Now Loading...
8K放送について

8K放送がそこまできている

2018年12月、ついにはじまる8K放送
──もはや8Kは未来の話ではない

8K放送について:メイン人物画像

未来の話ではない、現実に見られる8Kワールド

次世代のテレビ規格でまだ先の話と思われている8K放送ですが、実はすでに試験放送が始まっています。一般の家庭ではまだ見ることはできませんが、全国各地のNHKでは、シャープの開発した8Kディスプレイとチューナーが設置され、実際の8K映像を見ることができます。

そして2018年の12月からはいよいよ実用放送が開始されます。本格的な普及がはじまり、多くの人が8K映像のすごさを体験することになるでしょう。未来の話などではなく、もはや直前です。8Kの時代がもうすぐそこまできているのです。

未来の話ではない、現実に見られる8Kワールド:画像

すでにはじまっている試験放送

すでにはじまっている試験放送:画像

2016年から8Kの試験放送がはじまっています。技術的な試験研究を目的とした放送で、一般家庭で視聴することはできません。しかし全国各地のNHKで、この8Kの試験放送を見ることはできます。試験放送の内容は、ドラマ、自然、歴史、美術、紀行、スポーツ、伝統芸能、音楽、エンターテインメントなど多彩な番組が放映されており、8Kの超高画質を実際に体験することができます。

そして2018年12月には、一般家庭で受信できる実用放送がはじまります。現在のBS/CS放送は衛星からは右回り(右旋)で電波が送られています。8K放送は右旋電波の帯域がいっぱいで十分な空きがないため、2018年から始まる4K/8Kの放送では左回り(左旋)の電波も使うことになっています。この左旋に対応したチューナー(や搭載テレビ)も2018年には発売になり、いよいよ本格的な超高画質放送時代がはじまります。

すでにはじまっている試験放送:画像

シャープは8Kの視聴環境をすでに完成

8K放送は1995年にNHKが超高精細映像システムの研究を開始したところから始まりました。テレビモニターがブラウン管から液晶の時代になり、共同開発としてシャープの技術が提供されました。そして2014年にはついに8Kフルスペック準拠の実機が公開され、2015年には業務用85インチ液晶映像モニターを発売しました。

8K映像は、従来の2K映像に比べて16倍の情報処理が必要になります。膨大なデータをさらに精細かつ鮮明に描き出すために、いままでにはない努力と技術のイノベーションがありました。8Kの膨大なデータ量を伝送する高速な伝送技術や、演算能力の高いLSIの開発も不可欠でした。あらゆる面で桁違いの8K映像の課題を、シャープの高い技術によってひとつひとつ解決し、8Kという未体験の映像を現実のものにしていきました。

さらに2016年には、世界初の8K放送対応受信機TU-SH1000を開発。これによって衛星放送を使った試験放送の視聴が可能になりました。現在NHKで公開されている8Kの試験放送は、シャープの開発した機材によって視聴されています。これからくる8K時代に向けて、各メーカーは8Kの開発を進めていますが、そうしたなか、シャープは実用化されたシステムを作り上げ、一歩先を進んでいます。

8Kシステムを作っているのはシャープ:画像
8Kが家にやってくる:背景画像
8Kが家にやってくる

スタジアムの興奮を家庭で再現

2018年以降にはさらに数多くの中継が8Kで放送されるようになります。たとえばスポーツ中継では8Kの高解像度ならではの映像が楽しめます。画面はスタジアム全体を映していながらも、ユーザーが見たいところに焦点を当てることでフィールドの競技者がしっかりと映し出せ、それを見ている観客の表情まではっきりとわかる。その膨大な情報量の多さが8Kならではの映像です。

また8Kテレビでは、音声が22.2マルチチャンネルになり、360度サウンドに包まれるようなシステムが規格されています。これによってスタジアムの歓声に包まれたような体験を得ることができます。映像とサウンドの両面から、スタジアムの熱気をその場にいるように体感できるのが8Kなのです。

スタジアムの興奮を家庭で再現:画像
Voice

8Kは、ただ解像度が高くなっただけではありません。

8K/4Kの放送(高度BS放送)は、「今の放送よりも解像度が高くなったものでしょう?」と思われることが少なくありません。たしかに8Kの超高精細な解像度は大きな違いですが、8K放送は解像度だけでなく、さまざまな点が大きく変わっています。下の図に見るように、現在のフルHD放送と8K(/4K)放送では、技術的な仕様が大きく変更になっているのです。

開発者ボイス:画像
開発者ボイス:詳細画像

8K pick up

Line up

業界初。※1 8K対応※2液晶テレビ
70V型 AQUOS 8K

※1 2017年12月発売予定。8K映像の表示が可能な画素数7,680×4,320の液晶パネルを搭載し、8K映像の入力が可能なHDMI入力端子を搭載した民生用液晶テレビとして。
※2 7,680×4,320画素液晶パネル搭載。地上・BS・110度CSデジタル放送チューナーを搭載しますが、BS・110度CSによる4K・8K放送を受信する機能は搭載しておりません。
LC-70X500:画像

LC-70X500

「CEATEC AWARD 2017 部門賞」
ホーム&ライフスタイル・イノベーション部門
グランプリ 受賞

8Kの圧倒的なリアリズム

  • 臨場感
  • 実物感
  • 立体感

フルハイビジョンの16倍、約3,318万画素の高解像度で、
4K解像度では表現できなかった究極のリアリズムを追求し、
肉眼では捉えきれないきめ細やかな映像を再現します。
実物が目の前にあるような「臨場感」や「実物感」、物体の奥行や膨らみなどの
「立体感」をリアルに感じることができます。

ついに解禁された
8K製品

  • LV-70002:画像

    業界初※1の70型8K映像モニター。
    超高精細・高コントラスト・広色域が実現

    • ※1 2017年4月12日現在。(当社調べ)

    8K(スーパーハイビジョン)規格に準拠し、業界で初めて※1 8K解像度でのHDR規格(HLG・PQ方式)※2 にも対応した高精細・高画質な70型8K映像モニター。フルハイビジョンの16倍の解像度を持つ8K液晶パネルを採用。8Kの高精細表示に加え、液晶テレビ『AQUOS』で培った高輝度・広色域技術などにより、圧倒的な迫力の高画質映像を実現します。

    • ※2 映像信号を分析して輝き成分を抽出・拡張表示し、映像のコントラスト感を高める技術。HDR:ハイダイナミックレンジの略。(HLG:Hybrid Log-Gamma、PQ:Perceptual Quantizer)
  • TU-SH1050:画像

    8K(スーパーハイビジョン)試験放送※3 対応
    高度広帯域衛星デジタル放送受信機

    2016年8月に始まった8K試験放送を受信可能。 8K映像モニターと接続すれば、フルハイビジョン画質の16倍の解像度の、超高精細な映像を表示できます。また、三次元音響空間を実現する22.2ch音声出力にも対応しています。

    • ※3 当受信機はBS17chで放送される試験放送のみ視聴可能です。
ページトップ