ホーム >  シャープについて >  会社情報 >  受賞・表彰 >  「第33回 HiViグランプリ 2017」にて、8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』<LC-70X500>が「SILVER Award」を受賞

会社情報

受賞・表彰

「第33回 HiVi(ハイヴィ)グランプリ 2017」にて、
8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』<LC-70X500>が「SILVER Award」を受賞


▲選考委員長の麻倉 怜士 氏(左)より楯をいただくTVシステム事業本部 国内事業部長 宗俊 昭広(右)

株式会社ステレオサウンドが発行する有力AV専門誌「HiVi」(ハイヴィ)主催の「第33回 HiViグランプリ 2017」で、2018年12月開始予定の8K実用放送に先駆け、8K解像度の高精細・高画質液晶パネルを搭載した8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』<LC-70X500>が「SILVER Award」を受賞しました。

表彰式は、1月25日にリストランテASO(東京都渋谷区)で開催され、TVシステム事業本部 国内事業部長 宗俊 昭広が出席しました。

「HiViグランプリ」は、その年のAVシーンを牽引した優秀製品を選定する権威ある賞のひとつです。麻倉 怜士 氏(選考委員長)をはじめ、潮 晴男 氏、小原 由夫 氏、高津 修 氏、藤原 陽祐 氏、山本 浩司 氏の6名の著名なAV評論家と、「HiVi」誌編集部による審査にて決定しました。

選考委員からは、「8Kならではの緻密さ、肉眼では画素が見えない奥深さが実感できる」「シャープ開発陣の8Kにかける意気込みが感じられる」「100万円という実勢価格も大きな話題になった」などの評価をいただきました。

▲(左)TVシステム事業本部 国内事業部 8K推進部長 上杉 俊介、
(中)TVシステム事業本部 栃木開発センター 第2開発部 係長 下田 裕紀、
(右)TVシステム事業本部 国内事業部長 宗俊 昭広

▲「SILVER Award」の楯▲「SILVER Award」を受賞した
8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』<LC-70X500>
2014年9月総務省発表。実用放送とは、一般放送において家庭で受信可能な環境が整備されており、商用放送されているもの。または、基幹放送において放送試験局ではなく、放送局/実用化試験局で放送されるもの。

Page top