製品情報シャープについてサポート・お問い合わせ法人のお客様へ
シャープについて
メニュー:会社情報メニュー:投資家情報メニュー:社会環境活動メニュー:採用情報メニュー:ニュースリリース

ニュースリリースの検索はこちら (新しいウィンドウが開きます)
ニュースリリース 2013年9月27日

70V型液晶ディスプレイを活用した最新の交通広告システムを実現

名鉄名古屋駅コンコースに、デジタルサイネージシステムを納入

名鉄名古屋駅 中央改集札口前コンコース

シャープは、薄型の70V型液晶ディスプレイを22台使用したデジタルサイネージシステムを、名鉄名古屋駅(名古屋市中村区名駅)の中央改集札口前コンコースに納入しました。本年10月より運用が開始されます。

本システムは、本体の奥行を従来機に比べ60%以上※1スリム化した最新の液晶ディスプレイを採用し、コンコース内の柱の両面に22台設置されています。

当社のコンテンツ配信/表示システム「e-Signage Pro(イー・サイネージ・プロ)」を活用し、液晶ディスプレイの設置場所や時間帯に応じて、表示内容を細かく切り替えることが可能です。今後、名鉄名古屋駅を利用する多くのお客様に向けて、広告などの情報発信に活用される予定です。

「名鉄名古屋駅 中央改集札口前コンコース」デジタルサイネージシステム

納入システム

・70V型液晶ディスプレイ <PN-R703×22台>
・コンテンツ配信/表示システム「e-Signage Pro WEBサーバー版」

運用開始

2013年10月1日

※1 当社従来機(PN-E702:2011年11月発売)との比較。PN-E702の奥行寸法:100mm、PN-R703の奥行寸法:39.4mm。

本製品に関する情報は、以下のサイトでもご確認いただけます。
シャープ (http://www.sharp.co.jp/lcd-display/corporate/)

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

このページのトップへ
ホーム > シャープについて > ニュースリリース> 名鉄名古屋駅コンコースに、デジタルサイネージシステムを納入