製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース
英語版はこちら

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2011年9月29日
I3研究所株式会社
シャープ株式会社

シャープがAQUOSで培った液晶技術とI3研究所の信号処理技術(ICC)が統合

フルハイビジョン信号の4倍の解像度をもつ“ICC 4K 液晶テレビ”の
共同開発をスタート

I3(アイキューブド)研究所株式会社(所在地:神奈川県川崎市、社長:近藤 哲二郎 以下、I3研究所)とシャープ株式会社(所在地:大阪市阿倍野区、社長:山 幹雄、以下「シャープ」)は、フルハイビジョン信号の4倍の高精細な解像度(3,840×2,160画素)をもつ、次世代の"ICC 4K 液晶テレビ"を試作※1、実用化に向け共同開発を推進いたします。

放送インフラの発展とともに、白黒からカラー、アナログからデジタル、ブラウン管から液晶へとテレビは進化し続けてきました。そして地上デジタル放送への移行により、本格的なデジタル放送の普及が始まります。液晶テレビは、高精細化と大画面化によりデジタル映像の普及を担ってきましたが、さらに奥行き感や質感など新たな映像空間の表現を追求することで、テレビの楽しさがより一層広がり、新しいデジタル映像文化の創出が期待されています。

"ICC 4K 液晶テレビ"では、I3研究所の光のクリエーション技術であるICC※2と、シャープがAQUOSで培った大画面・高精細液晶技術を統合します。単なる映像信号処理の高画質化だけでなく、パネル制御技術を組合せることで、人間が自然の景色や被写体を光の刺激として脳で理解する「認知」の過程を、映像による光の刺激として再現します。遠近感のある風景や人物の立体感、質感などを自然界に近い状態で画面上に表示し、新たな映像体験を視聴者に提供します。

今後、両社は、大画面・高精細な次世代液晶テレビの実用化に向け、お互いの技術を統合し、新しいデジタル映像の市場創出に向けて、共同で推進してまいります。

今回試作した液晶テレビは、「CEATEC JAPAN 2011」(場所:幕張メッセ、開催日:10月4日(火)〜10月8日(土))のシャープブースに参考出品いたします。


※1今回の試作機は、60V型 4K 液晶パネルを使用
※2ICC(Integrated Cognitive Creation:統合脳内クリエーション) ハイビジョンの映像信号から、4K映像を創造する光のクリエーション技術

(参考資料)

ICCとは

  従来のテレビでは、放送される電気信号から、ベースバンドHD信号と呼ばれるカメラの出力電気信号に戻すことを目標としておりました。ICCとは電気信号の再現では無く、液晶パネル性能を最大限に引き出すことで、カメラに入ってくる光情報を再現し、空間を創造する技術です。これにより、実際にその場にいるような体験が得られます。
ICC技術と従来技術の比較(イメージ)

(注) ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース> フルハイビジョン信号の4倍の解像度をもつ"ICC 4K 液晶テレビ"の共同開発をスタート