SHARP法人のお客様

導入事例

製品カテゴリ
 
業種
 

株式会社オオサカムセンデンキさま ココプラス イオンモール堺鉄砲町店

PDF:741KB

ITユニバーサルボックスで店頭ディスプレイ画像を安定制御
ネットワーク経由で、コンテンツの本社一括管理が実現
業種

ショップ

導入の目的

業務効率化、経費削減、売上拡大

導入製品
  • ITユニバーサルボックス
    ・SC-BX2×6台
  • インフォメーションディスプレイ
    ・LB-T461(46V型)×5台
    ・LB-T401(40V型)×1台

2016年3月導入。自社のAndroidアプリを活用してディスプレイに商品メニューを表示。

導入先
株式会社オオサカムセンデンキさま ココプラス イオンモール堺鉄砲町店 大阪府/堺市

2016年3月オープン。同社新規事業として展開するジェラートショップ1号店。素材と製法にこだわった本場イタリアの味を提供。

こんなソリューションを実現しました。

導入前の課題

ジェラートショップを新たにオープンすることになり、商品メニューの表示用にディスプレイを設置することになりました。自社でサイネージ配信のAndroidアプリを開発しており、これを有効活用できるAndroid OSのディスプレイ制御機器を探していました。

導入後の変化
  • 店頭ディスプレイのコントローラーとして活用。無線LANを利用したWeb経由のコンテンツ管理を実現。
  • 耐久性や放熱性に優れ、長時間連続使用しても安定して作動。高い品質に満足しています。
  • コンパクト設計で、配線もHDMIケーブル1本。天吊りディスプレイの背面にスッキリと設置できます。

お客様の声

導入の背景

商品メニュー表示用にディスプレイの導入を決定。
自社アプリを有効活用できる機器を探していました。

ショッピングモール内にジェラートショップをオープンすることになり、商品メニュー表示用に、天吊り設置で5台、レジ横に壁面設置で1台のディスプレイを設置することになりました。当社は主な事業として携帯ショップを運営しているため、ショップ向けのサイネージ配信用Androidアプリを開発しており、これを有効活用できるAndroid OS 搭載のディスプレイ制御機器を探していました。

株式会社オオサカムセンデンキ 営業部 担当部長 竹野邦光さま

選ばれた理由

デモ機による長時間連続使用テストで耐久性や放熱性などを確認。

シャープの商談会で紹介を受けたのがAndroid OSのITユニバーサルボックスでした。さっそくデモ機を借りて自社のディスプレイと接続し、当社アプリとの適合性を検証しました。さらに、長時間連続使用しても安定して作動できる耐久性や、放熱性なども確認でき、高い品質に納得しました。
また無線LAN搭載でケーブル配線にわずらわされることなく、ネットワーク経由でメニューの更新が可能な点も評価しました。

各ディスプレイの背面に1台ずつ設置

導入後の効果

本社でメニューを一括管理し、業務効率化。
コンパクト設計で天吊り設置にもスッキリ導入。

本社にある管理用パソコンからネットワーク経由で、店舗のディスプレイに表示するメニューを一括管理しており、業務の効率化が図れています。ジェラートショップには毎月限定の新商品がありますが、こうしたコンテンツ1枚だけの入れ替え作業も本社で行え、店舗スタッフに一切負担が発生しないのも大きなメリットです。
一方、設置に関しても本体がコンパクトでHDMIケーブル1本で接続できるため、天吊りディスプレイの背面にもすっきりと導入できました。

無線LAN搭載で配線が少なく、すっきりとした導入が実現

今後の展望

チェーン展開による複数店舗への一斉配信も可能。
4K コンテンツで、より魅力的なメニュー訴求も。

今後、ジェラートショップを複数展開していく際には、全店舗にコンテンツを一斉配信することも可能で、業務効率化につなげたいと考えています。
またITユニバーサルボックスは4K表示にも対応しているので、将来的に4Kコンテンツも取り入れ、より魅力的なメニュー訴求につなげたいと考えています。

システム概念図

2016年9月制作

導入製品「ITユニバーサルボックス」について

さまざまなロケーションで、最大限の情報発信力を。マルチで、単体で、空間と調和する。シャープのディスプレイシリーズ。

導入製品「ディスプレイ/デジタルサイネージ」について

さまざまなロケーションで、最大限の情報発信力を。マルチで、単体で、空間と調和する。シャープのディスプレイシリーズ。