Now Loading...
8K放送について

8K放送がそこまできている

2018年12月、ついにはじまる8K放送
──もはや8Kは未来の話ではない

8K放送について:メイン人物画像

未来の話ではない、現実に見られる8Kワールド

次世代のテレビ規格でまだ先の話と思われている8K放送ですが、実はすでに試験放送が始まっています。一般の家庭ではまだ見ることはできませんが、全国各地のNHKでは、シャープの開発した8Kディスプレイとチューナーが設置され、実際の8K映像を見ることができます。

そして2018年の12月からはいよいよ実用放送が開始されます。本格的な普及がはじまり、多くの人が8K映像のすごさを体験することになるでしょう。未来の話などではなく、もはや直前です。8Kの時代がもうすぐそこまできているのです。

未来の話ではない、現実に見られる8Kワールド:画像

すでにはじまっている試験放送

すでにはじまっている試験放送:画像

2016年から8Kの試験放送がはじまっています。技術的な試験研究を目的とした放送で、一般家庭で視聴することはできません。しかし全国各地のNHKで、この8Kの試験放送を見ることはできます。試験放送の内容は、ドラマ、自然、歴史、美術、紀行、スポーツ、伝統芸能、音楽、エンターテインメントなど多彩な番組が放映されており、8Kの超高画質を実際に体験することができます。

そして2018年12月には、一般家庭で受信できる実用放送がはじまります。現在のBS/CS放送は衛星からは右回り(右旋)で電波が送られています。8K放送は右旋電波の帯域がいっぱいで十分な空きがないため、2018年から始まる4K/8Kの放送では左回り(左旋)の電波も使うことになっています。この左旋に対応したチューナー(や搭載テレビ)も2018年には発売になり、いよいよ本格的な超高画質放送時代がはじまります。

すでにはじまっている試験放送:画像

シャープは8Kの視聴環境をすでに完成

8K放送は1995年にNHKが超高精細映像システムの研究を開始したところから始まりました。テレビモニターがブラウン管から液晶の時代になり、共同開発としてシャープの技術が提供されました。そして2014年にはついに8Kフルスペック準拠の実機が公開され、2015年には業務用85インチ液晶映像モニターを発売しました。

8K映像は、従来の2K映像に比べて16倍の情報処理が必要になります。膨大なデータをさらに精細かつ鮮明に描き出すために、いままでにはない努力と技術のイノベーションがありました。8Kの膨大なデータ量を伝送する高速な伝送技術や、演算能力の高いLSIの開発も不可欠でした。あらゆる面で桁違いの8K映像の課題を、シャープの高い技術によってひとつひとつ解決し、8Kという未体験の映像を現実のものにしていきました。

さらに2016年には、世界初の8K放送対応受信機TU-SH1000を開発。これによって衛星放送を使った試験放送の視聴が可能になりました。現在NHKで公開されている8Kの試験放送は、シャープの開発した機材によって視聴されています。これからくる8K時代に向けて、各メーカーは8Kの開発を進めていますが、そうしたなか、シャープは実用化されたシステムを作り上げ、一歩先を進んでいます。

8Kシステムを作っているのはシャープ:画像
8Kが家にやってくる:背景画像
8Kが家にやってくる

スタジアムの興奮を家庭で再現

2018年以降にはさらに数多くの中継が8Kで放送されるようになります。たとえばスポーツ中継では8Kの高解像度ならではの映像が楽しめます。画面はスタジアム全体を映していながらも、ユーザーが見たいところに焦点を当てることでフィールドの競技者がしっかりと映し出せ、それを見ている観客の表情まではっきりとわかる。その膨大な情報量の多さが8Kならではの映像です。

また8K放送では、音声が22.2マルチチャンネルになり、360度サウンドに包まれるようなシステムが規格されています。これによってスタジアムの歓声に包まれたような体験を得ることができます。映像とサウンドの両面から、スタジアムの熱気をその場にいるように体感できるのが8Kなのです。

スタジアムの興奮を家庭で再現:画像

8Kは、ただ解像度が高くなっただけではありません。

8K/4Kの放送(高度BS放送)は、「今の放送よりも解像度が高くなったものでしょう?」と思われることが少なくありません。たしかに8Kの超高精細な解像度は大きな違いですが、8K放送は解像度だけでなく、さまざまな点が大きく変わっています。下の図に見るように、現在のフルHD放送と8K(/4K)放送では、技術的な仕様が大きく変更になっているのです。

開発者ボイス:詳細画像

8K pick up

Line up

AQUOS 8Kさあ、未体験の感動をあなたのリビングへ。
AQUOS 8Kワールドが実現する驚愕の臨場感。

世界初の8Kチューナー内蔵テレビ。
8K倍速液晶と8K高画質エンジンで、
AQUOS史上最高画質を実現。

8T-C80AX1:画像

2018年12月、いよいよ8K放送がスタート。今までのフルハイビジョンに比べて、8Kは16倍の画素数を持つ驚異的な高精細映像。
さらに色再現範囲を大幅に広げた広色域化や、映像本来の明るさやコントラストを再現するHD R対応、加えて映像にあわせ、全身を包み込むような三次元音響が採用されています。
まるで実物を目の前にするかのような、未知の映像と音響体験が出来る、全く新しい放送です。シャープでは、この最高位の体験を、AQU OS 8Kを核にオーディオシステムや8K録画など、ご家庭で存分に楽しめるトータルシステムでご提案して参ります。

※ 2018年11月発売予定。2018年12月に開始されるBSによる8K放送の受信機能を搭載したテレビとして。

8K倍速液晶と新開発8K高画質エンジン「AQUOS 8K Smart Engine Pro」が
ハイビジョンや4K放送も、8K高画質で再現

AQUOS 8K 関連製品

8K対応テレビと接続して新4K8K衛星放送が楽しめる、8Kチューナー。

※ HDMI端子を4端子搭載する8K対応テレビとモニターに対応(2017年12月発売 LC-70X500、2018年11月発売予定 8T-C60AW1、2017年6月発売 LV-70002、2015年10月発売 LV-85001)。

8K放送の三次元立体音響をリビングで。全身を音に包まれる体験、シアターバーシステム。

8K放送の録画に対応したUSBハードディスク。
お気に入りの番組は8K番組のまま高画質でいつでも楽しめます。

AQUOS 4K

ハイビジョンを凌駕する新4K衛星放送を存分に。
さらにAI(人工知能)が新しい便利さをお届けします。

※ HDMI端子を4端子搭載する8K対応テレビとモニターに対応(2017年12月発売 LC-70X500、2018年11月発売予定 8T-C60AW1、2017年6月発売 LV-70002、2015年10月発売 LV-85001)。

ページトップ