SHARP高度広帯域デジタル放送受信機

ご購入前ご相談窓口

Webでお問い合わせ/お見積依頼/資料請求

高度広帯域デジタル放送受信機 <TU-SH1050>

オープン価格

  • 印刷
  • 共有

超高精細(3,300万画素)の8K放送を受信可能※1

2016年8月に始まった8K(7,680×4,320)試験放送を受信可能。当社8K映像モニターLV-85001と接続すれば、フルハイビジョン画質の16倍の解像度の、超高精細な映像を表示できます。

超高精細(3,300万画素)の8K放送を受信可能

  • 説明図等はイメージです。
  • ※1当受信機はBS17chで放送される試験放送のみ視聴可能です。

このページのトップへ

4K放送のマルチ編成放送を受信可能

試験放送で始まっている4K放送のマルチ番組編成を受信できます。さらに字幕、データ放送など多彩なマルチメディアサービスにも対応してます。※1

  • ※1一部非対応の機能があります。

このページのトップへ

三次元音響空間を実現するの22.2ch音声出力※1

5.1chや7.1chサラウンドを遥かにしのぐ、異次元の音響空間を実現。視聴者の高さを3層に分けてスピーカーを設定。上層に9ch、聴視者の高さの中層に10ch、床面に3chと、左右に重低音ウーハーを設定した計22.2chのサラウンドシステムです。

  • ※122.2chを楽しむためには、別途AVアンプやスピーカーの設置が必要です。

このページのトップへ

当社8Kモニターとの接続で8K放送を視聴可能。
また4KモニターともHDMIx1本で接続可能なダウンコンバート機能搭載

8Kテレビとの接続

4Kテレビとの接続

  • ※1HDMIケーブルは、プレミアムHDMIケーブルを使用してください。
  • 当モデルはBS17chの試験放送のみ視聴可能です。2018年から放送予定の本放送には対応してません。詳しい内容は当社営業窓口へご相談ください。
  • 当モデルは一般のお客様への販売はしておりません。

このページのトップへ

ご購入ご相談窓口

製品ご購入に関する相談を下記窓口にてお受けしております。

このページのトップへ