SHARP法人のお客様

導入事例

製品カテゴリ
 
業種
 

株式会社Misumi オプシアミスミさま

PDF:813KB

ショッピングモール各所のサイネージ48台で情報発信
イベントでも活用して、売上増と満足度アップを実現

タップすると動画が再生されます

業種

複合商業施設

導入の目的

売上拡大、業務効率化、イメージアップ

導入製品
  • インフォメーションディスプレイ
    ・PN-V701(70V型)×9台
    ・PN-Y556(55V型)×25台
    ・PN-Y496(49V型)×6台
    ・PN-Y436(43V型)×1台
    ・PN-Y326(32V型)×7台
    e-Signage(コンテンツ配信表示システム)ネットワーク版

同施設の10周年リニューアルオープンに合わせて、壁掛け9面、6面、4面マルチや、天吊りで館内各所に計48台設置。2017年11月運用開始。

導入先
鹿児島県/鹿児島市(本社)

1959年設立。年間来場者数約550万人の複合商業施設「オプシアミスミ」を運営するライフスタイル事業をはじめ、エネルギー事業、フード&ビバレッジ事業を展開される。

オプシアミスミ(本物件)

こんなソリューションを実現しました。

導入前の課題

近隣の商業施設との競争が激しくなる中、オープンから10周年を迎えた当館では、施設のリニューアルを行い売上増を目指すことを検討。その一環として、デジタルサイネージを導入し、テナント店舗やキャンペーンなどの情報発信力の強化を図ろうと考えました。

導入後の変化
  • イベント広場の高精細9面マルチやエントランスのユニークな配置の6面マルチなど、館内各所で情報発信。
  • テナント広告や、イベント、キャンペーン情報を表示。リニューアル効果と合わせて売上増に貢献。
  • 著名人のイベント等で、ライブ映像を9面マルチや各所のディスプレイに配信してお楽しみいただいています。

お客様の声

導入の背景

商業施設間の競争の中で売上増を目指すため、デジタルサイネージでの情報発信力強化に着目。

2017年11月に10周年を迎える当館では、近隣の商業施設との競争が激化する中で、売上アップを図るため、館内のリニューアルを実施することになりました。その一環として、エントランスやイベント広場を始めとした館内各所に、デジタルサイネージの導入を検討。従来のポスター掲示に替わるインパクトのある大画面で、テナント店舗のお奨め商品やイベント・キャンペーン情報などを発信しようと考えました。

株式会社Misumi オプシア事業部 オプシアミスミ 主任 竹内貴樹さま

選ばれた理由

ユニークな形状での6面マルチ設置提案に納得。
e-Signageにより、運用の手間も軽減できる。

当館では以前からシャープの4面マルチディスプレイを情報発信に活用し、画面の明るさや見やすさを評価していました。今回、シャープ担当者から遊び心のあるユニークな配置の6面マルチディスプレイの提案を受け、これをエントランスに設置することで当館の特色になると考えました。また、e-Signage(コンテンツ配信表示システム)であらかじめ設定しておいたスケジュールに合わせてコンテンツを配信したり、電源ON・OFFができることも、運用上の手間削減につながりメリットがありました。

9面マルチではテナントの動画広告やイベント映像を配信

導入後の効果

館内リニューアル効果と合わせて売上増を実現。
イベントのライブ配信でも活用し満足度もアップ。

2フロア吹き抜けの中央イベント広場の210V型相当の高精細9面マルチや、エントランスのユニークな6面マルチなど、館内各所に計48台のディスプレイを設置し、キャンペーン情報やテナント情報を動画で発信。リニューアルの効果と合わせて、売上アップにつながっています。また多数のお客さまが集まる著名人を招いたイベント等では、ライブ映像を9面マルチに大きく映しながら、館内の他のディスプレイにも同じ映像を配信してどこでもお楽しみいただけ、満足度アップにもつなげています。

エントランスのユニークな6面マルチは、お客さまの待ち合わせの目印にもなり、アピール力が高い

今後の展望

パブリックビューイング等のイベントでの活用も。
外部からの広告も募集してさらなる売上アップに。

多くのお客さまが一度に見ることのできる大画面マルチディスプレイの特長を活かして、今後はスポーツイベント等のパブリックビューイングでも活用して、さらなる集客と売上アップを目指したいと思います。また、館内のテナントだけでなく、周辺の企業等からも広告を募集し、広告収入を伸ばしていくことも検討していきたいと考えています。

お客さまの視界に入りやすい壁掛けや天吊り設置で情報を発信

2018年 2月制作

導入製品「ディスプレイ/デジタルサイネージ」について

さまざまなロケーションで、最大限の情報発信力を。マルチで、単体で、空間と調和する。シャープのディスプレイシリーズ。