投資家情報 IRサイトマップ English
現在の株価
電子公告
IRに関するお問い合わせ
免責事項
プライバシーポリシー
お客様情報の取扱いについて
経営方針
トップメッセージ

2016年8月に社長に就任して以来、全力で経営に取り組んでいます。2016年度は生き残りをかけた構造改革を断行し、下期には当期純利益を黒字化することができました。今後は、2017年5月に策定した「2017-2019年度 中期経営計画」に沿って、事業や戦う市場、オペレーションなど、ありとあらゆるものを見直し、構造改革から事業拡大へと軸足を移してまいります。

8KとAIoTで世界を変える

この事業拡大の旗印となるものが、中期経営計画で掲げた、シャープの新たな事業方針、「8KとAIoTで世界を変える」です。
シャープは、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)を組み合わせた“AIoT”で、身の回りの機器が、人に寄り添う新しいパートナーとなり、生活をより豊かにしてくれること、すなわち、“人に寄り添うIoT”を実現してまいります。さらに、“8K”の超高精細映像技術を核に、放送分野のみならず、医療やセキュリテイ等、さまざまな分野で新産業の芽を創出し、イノベーションを巻き起こす “8Kエコシステム”を構築してまいります。
こうした取り組みを通じて、シャープは、世界の人々に、より良い暮らしをお届けしたいと考えています。

正々堂々の経営

中期経営計画のもと、守りから攻めへと軸足を移す2017年度からの3年間は、新生シャープの真価が問われる非常に重要な期間になると考えています。引き続き、“正々堂々の経営”を実践し、株主の皆様をはじめ、全てのステークホルダーのご期待にお応えできるよう、全身全霊で業務に精進してまいります。今後とも、より一層のご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
 
 
このページのトップへ