製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2012年12月13日

新たな映像体験を提供するプレミアムモデル

“ICC PURIOS※1”<LC-60HQ10>を発売

液晶テレビ“ICC PURIOS”<LC-60HQ10>

 シャープは、I3(アイキューブド)研究所株式会社※2が開発した光クリエーション技術“ICC(Integrated Cognitive Creation)※3”と当社の4K(3,840×2,160画素)液晶パネルを搭載した次世代液晶テレビ“ICC PURIOS※1”<LC-60HQ10>を発売します。当社は“ICC PURIOS※1”を、テレビのプレミアムモデルと位置付け、よりピュアな映像を表現するテレビとして提案します。
 本機は、I3研究所※2が開発した光クリエーション技術“ICC(Integrated Cognitive Creation)※3”を搭載。入力された映像信号を解析し、人の視覚が光の反射で風景や物体などを認知する仕組みを利用して、遠近感のある風景や物体の立体感、質感などを映像として再構成します。実際に、その光景を見ているような映像空間を創出し、圧倒的な臨場感と感動を提供します。
 また、フルHDの4倍※4となる約829万画素(3,840×2,160画素)を持つ4K液晶パネルを搭載。輝度を細かくコントロールするパネル制御技術を新たに採用し、精密な検査工程で生産された当社最上級の液晶テレビです。高い映像品質が求められる放送局や編集スタジオなどで使用される業務用マスターモニター規格を超える、ムラの少ない均一な輝度を実現し、映像信号に忠実な階調表現で映像を緻密に再現します。
 さらに、世界で初めて、映画館やホームシアターエンターテイメント事業で著名なTHX社※5が定めるTHX 4Kディスプレイ規格※5の認証を取得しました。映画監督の意図する映像を忠実に再現できることが、高く評価されました。
 当社は2001年に液晶テレビ“AQUOS”を発売して以来、テレビ市場をリードしてきました。今後も“AQUOS”は、リビングからパーソナルまで幅広いユーザーにエンターテイメントを提供するテレビとして展開していくとともに、“ICC PURIOS※1”は、プレミアムモデルとして本格的なホームシアター用途や、最高級の映像美を求めるお客様へ提案してまいります。

品名

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ

愛称

ICC PURIOS

形名

LC-60HQ10

画素数

水平3,840×垂直2,160 画素

画面サイズ

60V型

希望小売価格
( )内は税抜価格

2,625,000円
(2,500,000円)

発売日

2013年2月20日

当初月産台数

受注生産品


主な特長

1.圧倒的な臨場感を提供する光クリエーション技術“ICC※3”を搭載
2.フルHDの4倍※4となる約829万画素(3,840×2,160画素)を持つ4K液晶パネルを搭載
3.世界で初めて「THX 4Kディスプレイ規格※5」の認証を取得

※1読み“アイシーシー ピュリオス”。よりピュアな映像を表現するテレビの愛称。
※2所在地:東京都世田谷区、社長:近藤哲二郎、以下「I3研究所」。
※3ハイビジョンの映像をもとに、さらに臨場感ある高精細映像を創造する技術。
※4フルハイビジョン(1,920×1,080画素)との比較。本機:3,840×2,160画素。
※5THX 4K Display Certification、THX 4Kディスプレイ規格で世界初の認証取得(2012年12月13日現在)。
THXはTHX Ltd.の登録商標です。

本製品の詳しい情報は、当社ホームページをご覧ください。
http://www.sharp.co.jp/icc_purios/
100周年記念サイト : http://www.sharp.co.jp/100th/

詳細はこちら→

“ICC PURIOS”<LC-60HQ10>を発売(発表会レポート)
http://www.sharp.co.jp/corporate/report/icc_purios/index.html

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース > “ICC PURIOS”<LC-60HQ10>を発売