴・録画には、ホームターミナル(アダプター)が必要になります。詳しくはCATV会社にご相談ください。

このページのTOPへ

商品ご理解のために

●インターネットサービスを使用するためには、ブロードバンド環境が必要です。(回線業者やプロバイダーとの契約・使用料が必要です。ハイビジョンでの映像配信サービスには、FTTH(光)回線が必要です。ご利用のルーター、モデム等の設定には、パソコンが必要となる場合があります。回線業者やプロバイダーが採用している接続方式等によって、ご利用できない場合があります。コンテンツによっては、表示できないことがあります。)●ケーブルテレビ(CATV)をご利用の場合、トランスモジュレーション方式では録画することができません。CATVの方式についてはご契約のCATV会社にご確認ください。
■USB外付けハードディスクご使用についてのご注意
USBハードディスクを録画再生に使用するには、テレビへの登録が必要です。登録すると、ハードディスクに保存されているデータは全て消去されます。16台までのUSBハードディスクを登録できます。USBハードディスクは動作確認済みの機種(当社ホームページ(http://www.sharp.co.jp/support/aquos/)でご確認ください)をご使用ください。また、ハードディスクに付属の取扱説明書をよくお読みの上、正しくご利用ください。USBハードディスクに録画した番組が、受信したテレビ以外で盗み見られたり、コピーされないよう、コンテンツ保護を目的とした当社独自の暗号化処理を行っています。このため、ハードディスクに録画した番組は、録画したAQUOS以外では再生できません。ハードディスクに録画した内容の長期保存はできません。大切な番組は、ブルーレイディスクレコーダーやDVDレコーダー、ビデオなど、他の機器にも録画することをお勧めします。録画中には、一部機能が使用できません。アナログ放送、インターネット動画、外部入力は録画できません。動作中に電源プラグを抜かれたり停電があった場合、録画した内容が損なわれることがあります。万一何らかの不具合により正常に録画されなかった場合や、録画内容を正常に再生できなくなった場合などの録画内容の補償はできません。また、修理等でAQUOS内の主要部品を交換したり、AQUOSを交換したときはハードディスクに録画したコンテンツを再生できなくなります。あらかじめご了承ください。私的目的で録画したものでも、著作権者等に無断で販売したり、インターネット上で公衆に送信したり、営利目的で放映すると著作権侵害となります。
■液晶テレビご使用について
●テレビを見るにはAC電源への接続等が必要です。●電池は使用できません。●液晶パネルは非常に精密度の高い技術でつくられており、99.99%以上の有効画素がありますが、0.01%以下の画素欠けや常時点灯するものがありますので、あらかじめご了承ください。●日差しの加減で見えにくい場合があります。●テレビゲームをお楽しみ頂けますが、原理上、ゲームによっては、動きの速いシーンにおいて、反応が遅延する場合があります。
■110度CSデジタル放送のご視聴について ●110度CSデジタル放送を視聴するには、110度CSデジタルチューナー搭載AQUOSに加え、110度CSデジタル放送に対応した衛星アンテナの設置が必要です。また、分配器やブースター等をご使用の場合は110度CSデジタル放送対応の各種伝送機器が必要です。●110度CSデジタル放送は、入会金・月会費などが必要になる有料放送です。お楽しみ頂くには加入申込みが必要です(一部、無料チャンネルもあります)。●110度CSデジタルチューナー内蔵AQUOSでは、東経124度または東経128度を使用して放送されているCSデジタル放送はご覧になれません。
※ テレビのV型(40V型など)とは、有効画面の対角寸法を基準とした大きさの目安です。(従来のブラウン管式テレビの型(32型など)は有効画面の対角寸法を表すものではなく、ブラウン管の外径対角寸法を基準としたものです。)
地上デジタル関連商品はARIB(電波産業会)規格に基づいた商品仕様になっています。将来規格変更があった場合は、商品仕様を変更する場合があります。
※ HDMIとHDMI High-Definition Multimedia Interface用語およびHDMIロゴは、米国およびその他国々において、HDMI Licensing LLCの商標または登録商標です。

■ リモコン送信機に関するご注意と対応方法について
  部屋の中に同一メーカーのテレビが複数ある場合、リモコン操作で同時に反応する場合があります。 できるだけ操作したいテレビの方向にリモコンを向けてご利用願います。「リモコン番号切替機能」搭載の機種はリモコン番号を切り替えてご利用願います。
「リモコン番号切替機能」搭載の機種はサポートページをご覧ください。

このページのTOPへ

このページのTOPへ

関連製品・オプション

  • シアターラックシステムAN-AR630

    3D映像をサラウンドサウンドで手軽に楽しめる3D対応AQUOSオーディオ

    $KANRENSOP.imgalt

    くわしくはこちら

  • ブルーレイ
    ディスクレコーダー

    2番組同時録画など、録画機能の充実に

    $KANRENSOP.imgalt

    くわしくはこちら

このページのTOPへ