• 印刷
  • 共有

ご購入前ご相談窓口

フリーダイヤル 0120-099-233 月曜日~金曜日(9:00~17:00)土曜日・日曜日・祝日など弊社休日を除く

  • Webでお問い合わせ
  • 資料請求

お客様サポート

  • ダウンロード
  • 保守・サービス

プラズマクラスター技術

プラズマクラスターの仕組み

プラズマクラスター技術の仕組み

「プラズマクラスター」技術は、自然界にあるのと同じ+(プラス)と-(マイナス)のイオンをプラズマ放電により作り出し放出。浮遊ウイルスの作用を抑え、浮遊カビ菌等を空中で除去するシャープ独自の技術です。
プラズマクラスターイオン発生ユニットで生成されたイオンは、そのままでは不安定ですが、空気中の水分子がブドウの房のようにイオンの周りに寄り集まり、各イオンは安定したクラスターイオンになります。

シャープの特許(特許第3680121号 取得済み) 2008年度(社)発明協会 全国発明表彰大会 「発明賞」受賞 「プラズマクラスターイオンによる空気浄化」にて受賞

生成されたイオンは、そのままでは不安定。水分子がまわりに集まり安定する

このページのTOPへ

プラズマクラスターの原理と基本作用

原理

■「プラズマクラスター」による作用抑制メカニズム(イメージ図)

1.イオンを放出
自然界にあるのと同じプラス(H+)とマイナス(O2-)のイオンを、プラズマ放電により作り出し空気中に放出。
2.カビ菌や浮遊菌に作用
カビ菌や浮遊菌の表面に付着し、非常に酸化力の強いOHラジカルに変化。
表面のタンパク質から瞬時に水素(H)を抜き取り、タンパク質を分解。
3.水になって空気中に戻る
抜き取った水素(H)とOHラジカルが結合し、水(H20)になって空気中に戻る。

基本作用

1 “OHラジカル”の酸化力で「空気浄化・脱臭」
・浮遊アレル物質の増加を抑える
・浮遊ウイルスの作用を抑える
・付着ウイルスの作用を抑える
・浮遊菌の作用を抑える
・タバコの付着臭を分解・除去
・浮遊カビ菌を除菌
・付着カビ菌の増殖を抑える
2 “プラスとマイナスのイオン”で「静電気を抑える」
・静電気を抑え、ホコリなどの付着を抑える
3 “水分子”が肌に水分子
コートを形成「肌保湿効果」
・お肌にツヤを与える

このページのTOPへ

多くの試験機関で効果を実証

対象物質 実証機関
ダニのふん・死がいのアレル物質 浮遊アレル物質 広島大学大学院 先端物質科学研究科
大阪市立大学大学院 医学研究科 分子病態学教室
(株)総合医科学研究所
カビ菌 浮遊カビ菌 (一財)石川県予防医学協会
(一財)日本食品分析センター
付着カビ菌 ドイツ リューベック大学
ドイツ アーヘン応用科学大学 アートマン教授
(一財)日本食品分析センター
浮遊菌 (一財)石川県予防医学協会
中国 上海市予防医学研究院
(財)北里環境科学センター
(学)北里研究所 北里大学北里研究所 メディカルセンター病院
米国 ハーバード大学公衆衛生大学院 名誉教授メルビン・ファースト博士
(公財)動物臨床医学研究所
(一財)日本食品分析センター
(株)食環境衛生研究所
付着菌 (学)北里研究所 北里大学北里研究所 メディカルセンター病院
(一財)日本食品分析センター
(株)食環境衛生研究所
ドイツ リューベック大学
ドイツ アーヘン応用科学大学 アートマン教授
中国 上海市予防医学研究院
(株)総合医科学研究所
ニオイ (一財)ボーケン品質評価機構
(公財)動物臨床医学研究所
ウイルス 浮遊ウイルス 韓国 ソウル大学
中国 上海市予防医学研究院
(財)北里環境科学センター
(学)北里研究所 北里大学北里研究所 メディカルセンター病院
イギリス レトロスクリーン・バイロロジー社
(株)食環境衛生研究所
ベトナム ホーチミン市 パスツール研究所
東京大学大学院 医学系研究科
(公財)パブリックヘルスリサーチセンター
付着ウイルス イギリス レトロスクリーン・バイロロジー社
ベトナム ベトナム国家大学ハノイ校工科大学
(株)食環境衛生研究所
静電気 当社調べ
効果メカニズムの解明
[ウイルス・カビ菌・菌の作用抑制効果]
ドイツ アーヘン応用科学大学 アートマン教授
[ダニのふん・死がいのアレル物質の作用抑制効果]
広島大学大学院 先端物質科学研究科
[肌保湿効果]
東北大学 電気通信研究所

(注) 同一実証機関、同一時期における別の対象有害物質による実証実験結果は割愛。

このページのTOPへ

自然界に存在するのと同じイオンで、安全性も確認済み

1.イオン種の同定

プラズマクラスターイオンは、自然界に存在するイオンと同じ種類であることを確認しています。

2.作用メカニズムの解明

プラズマクラスターイオンは、浮遊菌やウイルスの表面のタンパク質と反応し、内部の細胞質などに影響を及ぼさないことを確認 しています。

3.安全性の確認

GLP(優良試験所基準)に適合した試験施設で、信頼性の高い安全性のデータを取得しています。

目的 試験名称(略称) イオン濃縮設定
皮膚への影響確認 急性皮膚刺激性腐食性試験 約1,000,000個/cm³
眼への影響確認 急性眼刺激性腐食性試験 約13,000,000個/cm³
吸入による遺伝子への影響確認 吸入毒性試験(肺組織の遺伝子影響評価) 約7,000,000個/cm³
吸入による身体・器官への影響確認 吸入毒性試験 約7,000,000個/cm³
吸入による母体・胎児への影響確認 吸入毒性試験 約7,000,000個/cm³
  • 試験機関:(株)LSIメディエンス
  • GLP(優良試験所基準)とは、化学物質等の安全性評価試験の信頼性を確保するため、試験施設及び、試験操作の手順書などについて定められた基準です。

このページのTOPへ

ご購入前ご相談窓口

フリーダイヤル 0120-099-233 月曜日~金曜日(9:00~17:00)土曜日・日曜日・祝日など弊社休日を除く

  • Webでお問い合わせ
  • 資料請求

お客様サポート

  • ダウンロード
  • 保守・サービス

製品ラインアップ

“空気の悩みを解消する業務用プラズマクラスター”

“プラズマクラスタープロフェッショナル”

リースプラン