SCROLL

Designer's Voice

笑顔に品質ってなんだろう。

縁あって、父の勤めていたシャープのデザイナーさんにお話を伺って記事を書くことになりました。幼い頃、「シャープペンシルがはじまりだよ」と、語ってくれた父の横顔が、誇らしげだったことを思い出しました。日本のメーカーとして、次々と新しい製品を世界に送り出すその裏側には、きっとたくさんの想いや夢があるはずです。

今、シャープデザインがこだわる「笑顔の品質」とは?
あの商品のデザイナーって、どんな人?
率直に問いかけて、デザイナーさんの隠れた熱い想いを紐解いていきます!

インタビューアー ライター 黒川陽子 Yoko Kurokawa
RACTIVE Air Product Designer

松島 貴史

Takashi Matsushima

“楽しい”を生みだす、かろやかスティック。

毎日の生活に楽しみを感じてもらいたい。その想いを根っこに、掃除というワンシーンに注目。「Airでどんな体験をして、どんな気持ちになってほしいか」を考え抜いて、デザインに落とし込んだ。たくさんの人に手にとってもらい、“楽しさ” を体験してほしい。

ヘルシオ グリエ Product Designer

末広 恵梨

Suehiro Eri

ほっこりと、幸せな時間をつくる「相棒」。

今を生きる現代人は、男性でも、女性でも、日々忙しくて時間があまりない。それでも家で過ごす時間は、30分でも1時間でも、大切にしたいもの。“このコ”に込めたのは、ただの調理器ではない、ほっこりとした幸せをつくる「相棒」のようなデザイン。

AQUOS Product Designer

徐刚 × 王东东

Xu Gan × Wang Dongdong

家電は、暮らしを変える力をもっている。

我々がスマホに衝撃を受けたように、テレビはもう見るだけのものじゃない。ショッピングしたり、ゲームを楽しんだり、人と交流できたり…。人々の暮らしをチェンジして、より豊かな方向へと導くデザインを生み出したいと思っている。