環境に配慮したモノづくり 工場からエコ

シャープ株式会社 福山工場

事業内容
イメージセンサ、液晶ドライバ、オプトデバイス、アナログIC、半導体レーザなどの開発・製造
敷地面積
約210,000m²
延床面積
約153,000m²
操業開始
1985年

天気予報ならぬ「でんき予報」をお知らせしています。

福山工場では、8Kエコシステム/IoT/車載向けデバイス/モジュールの開発と、商品/サービス創出に取り組んでいます。 操業当初より地球環境保全取り組みを積極的に推進しており、節電取り組みとして、電気使用量の予測と実績を見える化した「でんき予報」を独自に作成し、工場全体で電力のピークカットなども行っています。本レポートは、当工場の環境取り組みをご紹介する為に作成したものです。ぜひご一読ください。

環境安全推進部
編集メンバー

環境サイトレポート 【PDF版ダウンロード】

【目次】
  • はじめに
  • 福山事業所の紹介
  • 福山事業所施設の紹介
  • 電子デバイス事業本部の製品紹介
  • 電子デバイスの製造工程紹介
  • 環境方針書
  • 環境管理推進体制
  • 2017年度環境負荷状況
  • 2017年度 環境取り組み目標と活動結果
  • 地球温暖化防止に関する取り組み
  • 廃棄物に関する取り組み
  • 化学物質に関する取り組み
  • 環境法規制の順守
  • 環境審査
  • 環境教育・資格
  • 地域とのコミュニケーション活動

工場の環境取り組み一覧

Page top