Now Loading...
8Kの可能性について

8Kの技術が広げる可能性

さらなる広がりを見せる8K技術の活用
──生活の中で役立つ8Kの未来

超高精細な映像だからこその活用

8Kの超高精細技術は、放送分野以外での活用も期待されています。たとえば広告分野や、設計・デザインの現場での活用、防犯・監視分野での超高精細システムの実装、会議・プレゼンテーションでの効果的な活用などがあります。また映画やエンタテイメント分野、教育・学術分野などでの活用も想定されているほか、医療分野への応用にも強い期待が寄せられています。

高精細ゆえに拡大して細部を表示できる

そして8Kの超高解像度映像では、人間の目にはとらえられないほどの微細なディテールまでくっきり鮮やかに映し出します。学術的な分野では、美術品や工芸品、建築物なども拡大して見ることで、制作者による緻密な作業、究極の技術を目の当たりにできます。現在行われている試験放送でも美術館などの作品を映し出す番組も提供され、肉眼では気づかなかったディテールを見せてくれます。そういう意味で8Kは、人の目を超えるほどのリアリティを見せるともいえます。

美術品では作者の隠された技巧すらも明らかに

美術館や博物館での活用も注目されています。従来のモニターとは桁違いの超高精細映像は、どれほど近づいて見ても肉眼ではひとつひとつの画素を確認することはできません。広色域のディスプレイは、今までは再現できなかった原色も鮮やかに表現できるようになりました。この特徴を最大限に活かして、美術館や博物館などで美術、工芸品などの新たな展示演出を実現します。すでに美術館などで8K映像を活用した実績があり、今後もますます増えていくことでしょう。

内視鏡や遠隔診断など医療分野での活躍も

医療の分野でも8Kモニターは大きな期待を持たれています。医師が小さなモニターを見ながら行っていた内視鏡手術なども、8Kモニターを活用することで大きく変わります。すでに医療の現場では実際に試されており、その効果の高さも認められています。85インチもの大型で高精細な画面で映像を表示することによって、微小な手術箇所も拡大表示でき、0.02ミリしかないような手術用の細い糸もくっきり確認できます。しかも8Kの高精細映像は組織の質感もわかるため、手術がしやすく、安全性が高まると評価されています。医療の未来にも8Kモニターは大きく寄与できます。

十分な専門医師を確保できない離島などでは、遠隔医療によって的確な画像診断などを受けることができるようになります。すでにこうした8Kを活用した遠隔医療や遠隔病理診断の実証実験は行われており、わたしたちの生活に8Kがもたらす影響はますます大きくなっていきます。

Voice

すでにさまざまなところで
8K活用の実験が行われています。

8Kの超高精細映像は、多くの分野で活用が期待されています。総務省を筆頭にNHKや自治体、美術館、企業などによって、すでにいろいろな実証実験が行われています。医療の分野では、内視鏡を使った検査や手術、遠隔医療診断などがすでに実施されています。美術館や博物館でも8Kディスプレイを使った展示実績がいくつもあります。また超高精細な映像は、防災の分野でも活躍しています。NHKが2016年熊本地震直後に行った8Kでの空撮映像は、専門家の分析で未発見の地震断層や亀裂を見つけることができた、といった事例もあります。

このように放送だけでなく、いろいろな分野での8Kの応用が始まっており、シャープのディスプレイがさまざまなシーンで使われています。

8K pick up

Line up

業界初。※1 8K対応※2液晶テレビ
70V型 AQUOS 8K

※1 2017年12月発売予定。8K映像の表示が可能な画素数7,680×4,320の液晶パネルを搭載し、8K映像の入力が可能なHDMI入力端子を搭載した民生用液晶テレビとして。
※2 7,680×4,320画素液晶パネル搭載。地上・BS・110度CSデジタル放送チューナーを搭載しますが、BS・110度CSによる4K・8K放送を受信する機能は搭載しておりません。
LC-70X500:画像

LC-70X500

「CEATEC AWARD 2017 部門賞」
ホーム&ライフスタイル・イノベーション部門
グランプリ 受賞

8Kの圧倒的なリアリズム

  • 臨場感
  • 実物感
  • 立体感

フルハイビジョンの16倍、約3,318万画素の高解像度で、
4K解像度では表現できなかった究極のリアリズムを追求し、
肉眼では捉えきれないきめ細やかな映像を再現します。
実物が目の前にあるような「臨場感」や「実物感」、物体の奥行や膨らみなどの
「立体感」をリアルに感じることができます。

ついに解禁された
8K製品

  • LV-70002:画像

    業界初※1の70型8K映像モニター。
    超高精細・高コントラスト・広色域が実現

    • ※1 2017年4月12日現在。(当社調べ)

    8K(スーパーハイビジョン)規格に準拠し、業界で初めて※1 8K解像度でのHDR規格(HLG・PQ方式)※2 にも対応した高精細・高画質な70型8K映像モニター。フルハイビジョンの16倍の解像度を持つ8K液晶パネルを採用。8Kの高精細表示に加え、液晶テレビ『AQUOS』で培った高輝度・広色域技術などにより、圧倒的な迫力の高画質映像を実現します。

    • ※2 映像信号を分析して輝き成分を抽出・拡張表示し、映像のコントラスト感を高める技術。HDR:ハイダイナミックレンジの略。(HLG:Hybrid Log-Gamma、PQ:Perceptual Quantizer)
  • TU-SH1050:画像

    8K(スーパーハイビジョン)試験放送※3 対応
    高度広帯域衛星デジタル放送受信機

    2016年8月に始まった8K試験放送を受信可能。 8K映像モニターと接続すれば、フルハイビジョン画質の16倍の解像度の、超高精細な映像を表示できます。また、三次元音響空間を実現する22.2ch音声出力にも対応しています。

    • ※3 当受信機はBS17chで放送される試験放送のみ視聴可能です。
ページトップ