製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース
英語版はこちら

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2013年7月2日

4K2Kの高精細表示で、細かい文字の手書き入力やマルチタッチ操作を実現

IGZOロゴ 液晶タッチディスプレイ<PN-K322B>を発売

液晶タッチディスプレイ<PN-K322B>
(左:ペンライティングスタイル時/右:スタンディングスタイル時)
 ●画面はハメコミ合成です。実際の表示とは異なります。

 シャープは、フルHDの4倍の解像度を持つ4K2K(3,840×2,160ドット)表示に対応し、独自開発の高感度・高精度タッチパネルを搭載した32V型液晶タッチディスプレイ<PN-K322B>を発売します。
 本機は、高感度・高精度のタッチパネルを搭載し、ペン先径約2mmの専用タッチペンによる細かな入力や、マルチタッチ操作が可能な高精細ディスプレイです。IGZO技術とエッジ型LEDバックライトにより、本体の奥行きを業界最薄※2の約36mmに抑え、ペン操作やタッチ操作など使用シーンに合わせてディスプレイの角度を変更できるスライドスタンド構造を採用しました。
 また、画面に手を付いた状態でもペン入力ができるパームキャンセル機能も搭載しているほか、入力端子は最新のDisplayPortとHDMIに対応し、1本のケーブルでパソコンと接続し、4K2Kの高精細データを表示※3することが可能です。
 4K2K表示の高精細ディスプレイは、映像やグラフィックの作成・編集業務などを中心に普及が進んでおります。当社は今後の需要拡大に向け、小売店舗やショールームの接客用、美術館・博物館の展示用ディスプレイなど、さまざまな分野での活用を提案してまいります。

品名

液晶タッチディスプレイ

形名

PN-K322B

希望小売価格

オープン

発売日

2013年7月30日

月産台数

250台


主な特長

1.独自開発の高感度・高精度タッチパネルを搭載した4K2K表示対応の高精細ディスプレイ
2.業界最薄の本体デザインで、マルチタッチ操作やペン入力ができるスライドスタンド構造を採用
3.ケーブル1本でパソコンと接続し、4K2Kデータを表示可能

※1IGZO液晶ディスプレイは、(株)半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化したものです。IGZOおよびイグゾーは、シャープ株式会社の登録商標です。IGZOロゴは、シャープ株式会社の商標です。
※230V型以上の4K2Kタッチディスプレイにおいて。2013年7月2日現在(当社調べ)。
※3DisplayPort(マルチストリーム)で、3,840×2,160@60pが対応可能。HDMIでは、3,840×2,160@30pまで対応可能。

本製品に関する情報は当社ホームページ「製品情報」をご覧ください。
http://www.sharp.co.jp/lcd-display/corporate/

詳細はこちら→

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース > 液晶タッチディスプレイ<PN-K322B>を発売