クラウド連携で、ますます楽しい!家電やスマートフォンと連携して、使い方ひろがる。(このページは、RX-V200の特長を中心に紹介しています。)

外出先※1からCOCOROBOや家電をコントロール※2「遠隔家電コントロール」

無線LAN機能※3を搭載。お持ちの家電製品※4の赤外線リモコン信号をCOCOROBOに登録して、外出先※1からスマートフォン※5で、COCOROBOやお部屋の家電のON/OFFを操作※2できます。
さらに、操作結果はCOCOROBOが撮影した静止画※6や温度センサーや湿度センサーで確認できます。
学習リモコン機能イメージ図
「COCOROBOナビ」学習リモコンの詳細はこちら
SHARP iCLUBに登録して、「COCOROBO SQUARE」を活用しよう!
新規ご登録される方
「SHARP i CLUB」に会員登録!
  • ■PCメールアドレス・ログインID・パスワード・住所・氏名・生年月日・性別・電話番号など必要事項を入力してご登録ください。
  • ●SHARP i CLUBについてはこちらのサイトをご覧ください。
    https://iclub.sharp.co.jp/sic-front/
すでにご入会いただいている方
COCOROBOスマートフォンアプリ「COCOROBO SQUARE」をダウンロード!
  • ※ダウンロードには別途通信料が発生します。(アプリは無料です)
  • ●専用アプリケーションは無料です。 下記よりダウンロードしてください。
    http://www.sharp.co.jp/cocorobo/manual/index.html
    「アプリを起動して、ログイン!」
  • ■遠隔家電コントロール機能を使う前に、お持ちのシャープID、パスワードでログインしてください。
※1
外出先からの一部の操作をご使用になる際には「SHARP iCLUB」への会員登録がご必要です。外出先からスマートフォンを使ってCOCOROBOを操作する場合、操作後、COCOROBOが動き始めるまで最大1分程度かかることがあります。外出先から、スマートフォンを使ってCOCOROBOに充電台帰還の指示を行った場合、COCOROBOが充電台に帰還したあと、スマートフォンで確認できるまで最大6分程度かかることがあります。
※2
COCOROBOの位置や操作したい機器との位置関係、家具などの障害物によりコントロールできない場合もあります。あらかじめ赤外線リモコン信号が用意されている機器(2013年12月現在)は、当社製テレビ(2003年度製以降)、エアコン(2005年度製以降)、LED照明、スリムイオンファン、加湿空気清浄機(KI-DXシリーズ)など。その他の機器については、当社Webサイトにてご確認ください。
※3
IEEE802.11b/g準拠。無線ルーターなどは別売です。また、ブロードバンドインターネット回線への接続や設定が必要です。
※4
赤外線リモコン信号が登録できる家電製品。すべての機器を保証するものではありません。安全のため、やけどや火事の恐れがある機器(ヒーター類、液晶プロジェクターなど)のリモコン信号を登録して遠隔操作しないでください。
※5
スマートフォン(別売)と専用のアプリケーションが必要です。対象機種:Android™2.3 / 4.0以降のスマートフォン、iOS 6以降のiPhone、iPad、iPod touch。(2016年2月現在。対応機種の最新情報は、当社Webサイトにてご案内します。)専用のアプリケーションは当社指定Webサイトにてダウンロードいただく必要があります。アプリケーションのダウンロードには別途通信費が発生します。COCOROBOとスマートフォンの連携には無線LAN環境が必要です。外出先からCOCOROBOをコントロールするには、ブロードバンドインターネット回線への接続や設定が必要です。COCOROBOが移動するルート上に障害物があったり、移動する床の状態によっては、COCOROBOが移動できないことがあります。本体がタイマー運転を含む掃除や充電台帰還などの走行中、他の指示の受付・実行中、エラー停止中は、外出先から一部の操作ができません。接続しているネットワークの状態や使用している機器などの影響により、操作ができない場合があります。カメラ機能のご利用につきましては、お客様の責任で被写体のプライバシー、肖像権などを考慮した上でご利用ください。カメラ画素数:130万画素。
※6
撮影場所、機器の位置などにより写らない場合があります。

