SHARP法人のお客様

導入事例

製品カテゴリ
 
業種
 

株式会社富士ダイナミクスさま

PDF:876KB

無線LANアクセスポイントで駐車場管理情報を伝送
通信コストの削減と安定した遠隔ネットワークが実現
業種

駐車場

導入の目的

サービス向上、業務効率化、経費削減

導入製品
  • 無線LANアクセスポイント
    ・QX-C300×2台

2017年9月導入。立体駐車場の二階部分と、そこから約50m離れた平面駐車場の外灯に設置し、ワイヤレス・ネットワークを構築。オプションの直射日光対策のソーラーシールドも採用。

導入先
株式会社富士ダイナミクスさま 東京都/目黒区

1960年創業。電子機器製品の販売修理を基軸に成長され、近年はパーキングシステム、シミュレーターなどの販売・保守・修理を主な事業とされる。パーキングシステム事業は、大都市を中心に日本全国で展開され、大型商業施設から街の小規模駐車場まで、各種ソリューションやサービスを提供されている。

「トリエ京王調布」C館 平面・立体駐車場/東京都調布市(本物件)
同施設は2017年9月、京王線調布駅前にオープンした商業施設。

こんなソリューションを実現しました。

導入前の課題

トリエ京王調布C館にパーキングシステムを導入する際、C館直結の立体駐車場の他に、道路を挟んだ向かい側に平面駐車場があることがネットワーク構築上、課題になりました。公道上にLANケーブルは引けず、通信会社が提供するIP-VPNは高いランニングコストがネックでした。

導入後の変化
  • 約50m離れた駐車場との無線LAN通信を実現。通信費がかからないので、運用コストを削減できました。
  • 発券機やカーゲートから発信される入出庫数などの情報をリアルタイムに伝送できる安定した通信に満足。
  • 屋外使用を前提とした高い耐候性に加え、国内メーカー製で保守サービスやサポートが充実している点もメリット。

お客様の声

導入の背景

公道を挟んだ向かいの駐車場との通信が課題。
LANケーブルは引けず、IP-VPNはコスト増に。

新しくオープンする商業施設「トリエ京王調布」C館にパーキングシステムを導入することになりましたが、同館直結の立体駐車場とは別に平面駐車場があることがネットワーク構築上の課題となりました。公道を挟んだ向かいにあるため、LANケーブルを敷設できず、通信会社のIP-VPN(仮想専用ネットワーク)の利用を検討しましたが、月々の通信料が高額なため、運用コストがかさんでしまいます。そこで他に良い方法がないか検討を始めました。

株式会社富士ダイナミクス
パーキングシステムソリューション部 SEグループ 課長 三浦興太さま(左)
パーキングシステム営業部 営業一課 主任 黒田直之さま(右)

選ばれた理由

4K映像も途切れない安定した高速通信に納得。
国内メーカーならではのサポート体制に安心感。

お付き合いのあるシャープ担当者に相談したところ、ご紹介いただいたのが無線LANアクセスポイントでした。当社の本社ビルと営業本部のあるビルが道路を挟んで向かい合わせにあるため、デモ機による通信テストを実施してもらいました。データ量が多い4K全方位カメラ映像の伝送を試してもらいましたが、映像が途切れない安定した高速通信に納得できました。また、導入するにあたり、国内メーカー製なので保守サービスやサポートが充実していることも選定の決め手になりました。

約50m離れた場所との無線LANでの安定通信を実現

導入後の効果

離れた2箇所の駐車場を無線LANでつなぎ、
駐車場管理に必要な情報をリアルタイム伝送。

無線LANアクセスポイントの導入により、立体駐車場と平面駐車場をワイヤレス・ネットワークで結ぶことができました。これにより、平面駐車場の発券機やカーゲートから発信される駐車場管理に必要な各種情報が、立体駐車場側の管理室のパソコンへ、リアルタイムに伝送されます。入出庫数カウント、満車灯表示、防犯情報の確認、各機器の手動制御など、安定した通信により問題なく管理・運営できています。また、屋外使用を想定した防水・防塵仕様で、オプションで直射日光対策のソーラーシールドもあるため、機器を守るカバーを別途用意する必要がなく、設置工事が簡単なのもメリットでした。

ネットワークの活用でリアルタイムに満車灯などを自動制御

今後の展望

駐車場へのフリーWi-Fi導入なども検討中。
より大規模な駐車場での活用も視野に。

将来的には無線LANアクセスポイントを活用して駐車場にフリーWi-Fiを導入したり、ネットワークカメラとつないでサービスや防犯性をさらに向上させることも検討しています。また、今回の導入効果を検証し、今後、より広域で大規模な駐車場でも活用できないか勘案したいと思います。

2017年12月制作

導入製品「無線LAN アクセスポイント」について

高性能の「無線バックホール方式」により、屋外でも手軽に無線LAN環境の構築が可能。