製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2009年5月8日

大口径サブウーハーを搭載、サブウーハーとして業界最大※1の出力で、
迫力の重低音を実現
3.1chシアターラックシステム

「AQUOSオーディオ」<AN−AR510><AN−AR410>を発売

シアターラックシステム AQUOSオーディオ <左:AN―AR510 右:AN―AR410> 写真はブルーレイ内蔵液晶テレビAQUOSとの設置例 (左:AN-AR510とLC-52DX1-B、右:AN-AR410とLC-42DX1-B)

シャープは、液晶テレビAQUOSの大画面・高画質に相応しい迫力あるサウンドと高音質を実現したシアターラックシステム「AQUOSオーディオ」<AN−AR510><AN−AR410>の2機種を発売します。

両機は、大口径サブウーハーを搭載、サブウーハーとして業界最大の230Wの出力を実現し、シアターサウンドの迫力感を決める重低音を強化したシアターラックシステムです。
 また、広いリスニングエリアを実現した新開発の高音質10cmスピーカーや、映画などのセリフが聞き取りやすい3.1chシステムにより、デジタル放送やBDビデオソフトなどの高音質コンテンツを、大迫力サウンドでお楽しみいただけます。
 さらに、AQUOSやAQUOSブルーレイ、AQUOSハイビジョンレコーダー※2と連携してリモコン1つで簡単に操作できる「AQUOSファミリンク」に対応しています。

品名

シアターラックシステム

愛称

形名

AN−AR510

AN−AR410

希望小売価格

オープン

オープン

発売日

6月10日

月産台数

5,000台

8,000台

主な特長

1.  大口径サブウーハーを搭載し、サブウーハーとして業界最大の230W出力を実現。 
大迫力の重低音サウンドが楽しめるAVラックスタイルのシアターシステム

2.  広いリスニングエリアを実現し、映画などのセリフをリアルに再生する、高音質10cmスピーカー採用の3.1chシステムを搭載

3.  液晶テレビAQUOSやAQUOSブルーレイ、AQUOSハイビジョンレコーダーと連携してリモコン1つで簡単に操作できる「AQUOSファミリンク」に対応

4.  ソースに合わせてお好みの音質が楽しめる「10種類のサウンドモード」を搭載

5.  映画でも音楽でも手軽に臨場感溢れるサラウンド空間を実現する「ドルビーバーチャルスピーカー」を搭載

1  2009年5月8日現在。シアターラックシステムに内蔵のサブウーハーシステムとして。(非同時駆動、JEITA)

2  AQUOSファミリンクに対応した液晶テレビAQUOS、AQUOSブルーレイ、AQUOSハイビジョンレコーダーとのHDMI接続時。

詳細はこちら→

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース> 「AQUOSオーディオ」<AN−AR510><AN−AR410>を発売