USB外付けハードディスク(別売)録画やスマートフォンとも連携できる、スタンダードAQUOS。

MHL®(注1)対応スマートフォン連携

スマートフォン経由でインターネットの多彩なコンテンツを楽しむ
MHL対応のスマートフォン(注2)をAQUOSの入力2(MHL対応、HDMI対応)に接続すれば、スマートフォンで利用できる多彩なコンテンツ(注3)を大画面で楽しめます。
スマートフォンで撮影した高精細度の画像を大画面で視聴
MHL対応のスマートフォンで撮影した高精細な写真や動画は、AQUOSの入力2(MHL対応、HDMI対応)に接続するだけで高精細映像として楽しめます。
テレビを見ながらスマートフォンを充電
MHL対応のスマートフォンなら、接続したAQUOSの入力2(MHL対応、HDMI対応)から電力供給され、充電することができます。
スマートフォンをつなぐと自動的にテレビの電源がON
AQUOSの電源が切れていても、MHL対応のスマートフォンを接続すれば自動的に電源が入ります。また、テレビ番組を見ていても、自動的にスマートフォンの画面に切り替わるので簡単です。

  • (注1)MHL(Mobile High-definition Link):MHL、MHLのロゴ、およびMobile High-definition Linkは、米国およびその他の国におけるMHL,LLCの商標または登録商標です。
  • (注2)対応しているシャープ製スマートフォンは、サポートページ(http://www.sharp.co.jp/support/aquos/doc/info_mhl_hdmi.html)をご覧ください。接続するには、市販のMHLケーブルが必要です。スマートフォンのコンテンツによっては再生できないものがあります。
  • (注3)スマートフォンへのコンテンツのダウンロードに関する通信費は別途必要です。

このページのTOPへ

HDMI(注1)入力端子(1080/24p対応)2系統搭載

HDMI接続することによりブルーレイディスクレコーダーやハイビジョンレコーダー、対応のテレビゲームなど、ハイビジョン画質のAV機器が接続できます。またD5入力端子を搭載しているので、様々なシーンに合わせて周辺機器と接続して楽しんでいただけます。

  • (注1) High-Definition Multimedia Interfaceの略。

このページのTOPへ

PC入力端子(アナログRGB(注1)

パソコンと接続できるアナログRGB(ミニD-sub 15ピン)端子を搭載しています(注1)

  • (注1)アナログRGB端子付きPCとの接続には市販のミニD-sub15ピンケーブルが必要です。DVI-D端子付きPCとの接続には市販のDVI-HDMI変換ケーブルを使用して、HDMI端子に接続してください。

このページのTOPへ

さらに簡単・快適に、AQUOSファミリンクII

AQUOSブルーレイ(注1)、AQUOS オーディオ(注1)などの周辺機器との連携をさらに強化。接続している対応機器に合わせた操作パネルを表示し、AQUOSリモコンで簡単に操作できます。またファミリンクで接続した機器の動作情報も表示されます。
$SEIHINTOKU.alt
携帯電話連携
AQUOSファミリンクII対応の携帯電話(注2)接続して、携帯で撮影した動画や写真を大画面で楽しめ、テレビのリモコンで操作できます。

  • (注1)AQUOSファミリンクII対応機種については、DVD/BDサポートステーションホームページでご確認ください。
    AQUOS 4Kレコーダーは、ファミリンクの再生機器(プレーヤー)として認識されます。ファミリンク録画には対応していません。AQUOS 4Kレコーダーに録画の際は、AQUOS 4Kレコーダーのリモコンをお使いください。
  • (注2)動作確認済みの機種については、最新情報をサポートページに掲載してまいります。

このページのTOPへ

リモコンで「見る」「録る」「聴く」を簡単操作

AQUOS ファミリンクに対応したAQUOSブルーレイやAQUOSハイビジョンレコーダー、AQUOSオーディオ(注1)を付属のリモコン(ファミリモコン)(注2)やAQUOSのリモコン1つで簡単に操作することができます(注3)
$SEIHINTOKU.alt

  • (注1)AQUOS ファミリンク対応機器はサポートページをご覧ください。
    AQUOS 4Kレコーダーは、ファミリンクの再生機器(プレーヤー)として認識されます。ファミリンク録画には対応していません。AQUOS 4Kレコーダーに録画の際は、AQUOS 4Kレコーダーのリモコンをお使いください。
  • (注2)ファミリモコンはAQUOSブルーレイ、AQUOSハイビジョンレコーダーに付属しています。AQUOSブルーレイとAQUOSハイビジョンレコーダーの両方を接続する場合、それぞれの機種の操作はそれぞれに付属のファミリモコンを使用してください。
  • (注3)AQUOSファミリンク機能を使用するには、AQUOSとAQUOSブルーレイまたはAQUOSハイビジョンレコーダー、AQUOSオーディオをHDMIケーブルで接続する必要があります(HDMI規格に準拠していないケーブルでは動作しません)。必要なケーブルは機種構成や機能によって異なります。

このページのTOPへ

AQUOSブルーレイ・AQUOSハイビジョンレコーダーを操作

ファミリモコン(注1)で連携操作

  • ■ワンタッチ再生
    リモコンの「再生」ボタンを押すだけでレコーダーの画面に自動切換、番組(最後に録画したもの、または前回最後に再生した続き)が再生されます。
  • ■カンタン録画予約(注2)
    リモコンを使ってレコーダーに録画予約できます。時間が来たら自動的に電源が入って録画が始まります。
  • ■ワンタッチ録画(注2)
    リモコンの「録画」ボタンを押すだけ(注3)で自動的にレコーダーの電源がON、AQUOSで見ている番組の録画がスタート。
$SEIHINTOKU.alt

  • (注1)ファミリモコンはAQUOSブルーレイ、AQUOSハイビジョンレコーダーに付属しています。AQUOSブルーレイとAQUOSハイビジョンレコーダーの両方を接続する場合、それぞれの機種の操作はそれぞれに付属のファミリモコンを使用してください。
  • (注2)ブルーレイプレーヤーを除く。AQUOS 4Kレコーダーは、ファミリンクの再生機器(プレーヤー)として認識されます。ファミリンク録画には対応していません。AQUOS 4Kレコーダーに録画の際は、AQUOS 4Kレコーダーのリモコンをお使いください。
  • (注3)一発起動の設定(クイック起動設定)を「する」にしてご使用ください。ファミリモコンの切換スイッチは「テレビ」側にして操作します。

このページのTOPへ

AQUOSオーディオを操作

  • ■AQUOSのリモコンやファミリモコン(注1)で基本操作が簡単に
    音量調節、消音、音声切換等がAQUOSのリモコン1つで、AQUOSの画面と連動させながら操作できます。
  • ■視聴番組に合わせたサウンドモードに自動選択
    デジタル放送の番組情報を読取り、見ている番組に合わせてサウンドモードを自動選択。映画やスポーツ番組などを、劇場やスタジアムのような臨場感で楽しめます。
$SEIHINTOKU.alt

  • (注1) ファミリモコンはAQUOSブルーレイ、AQUOSハイビジョンレコーダーに付属しています。AQUOSブルーレイとAQUOSハイビジョンレコーダーの両方を接続する場合、それぞれの機種の操作はそれぞれに付属のファミリモコンを使用してください。

このページのTOPへ

接続も簡単。ケーブル1本でフルデジタル接続

このページのTOPへ

関連製品・オプション

  • ブルーレイ
    ディスクレコーダー

    2番組同時録画など、録画機能の充実に

    くわしくはこちら

このページのTOPへ