ホーム >  シャープについて >  会社情報 >  受賞・表彰 >  2017年「日経優秀製品・サービス賞」において、ウオーターオーブン専用機「ヘルシオ グリエ」が「日経産業新聞賞 優秀賞」を受賞

会社情報

受賞・表彰

2017年「日経優秀製品・サービス賞」において、
ウオーターオーブン専用機「ヘルシオ グリエ」が「日経産業新聞賞 優秀賞」を受賞


▲(左)常務執行役員 健康・環境システム事業本部長
兼 シャープマーケティングジャパン株式会社 取締役 沖津 雅浩
<(右)株式会社日本経済新聞社 代表取締役社長 岡田 直敏氏>

日本経済新聞社が主催する2017年「日経優秀製品・サービス賞」において、ウオーターオーブン専用機「ヘルシオ グリエ」が、「日経産業新聞賞 優秀賞」を受賞しました。昨年のプラズマクラスター空気清浄機『蚊取空清』に引き続き、2年連続での受賞となります。

表彰式が2月7日に帝国ホテル東京(東京都千代田区)で開催され、常務執行役員 健康・環境システム事業本部長 兼 シャープマーケティングジャパン株式会社 取締役 沖津 雅浩が出席しました。

「日経優秀製品・サービス賞」は、その年の優れた製品やサービスを表彰するもので今年で36回目を迎えます。三菱総合研究所 理事長 小宮山 宏氏を審査委員長とする審査委員会にて最優秀賞18点、優秀賞21点が選出されました。

過熱水蒸気を使い、焼いたり揚げたりできる小型のウオーターオーブン専用機「ヘルシオ グリエ」は、天ぷらやから揚げなどの総菜を温めたり、生の鶏肉のから揚げ調理も可能です。水蒸気を使うため普通の電子レンジに比べて熱量が多くなり、余分な油を落としたり、油を使わない健康的なノンフライ調理ができます。電子レンジの機能をなくしオーブントースターのように手軽に使えるようにする一方で、小型ながら100度を超える過熱水蒸気で焼き上げる本格派で、生産計画の1.5倍を上回る10万台以上を生産しています。異なる食材を同時に調理することも可能で、例えばフライパンを使わずに目玉焼きや焼き野菜、トーストなど朝食メニューを一度に簡単に作ったり、冷凍食品と常温の食品など温度の異なる食品をムラなく同時に温めたりすることができます。

審査委員からは、「消費者の不満や要望に耳を傾け、生活をより便利にする貪欲さがあらわれた製品だ」「水で焼くのにはビックリした」「(試食して)惣菜のエビ天などが美味しい」「値段が安くて良い」などのご意見をいただきました。

▲(左)健康・環境システム事業本部 スモールアプライアンス事業部 調理技術部 技師 北谷 和也
(右)常務執行役員 健康・環境システム事業本部長
兼 シャープマーケティングジャパン株式会社 取締役 沖津 雅浩

▲「日経産業新聞賞 優秀賞」の楯と表彰状

▲受賞したウオーターオーブン専用機「ヘルシオ グリエ」

審査委員:小宮山 宏氏(審査委員長)、芦田 多恵氏、内田 和成氏、内館 牧子氏、坂村 健氏、月尾 嘉男氏、中村 桂子氏、深澤 直人氏の8名(順不同)。

Page top