SHARP法人のお客様

導入事例

製品カテゴリ
 
業種
 

株式会社太平洋クラブさま

PDF:999KB

離れた施設同士を無線LANアクセスポイントで連結
ネットワーク構築工事費の削減や通信の安定性向上に満足
業種

ゴルフ場

導入の目的

サービス向上、業務効率化、経費削減

導入製品
  • 無線LANアクセスポイント
    ・QX-C300×4台

2017年9月導入。クラブハウス、ホテル、2つのレストラン棟に計4台設置。直射日光対策のソーラーシールドも採用。
販売:菱洋エレクトロ株式会社さま

導入先
株式会社太平洋クラブさま 東京都/港区(本社)

1971年設立。ゴルフ場、ホテル、ゴルフアカデミーの運営が主な事業。各地に展開する17コースを利用できる画期的な「共通会員制」が魅力。
軽井沢リゾート(本物件)/群馬県長野原町北軽井沢

こんなソリューションを実現しました。

導入前の課題

当社ゴルフ場・軽井沢リゾートでは、クラブハウス、ホテル、2つのレストラン棟がそれぞれ数十メートル離れた別の建物のため、同一のLAN環境を構築するには、各施設間にLANケーブルの埋設工事が必要で、費用が高額になることがネックになっていました。

導入後の変化
  • 離れた施設も無線LANアクセスポイントの活用で同一のネットワークに簡単接続。安定した高速通信にも満足。
  • 有線接続と違って、LANケーブルの埋設工事が不要なため、ネットワーク構築コストが大幅に削減できました。
  • 各施設の屋内専用Wi-Fiアクセスポイントとも連携。全館共通のWi-Fi環境が構築でき、会員サービスが向上。

お客様の声

導入の背景

数十メートル離れた別棟が多数あるため、LANケーブルの埋設工事費が課題に。

当社ゴルフ場・軽井沢リゾートでは、クラブハウス、ホテル、2つのレストラン棟がそれぞれ別棟で、数十メートル離れているため、以前は既存の電話回線を利用するVDSL方式で社内ネットワークを構築していました。しかし、その設備も古くなり、通信の不安定さが目立ってきたため、新たなネットワークの構築を検討。ただ、LANケーブルでつなぐ方法だと、施設同士が離れているため、工事費が高額になることが課題でした。

株式会社太平洋クラブ
経営管理本部長 経営企画部 部長 杉田稔さま(左)
経営企画部 次長 里直哉さま(右)

選ばれた理由

現地調査で安定した高速無線通信に納得。
屋外での使用を想定した高い耐候性も評価。

そうした中、LANケーブルの埋設工事が不要な通信ツールとしてご販売店にご紹介いただいたのが、無線LANアクセスポイントでした。すぐにデモ機で現地調査していただいたことろ、40m離れたホテルとクラブハウスの通信も良好。無線なのに有線並みに安定した高速通信が実現できることに納得しました。また、屋外設置を想定した機器のため、防水・防塵仕様はもちろん、外気温-20℃から50℃まで対応しており、冬場に降雪する軽井沢においても安心して使用できる点も評価して導入を決めました。

①クラブハウスの屋上和食レストラン
②「辛夷」の軒下

導入後の効果

屋内専用Wi-Fiアクセスポイントとも連携。
全館共通のWi-Fi環境で会員サービス向上。

工事費が大幅にカットできたことで、限られた予算内で、クラブハウスとホテル間だけでなく、2つのレストラン棟にも同時にLAN環境が構築できました。各棟内にそれぞれ設置した屋内専用無線LANアクセスポイントとも連携できるため、全館共通のWi-Fi環境が完成。これによりお客さまにフリーWi-Fiを提供でき、たいへん好評を博しています。また、タブレット端末を使い、チェックイン・チェックアウトの状況をフロント以外でも把握することができるようになりました。フロント混雑時においてもお客さまにスムーズな応対ができるようになり、会員サービス向上にもつながっています。

③ホテルの外壁
④レストラン棟「アゼリア館」の軒下

今後の展望

数百メートル離れたコース売店との通信など、他の施設への追加導入も検討します。

軽井沢リゾートでは、クラブハウスから数百メートル離れた場所にコース売店もあるため、そこの通信にも無線LANアクセスポイントが利用できないか、今後現地調査を行う計画です。また、当社保有の他のゴルフ場においても、離れた施設同士のネットワーク構築に活用できないか、検討していきたいと思います。

システム概念図

2017年10月制作

導入製品「無線LAN アクセスポイント」について

高性能の「無線バックホール方式」により、屋外でも手軽に無線LAN環境の構築が可能。