ホーム > 社会環境活動(CSR) > 生物多様性保全 社会貢献活動 > ヒロシマエアポートサイド・シャープの森 (広島県)

シャープの森

ヒロシマエアポートサイド・シャープの森 (広島県)

開設日
2010年10月21日
所在地
広島県三原市本郷町上北方1315番地
面 積
0.5ha
コンセプト
花咲く里山づくり
樹 種
ミツバツツジ等

直近の活動

社員とその家族が広島の空の玄関である「広島空港」がよく見える里山整備として下草刈りを行いました。この里山では活動開始からの5年間に郷土の樹木であるミツバツツジを植樹しており、花でのおもてなしが当地のシンボルとなるよう、これからも取り組みます。(2016年6月18日 53名参加)

森づくりの経過

活動開始前
活動地は、「中央森林公園」内にあり、すでに森として成長し、手入れされていましたが、更なる里山保全活動が必要でした。(2010年4月)

活動スタート
社員とその家族33名が、サクラ3本とミツバツツジ10本を植樹しました。
又、専門家を招き、里山の学習会を開催し、保全活動の意義を学びました。(2010年5月22日)

Page top