製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2009年5月22日

好評のブルーレイ内蔵AQUOSに、パーソナル向けの20V型を新たにラインアップ

ブルーレイ内蔵AQUOS”DXシリーズ 
20V型 2機種を発売

ブルーレイ内蔵AQUOS <左:LC―20DX1―B> <右:LC―20DX1―W>

シャープは、世界初※1のブルーレイディスクレコーダー内蔵液晶テレビAQUOS(アクオス)DXシリーズに、20V型※2<LC−20DX1−B><LC−20DX1−W>を新たにラインアップします。
 “ブルーレイ内蔵AQUOS”は、昨年11月に発売開始して以来、ブルーレイディスクへの録画やBDやDVDソフトの再生が簡単に行えるなど、使いやすい操作性が高い評価を受け、販売も好調に推移しております。今年に入り、すでにAQUOSの全販売台数の1割以上がブルーレイ内蔵型を占めるなど、これまでにない新しいカテゴリーの商品として市場に定着しつつあり、今後も一層の販売拡大が見込まれております。
 本機は、個室や寝室でもお使いいただける2台目テレビ、あるいは単身者世帯のテレビとして、テレビ視聴に加え、BDやDVDソフトの再生、ブルーレイディスクへのハイビジョン録画など、幅広くお楽しみいただけます。
 オールインワンスタイルなので煩わしい配線も必要なく、快適な操作をリモコン1つで実現します。ディスクを挿入するだけで再生を開始する「一発再生」をはじめ、ワンアクションで視聴・再生・録画・予約の操作を実現しており、どなたでも簡単にお使いいただけます。
 録画機能は、デジタル放送をフルハイビジョンのまま※3高画質で長時間録画する「フルハイビジョン高画質7倍録り※4」をはじめ、テレビ視聴と録画が重なっても安心の「デジタルWチューナー」や、長時間録画モードでもサラウンド音声データや番組連動データもそのまま記録できる「高画質純録り※5」に対応しています。

品名

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ

愛称

(アクオス)

形名

LC-20DX1-B

LC-20DX1-W

カラー

ブラック系

ホワイト系

画素数(水平×垂直)

ハイビジョン(1,366×768)

デザインタイプ

アンダースピーカー

希望小売価格

オープン

発売日

6月20日

当初月産台数

20,000台

主な特長

1.  録画・再生が1台で可能な、ブルーレイディスクレコーダー内蔵

2.  テレビの視聴をしながら簡単に操作できる、「モーションガイド」搭載

3.  フルハイビジョン画質のまま7倍の長時間録画「フルハイビジョン高画質7倍録り」

4.  お部屋の雰囲気に合わせて選べる白・黒の2色展開

1  2008年10月15日発表、デジタルハイビジョン液晶テレビとして。(ブルーレイディスクレコーダー内蔵)

2  テレビのV型とは、有効画面の対角寸法を基準とした大きさの目安です。

3  本機で再生した場合は、ハイビジョン画質となります。

4  BSデジタル放送のハイビジョン映像を録画した場合の、標準(DR)モードと7倍モードの録画時間の比較。地上デジタル放送を録画した場合は約5倍。上記は目安であり、実際の録画時間はこれを上回るまたは下回ることがあります。

5  標準・2倍・3倍モード時。5倍・7倍モード時では、サラウンド音声データは変換することなくそのまま記録されますが、連動データは記録されません。

詳細はこちら→

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース> “ブルーレイ内蔵AQUOS”DXシリーズ 20V型 2機種を発売