色彩豊かな映像が見やすい。広色域、4K低反射パネル採用。回転式スイーベルスタンド採用で、設置場所がより自在に。

USB外付けハードディスク(別売)に2番組同時録画しながら別の番組が楽しめる3チューナー(注1)を搭載

市販のUSB外付けハードディスク(注2)を接続して、テレビのリモコンで簡単にデジタル放送(注3)の録画ができます。3チューナー(注1)搭載しているのでUSBハードディスクに2番組同時録画をしながら、別の地上デジタル放送の番組を見ることができます。しかも長時間録画(注4)にも対応し、より多くの番組を録画することができます。またDTCP-IPダビングに対応し、USBハードディスクに録画した番組をホームネットワークで接続されたレコーダー(注2)にダビングできます。
$SEIHINTOKU.alt
  • 地デジ3チューナー内蔵で、2番組同時録画に対応
  • 長時間録画(注4)やおまかせオートチャプター(注5)、ダビング(注6)に対応
  • IP-TV放送サービスの録画対応(ひかりTV専用チューナー内蔵)
  • 番組表から録りたい番組を選ぶだけの「パッとカンタン予約」
  • ポータブルハードディスクにも対応

  • (注1)地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタルチューナーを搭載。124/128度CSデジタルチューナーは搭載していません。
  • (注2)動作確認済みの機種は、当社ホームページ(http://www.sharp.co.jp/support/aquos/)で順次掲載します。機種によっては、専用のソフトのダウンロードが必要な場合があります。
  • (注3)IP-TV放送(ひかりTV)の録画に対応しています。インターネット動画、外部入力は録画できません。
  • (注4)2番組同時の長時間録画はできません。
  • (注5)録画中の音声の切り換わりを検知して自動的にチャプターが作成できます。
  • (注6)市販のDTCP-IPダビング規格に対応したレコーダー(LANハードディスクなど)と接続が必要です。

このページのTOPへ

AQUOSタイムシフト

AQUOSブルーレイ(注1)と接続することで使える便利なタイムシフト機能。今見ている番組をAQUOSブルーレイ(注1)が自動で録画するので、大切なシーンを見逃さずに楽しめます。
$SEIHINTOKU.alt
ちょっと待っテレビ
電話や来客などでテレビを離れるときは、AQUOSのリモコンで放送中の番組を一時停止。用事が済み次第、続きから視聴を再開できます。レコーダーの操作なしで楽しめます。
$SEIHINTOKU.alt
ちょっと戻っテレビ
決定的シーンを「見逃した!」「もう一度みたい!」という時は、そのシーンまでさかのぼってもう一度見られます。
$SEIHINTOKU.alt

  • (注1)AQUOSタイムシフト機能対応のAQUOSブルーレイは、BD-NT3000/NT2000/NT1000/NW2000/NW1000/WW1000/NW500/NS500です。AQUOSタイムシフトを行うにはあらかじめAQUOSのファミリンク設定とAQUOSブルーレイのタイムシフト設定が必要です。データ放送中や録画禁止番組、AQUOSブルーレイのチューナー状態等によってはタイムシフトが作動しない場合があります。

このページのTOPへ

AQUOSファミリンクII

AQUOSブルーレイなど(注1)の接続している対応機器に合わせた操作パネル(注2)を表示し、AQUOSリモコンで簡単に操作できます。またファミリンクで接続した機器の動作情報も表示されます。
$SEIHINTOKU.alt
HDMI規格ARC機能対応
HDMI規格ARC(オーディオリターンチャンネル)機能に対応し、対応のシアターラック(注3)とは光デジタル音声ケーブルなしで接続できます。

  • (注1)AQUOS 4Kレコーダーは、ファミリンクの再生機器(プレーヤー)として認識されます。ファミリンク録画には対応していません。AQUOS 4Kレコーダーに録画の際は、AQUOS 4Kレコーダーのリモコンをお使いください。
  • (注2)小型操作パネルは視聴中の画面上に表示されます。パネル上で行える操作には制限があります。
  • (注3)動作確認済みの機種については、最新情報をサポートページに掲載してまいります。

このページのTOPへ

リモコンで「見る」「録る」「聴く」を簡単操作

AQUOS ファミリンクに対応したAQUOSブルーレイやAQUOSハイビジョンレコーダー、AQUOSオーディオ(注1)を付属のリモコン(ファミリモコン)(注2)やAQUOSのリモコン1つで簡単に操作することができます(注3)

  • (注1)AQUOS ファミリンク対応機器はサポートページをご覧ください。AQUOS 4Kレコーダーは、ファミリンクの再生機器(プレーヤー)として認識されます。ファミリンク録画には対応していません。AQUOS 4Kレコーダーに録画の際は、AQUOS 4Kレコーダーのリモコンをお使いください。
  • (注2)ファミリモコンはAQUOSブルーレイ、AQUOSハイビジョンレコーダーに付属しています。AQUOSブルーレイとAQUOSハイビジョンレコーダーの両方を接続する場合、それぞれの機種の操作はそれぞれに付属のファミリモコンを使用してください。
  • (注3)AQUOSファミリンク機能を使用するには、AQUOSとAQUOSブルーレイまたはAQUOSハイビジョンレコーダー、AQUOSオーディオをHDMIケーブルで接続する必要があります(HDMI規格に準拠していないケーブルでは動作しません)。必要なケーブルは機種構成や機能によって異なります。

