トピックス

車川農地保全活動として休耕田で栽培したそばの実の収穫を実施(三重県)

9月のそばの種蒔きの様子

そばの実収穫の様子

  

 三重事業所では地域の農地再生・地域活性化・地元との交流を目指し、2012年から地元有志の「車川山里ファン倶楽部」などのサポートの下、休耕田を活用したそば栽培に参加しています。この地区は農業従事者の高齢化と獣害により、農地の耕作放棄が著しく、地域としてこの課題に取り組んでいます。

 今年は9月2日に3108u(940坪)の畑に種蒔きを行い、11月25日に社員とその家族など32名が、そばの実の収穫作業を行いました。台風21号・22号の影響でそばはすべて倒れていたものの、無事収穫することができました。

 作業後には「車川山里ファン倶楽部」のご厚意でそば打ち体験や、地元の食材を利用した炊き込みごはんと手打ちそばをご馳走いただき、地域の方々と交流を深める機会にもなりました。

 これからも地域の課題に取り組みます。

Page top