このページのTOPへ

屋内はもちろん、外出先※1からもお部屋を写真で確認「無線LAN※2&カメラ搭載」

COCOROBO本体にカメラを搭載。家の中からも、外出先※1からもスマートフォン※3で写真によるお部屋の確認や、画像を見ながらのCOCOROBO操作ができます。
4方向の静止画※4で室内を確認/■操作する*(おうちモードのみ)ココロボの目線の映像をスマートフォンで見ながら操作できます。/■伝言する*(おうちモードのみ)ココロボの近くにいる相手に、スマートフォンに話した内容を伝言したり、あらかじめ設定した文章をココロボの音声で読み上げたりすることができます。*ココロボ本体とスマートフォンが同じ無線LAN環境に接続している場合に限ります。  /■確認する ココロボ内蔵のカメラで撮影した静止画※4や室内の温度や湿度を確認することができます。
※1
外出先からの一部の操作をご使用になる際には「SHARP iCLUB」への会員登録がご必要です。外出先からスマートフォンを使ってCOCOROBOを操作する場合、操作後、COCOROBOが動き始めるまで最大1分程度かかることがあります。外出先から、スマートフォンを使ってCOCOROBOに充電台帰還の指示を行った場合、COCOROBOが充電台に帰還したあと、スマートフォンで確認できるまで最大6分程度かかることがあります。
※2
IEEE802.11b/g準拠。無線ルーターなどは別売です。また、ブロードバンドインターネット回線への接続や設定が必要です。
※3
スマートフォン(別売)と専用のアプリケーションが必要です。対象機種:Android™2.3 / 4.0以降のスマートフォン、iOS 6以降のiPhone、iPad、iPod touch。(2016年2月現在。対応機種の最新情報は、当社Webサイトにてご案内します。)専用のアプリケーションは当社指定Webサイトにてダウンロードいただく必要があります。アプリケーションのダウンロードには別途通信費が発生します。COCOROBOとスマートフォンの連携には無線LAN環境が必要です。外出先からCOCOROBOをコントロールするには、ブロードバンドインターネット回線への接続や設定が必要です。COCOROBOが移動するルート上に障害物があったり、移動する床の状態によっては、COCOROBOが移動できないことがあります。本体がタイマー運転を含む掃除や充電台帰還などの走行中、他の指示の受付・実行中、エラー停止中は、外出先から一部の操作ができません。接続しているネットワークの状態や使用している機器などの影響により、操作ができない場合があります。カメラ機能のご利用につきましては、お客様の責任で被写体のプライバシー、肖像権などを考慮した上でご利用ください。カメラ画素数:130万画素。
※4
撮影場所、機器の位置などにより写らない場合があります。
COCOROBO SQUARE iOS版機能紹介 COCOROBO SQUARE Android版機能紹介

このページのTOPへ

家族やCOCOROBOとコミュニケーション「ココロボ〜ド(スマートフォン専用アプリ)」

「ココロボ~ド」を使えば、COCOROBOをご使用中のご家族がスマートフォンの画面上で、COCOROBOといろいろなコミュニケーションが楽しめます※1
■ココロボからのお知らせ…本体の状況やお掃除の結果、また家の温度・湿度情報をもとにしたお知らせをつぶやきます。■家電くんシールで、家電を操作…外出先からのココロボへのお掃除指示や、エアコン・照明などオン/オフ操作※2が「ココロボ〜ド」でシールを送信するだけで行えます。■ココロボの応答…お客様の指示に対するココロボからの返答が届きます。■家族間メッセージボード…ココロボを所有されていなくても、「ココロボ〜ド」では家族同士でメッセージのやりとりを行うことが可能です。■エラーメッセージ…万が一、エラーが起こった場合は、エラーレポートをココロボがつぶやきます。対処方法などの情報を記載したサポートページを案内します。
ココロボ~ドの詳細とダウンロードはこちら
ココロボ~ドはシャープ株式会社の商標です。
※1
Android™2.3 / 4.0以降およびiOS6以降のOSに対応するスマートフォンで利用可能です。サービスの利用にはインターネット接続が必要です。
※2
COCOROBOの位置や操作したい機器との位置関係、家具などの障害物によりコントロールできない場合もあります。あらかじめ赤外線リモコン信号が用意されている機器(2013年12月現在)は、当社製テレビ(2003年度製以降)、エアコン(2005年度製以降)、LED照明、スリムイオンファン、加湿空気清浄機(KI-DXシリーズ)など。その他の機器については、当社Webサイトにてご確認ください。

このページのTOPへ

クラウド音声コミュニケーション※1

RX-V200が、インターネット経由で専用サーバーとやり取りすることで、COCOROBOの音声認識機能を向上させたり、COCOROBO内の時計自動補正、天気予報を聞くサービスを楽しんだりすることができる機能です。
RX-V200をインターネットに接続し、本体の「クラウド音声機能」をONにすると、あらかじめ本体で音声認識できる言葉の他に、複数のワード(声かけ)を認識する事が可能です。
■外部の生活情報と連携「天気予報」…「天気教えて」に「今日の天気は雨。お出かけには傘があれば安心です」と答える。●ウェザーニューズの情報を使用しています。■ココロボ注意報※2…ココロボ注意報!お部屋の温度と湿度がどんどん高くなってきてるよ!
当機能の対応言語は日本語のみです。
インターネットへの接続方法、本体の「クラウド音声機能」をONにする設定方法は取扱説明書をご覧ください。
※1
株式会社エーアイのクラウド音声合成、フェアリーデバイセズ株式会社のクラウド音声認識エンジンを使用しています。 日本語のみに対応しています。
※2
運転中はお知らせしません。日本生気象学会が策定した「日常生活における熱中症予防指針」を参考にしています。
クラウド音声コミュニケーション 声かけリスト〈2013年12月版〉

このページのTOPへ

  • 新開発「縦横無じんシステム」
  • 進化した「ココロエンジン」
  • シャープこだわりの機能
  • クラウド連携で、ますます楽しい!
  • 機能をくらべて選ぶ