トピックス

「聴覚障がい者の生活や働くこと」をテーマにシャープ特選工業の従業員が出前授業を実施(大阪府)


 大阪府和泉市立黒鳥(くろとり)小学校にて、「聴覚障がい者の生活や働くこと」をテーマに、シャープ特選工業の聴覚に障がいのある従業員が、4年生30名を対象に出前授業を行いました(12月13日)。

 これは同小学校の男の子の「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」について書いた読書感想文がきっかけとなり、同校の先生方から「実際に聴覚障がい者がどのような生活をしているのかを生徒達に聞かせてほしい」と依頼があり、実現しました。

 授業では、聴覚障がい者の生活や、補聴器での声や音の聞こえ方を、図や絵を使って説明し、子ども達に声に出さずに物事を相手に伝える方法を体験してもらいました。また、ろう(聴覚障がい者)サッカーの元日本代表選手で、デフリンピックに出場経験がある同社従業員からサッカー好きの生徒達にろうサッカーのルールなども説明しました。

 今回の授業を通じて、子ども達の聴覚障がいや他の障がいに対する関心や理解が深まればと思います。

Page top