ホーム > 社会環境活動(CSR) > 生物多様性保全 社会貢献活動 > シャープグリーンクラブ明日香の森(奈良県)

シャープの森

シャープグリーンクラブ明日香の森(奈良県)

開設日
2006年10月28日
所在地
高市郡明日香村大字岡
面 積

0.75ha

コンセプト
景観と森林の保全
樹 種
ソメイヨシノ、オオシマザクラ、
ブルーベリー、ウメ、クリ、
アケビ等

直近の活動

社員とその家族などが柿の苗木を植樹しました。この森では万葉の地・明日香村ならではの里山整備として、景観樹木を植えています。また、伐採した竹を使ってベンチを作成したり、落ち葉を集めて腐葉土作りも行い、自然を体験する機会となりました。(2016年12月17日 19名参加)

森づくりの経過

活動開始前
明日香村は、古都保存法に基づき指定された歴史的な風土や景観が保存されていますが、一部の山林や棚田では、大切な景観が損なわれていました。(2006年6月)

活動スタート
明日香村の荒廃した棚田跡地などの歴史的景観を再生するために、奈良県から景観形成事業として2006年10月23日に認められました。
具体的には、奈良県・明日香村のご協力を得て、社員とその家族約400名が、万葉集に詠われた花木や果樹450本を植樹しました。(2006年10月28日)

Page top