このページのTOPへ

AQUOSブルーレイ・AQUOSハイビジョンレコーダーを操作

ファミリモコン(注1)で連携操作

  • ■ワンタッチ再生
    リモコンの「再生」ボタンを押すだけでレコーダーの画面に自動切換、番組(最後に録画したもの、または前回最後に再生した続き)が再生されます。
  • ■カンタン録画予約(注2)
    リモコンを使ってレコーダーに録画予約できます。時間が来たら自動的に電源が入って録画が始まります。
  • ■ワンタッチ録画(注2)
    リモコンの「録画」ボタンを押すだけ(注3)で自動的にレコーダーの電源がON、AQUOSで見ている番組の録画がスタート。
$SEIHINTOKU.alt

  • (注1)ファミリモコンはAQUOSブルーレイ、AQUOSハイビジョンレコーダーに付属しています。AQUOSブルーレイとAQUOSハイビジョンレコーダーの両方を接続する場合、それぞれの機種の操作はそれぞれに付属のファミリモコンを使用してください。
  • (注2)ブルーレイプレーヤーを除く。AQUOS 4Kレコーダーは、ファミリンクの再生機器(プレーヤー)として認識されます。ファミリンク録画には対応していません。AQUOS 4Kレコーダーに録画の際は、AQUOS 4Kレコーダーのリモコンをお使いください。
  • (注3)一発起動の設定(クイック起動設定)を「する」にしてご使用ください。ファミリモコンの切換スイッチは「テレビ」側にして操作します。

このページのTOPへ

AQUOSオーディオを操作

  • ■AQUOSのリモコンやファミリモコン(注1)で基本操作が簡単に
    音量調節、消音、音声切換等がAQUOSのリモコン1つで、AQUOSの画面と連動させながら操作できます。
  • ■視聴番組に合わせたサウンドモードに自動選択(注2)
    デジタル放送の番組情報を読取り、見ている番組に合わせてサウンドモードを自動選択。映画やスポーツ番組などを、劇場やスタジアムのような臨場感で楽しめます。
$SEIHINTOKU.alt

  • (注1)ファミリモコンはAQUOSブルーレイ、AQUOSハイビジョンレコーダーに付属しています。AQUOSブルーレイとAQUOSハイビジョンレコーダーの両方を接続する場合、それぞれの機種の操作はそれぞれに付属のファミリモコンを使用してください。
  • (注2)設定メニュー内の「HDMIコンテンツタイプ連動」を「する」に設定時。

このページのTOPへ

当社製スマートフォンと連携してコンテンツが楽しめる「スマートファミリンク」

AQUOS PHONE(注1)からWebサイトのURLをテレビへ送信しテレビにWebサイトを表示させる機能や、電話やメールの着信をテレビ画面でお知らせするなど多彩な連携機能に対応しています。さらに、インターネットを手軽に楽しめるように、無線LANユニット(注2)を本体に内蔵。またDLNA対応の機器内に保存されている動画(注3)・音楽(注3)・写真(注3)を、家庭内のLAN経由で再生して楽しめる「ホームネットワーク機能」にも対応しています。

●ブロードバンド回線への接続や設定が必要です。

  • (注1)スマートファミリンク対応モデル。動作確認済みの機種は、当社ホームページで順次掲載します。
  • (注2)IEEE 802.11b/g/n、IEEE 802.11a/n/acに準拠した無線LANシステムを使用しています。
  • (注3)AQUOS PHONEで撮影した動画(MP4/3gp)、写真(JPEG)、MP3形式の音楽が再生可能。著作権のあるダウンロードした動画やPCなどで加工した写真の一部や解像度によってはAQUOSでは再生表示できません。

このページのTOPへ

スマートフォン(注1)の画面がテレビにワイヤレスで映せるMiracast(注2)対応

Miracast で接続したスマートフォン(注1)の画面をテレビの画面に映せます(注2) 。しかもテレビを視聴中であれば、スマートフォン(注1)からワンタッチで簡単に繋がります。

  • (注1)対応機種の詳細は、当社ホームページhttp://www.sharp.co.jp/support/aquos/ で順次掲載していきます。また機種によってはソフトウェアアップデートが必要な場合があります。
  • (注2)コンテンツによっては、映像と音声がずれる場合があります。電波状況によっては映像・音声が乱れるなどの影響が出る可能性があります。また、インターネットやホームネットワークをご利用中はMiracast接続が開始できない場合があります。一部のネットサービス、IP-TV放送サービスの録画やDLNA(サーバー)との同時使用はできません。スマートフォンのコンテンツによっては再生できないものがあります。Wi-Fi CERTIFIED™、Wi-Fi Direct™、Wi-Fi Protected Setup™、WPA2™、Wi-Fi CERTIFIED Miracast™、Miracast™はWi-Fi Allianceの商標です。

このページのTOPへ

ホームネットワーク プレーヤー/サーバー機能

家庭内のLANと接続して、別の部屋にあるサーバー機器(注1)に録画した番組や、対応の機器(注1)内に保存されている動画・音楽・写真を再生して楽しめます。また、USB外付けハードディスク(別売)に録画した番組を他の部屋のAQUOSに配信して視聴できる「サーバー」機能も搭載しています。
$SEIHINTOKU.alt

このページのTOPへ

このページのTOPへ

関連製品・オプション

このページのTOPへ