製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース
英語版はこちら

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2010年4月2日

専用メガネが不要で、裸眼で立体表示が楽しめる

業界最高輝度※1 2D/3D表示切り替え可能なタッチパネル付3D液晶ディスプレイを開発

「2D/3D表示切り替え可能なタッチパネル付3D液晶ディスプレイ」 (写真はイメージです)

シャープは、業界最高輝度で、2D/3Dの表示切り替えが可能なタッチパネル付3D液晶ディスプレイを開発しました。専用メガネが不要で、裸眼で立体表示が楽しめ、デジタルカメラや携帯電話、スマートフォンなどのモバイル機器に最適です。

今回開発した3D液晶ディスプレイは、通常の液晶ディスプレイに縦じま状の光学視差バリアを設けて光の進行方向を制御し、左右の眼に届く光の視差を応用し、立体表示させる視差バリア方式を採用しています。従来この方式は、3D切り替え時の表示品位が低いことが課題でした。

本ディスプレイは、「CGシリコン技術※2の進化」と「視差バリアの最適化」により、高輝度でかつ低クロストーク※3を実現し、表示品位を大幅に改善しました。CGシリコン技術の進化により、液晶パネルの配線幅を微細化することで、従来※4比で輝度は約2倍(業界最高の500cd/m2)に向上しました。また、視差バリアの最適化により、光の効率を高め、クロストークを大幅に低減しました。加えてモジュールの厚みは、タッチパネル付でありながら従来の2Dタイプと同等です。画面を縦にしても横にしても3D表示が可能で、スマートフォンなど高機能なモバイル機器にも最適です。

あわせて、タッチパネルを搭載していないタイプも開発し、本年度上期より、タッチパネル機能を除いたタイプから順次量産を開始いたします。

 

従来品

開発品

従来との違い

画面サイズ

2.4型

3.4型

画素数

QVGA 
(240×320ドット)

FWVGA 
(480×854ドット)

縦横ともに 
約2倍

輝度 (2D時)

250cd/m2

500cd/m2

約2倍

コントラスト比

100:1

1000:1

約10倍

タッチパネル機能

なし

あり/なし

1  2010年4月2日現在。量産化されているモバイル機器向け3D液晶モジュールにおいて。

2  一般的なアモルファスシリコンの最大600倍、低温ポリシリコンの最大6倍の電子移動度特性を有する高性能結晶性シリコンを使った液晶技術。株式会社半導体エネルギー研究所(神奈川県厚木市 代表取締役 山ア舜平)と共同開発。

3  右眼用と左眼用の画像が重なる状態。(二重像)

4  2003年6月に当社が量産化したディスプレイ。

<タッチパネル付3D液晶ディスプレイを開発 発表会レポート>
http://www.sharp.co.jp/corporate/report/3d/index.html

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース> 業界最高輝度 2D/3D表示切り替え可能なタッチパネル付3D液晶ディスプレイを開発