製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2013年1月16日

満充放電を8000回繰り返しても初期の70%以上の容量を維持※1

住宅用 定置型リチウムイオン蓄電池システムを発売

住宅用 定置型リチウムイオン蓄電池システムの設置イメージ

 シャープは、長期間使用しても劣化による電池容量の低下が少なく、非常時にも安心して使用できる住宅用 定置型リチウムイオン蓄電池システム2機種を発売します。
 一般的に、リチウムイオン蓄電池は、充放電を繰り返すことで電池容量が低下する特性があります。本システムは、満充放電を8000回繰り返しても初期の70%以上の容量を維持※1する高性能リチウムイオン蓄電池セルを搭載し、長期間安定して運転できます。
 本システムは、太陽光発電システム※2と連携し、停電時は夜間や雨天でも日中に充電した電力を使用することができます※3。また、曇天時など発電量が消費電力量を下回る場合も、本システムが不足する電力を補うことで、過負荷による太陽光発電システムの運転停止を防ぐことができます。平常時は安価な深夜電力で充電し、割高な日中の買電量を抑える「経済性モード」を搭載し、電気代の節約が図れます。
 さらに、電力見える化システム(HEMS)※4と連携し、HEMS専用タブレット端末※4を使って、蓄電池残量に応じた家電機器※5の使用可能時間を確認※6することができます。
 当社は、太陽光発電システムによる「創エネ」と電力見える化システム(HEMS)※4による「省エネ」に、本システムによる「蓄エネ」を組み合わせ、快適なエコライフを提案してまいります。

品名

定置型リチウムイオン蓄電池システム

形名

JH-WB1201

JH-WB1202

公称容量

4.8kWh

2.4kWh

希望小売価格

オープン

発売日

1月17日

月産台数

計250台


主な特長

1.満充放電を8000回繰り返しても、初期の70%以上の容量を維持※1する蓄電池セルを搭載
2.太陽光発電システム※2と連携し、停電時でも安定して電力を供給
3.HEMS専用タブレット端末※4で、運転状況の表示や確認が可能
4.余剰電力買取価格は、太陽光発電システムのみを設置する場合と同額(42円/kWh)※7

※123℃で1C電流にて満充放電を行った場合に性能維持を確認した値で、保証値ではありません。また、充放電条件により異なります。(「C」は充放電係数であり、蓄電池を1時間で充電あるいは放電させる電流が1Cです)
※22008年発売以降の当社製住宅用パワーコンディショナを採用している太陽光発電システムと連携できます。
※3停電時に使用したい機器は、専用配線(専用コンセント)に接続しておく必要があります。また、停電時は、本システムを自立運転モードに切り替える必要があり、AC100Vの家電機器のみ使用できます。自立運転時の最大出力は1.5kWです。
※4HEMS(Home Energy Management System)。別売の<JH-RTP1/JH-RTP2>に限ります。
※5<JH-RTP1/JH-RTP2>付属のタップ(JH-AP01/AP02/AP03)に接続された家電機器が対象です。タップは、ご家庭のコンセントに差し込むことで設置でき、各家電機器の消費電力データをHEMS専用タブレット端末に送信します。
※6時間表示は計算上の“めやす”であり、動作を保証するものではありません。
※7経済産業省が定める平成24年度(2012年7月〜2013年3月)の余剰買取価格より引用しています。モデルケースであり、買取価格は電力会社ごとに異なります。その他制度の詳細などについては、経済産業省webサイトをご確認下さい。
住宅用 定置型リチウムイオン蓄電池システム<JH-WB1201/JH-WB1202>左から リチウムイオン蓄電池、蓄電池パワーコンディショナ、マルチエネルギーモニタ

詳細はこちら→

住宅用 定置型リチウムイオン蓄電池システムを発売(発表会レポート)
http://www.sharp.co.jp/corporate/report/l_battery/index.html

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース > 住宅用 定置型リチウムイオン蓄電池システムを発売