古川武士 特別コラム「英語学習」継続の秘訣

特別コラムでは、英語学習を続けるためのノウハウをご紹介します。
学習を「習慣化」するに当たって、なぜ続かないのか、続けるためにどうすればいいのか、ベースとなる英単語の学習を習慣化するためにどうすればいいかをお話していきたいと思います。

関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に人材育成会社を設立。
コーチング・心理学を専門にこれまで企業研修・講演を通じて2万人以上の育成に携わってきた。また、個人コンサルティングとしては経営者から若手ビジネスパーソン、主婦まで幅広く200名以上を支援している。
多くの育成現場で痛感したことは、人が本当に変わっていくためにはよい習慣を確実に身につける「続ける習慣」が重要と考え、オリジナルの習慣化理論とメソッドを開発。
独自メソッドを元に、企業研修、個人向けセミナー、コンサルティングを行っている。習慣化メソッドの内容は処女作『30日で人生を変える「続ける習慣」』にまとめて出版。累計4万部を突破し、海外でも翻訳された。
著書に「続ける習慣」(現在4万部突破、韓国・台湾で翻訳)「やめる習慣」「すぐやる習慣」など計7冊で15万部を超えている。メディア掲載実績として、朝日新聞、日経ビジネス、日経ウーマン、OZPLUS、プレジデント、プレジデントファミリー、「企業と人材」等がある。

contents

  • なぜ続かないのか?
  • 続ける習慣メソッド
  • 英単語学習の習慣化

なぜ続かないのか?

続かない原因

私たちはなぜ、学習を続けるのが難しいのでしょうか?

そもそも、私たちの新しい取り組みが続かないのは、「新しい変化に抵抗し、いつもどおりを維持しよう」とする本能があるからです。人間にとって変化は脅威で、いつもどおりが安全で安心なのです。
たとえば、体温を例に挙げてみましょう。私の平熱は36.5度ですが、人間の体はいつもどおりの平熱を維持しようとします。仮に風邪を引けば、体温は38度まで上昇しますが、体は汗で体を冷やして平熱に戻そうとします。これも変化に抵抗し、いつもどおりを維持しようとしているのです。
だからこそ、いつもどおりを必死で維持することであなたを守っているのです。
私はこの「いつもどおりを維持し、変化に抵抗しようとする力」を習慣引力と呼んでいます。良い習慣を身につけることも、変化は変化です。
ですから、新しい習慣を身につけようとすると、それに流されないように抵抗を始めます。これが「習慣化」が困難な原因なのです。
また、一度脳がいつもどおりと認識したら、今度は維持しようとがんばるのも、習慣引力の機能です。悪い習慣がなかなかやめられないのは、たとえば喫煙や過食を、脳が「いつもどおり」のことと認識してしまっているからです。

習慣化の成長メリット
メリット1.省エネ成長

習慣化の1つ目の効果は、少ないエネルギーで成長できることです。
習慣化してしまえば、自動的に行動ができます。
当たり前の行動にしてしまえば、コツコツ積み重ねで成長していきます。
英語学習も習慣化している人にとっては、苦痛なく日常生活に取り込まれています。しかし、試験前だけ一気に勉強して帳尻を合わせようとする場合には、非常に精神的な負担も大きいものです。
英語は続けていくことが必要ですので、是非、小さくコツコツ積み上げていく発想で取り組んでみてください。

メリット2.複利的成長

習慣化の2つ目の効果は複利的に成長するということです。複利とは「元本+利息=次の元本」としてどんどん元本が大きくなっていく運用形態です。
良い習慣は、あなたにとって「元本」となります。その結果は「最初の能力+成果=次の能力」となり、他の習慣と相乗効果を発揮しながら複利的に成長していきます。
例えば、英語の場合、英単語を毎日覚えます。英単語を覚えるという元本があれば、リーティングやライティングで使われることでより、能力が強化されます。このように、積み重ねることで単純な足し算ではなく、かけ算で成長していきます。

どれぐらい続ければ習慣化するのか?

習慣といっても様々な習慣がありますので、ここでは3つの分野に分けて説明したいと思います。それぞれ習慣化に必要な期間が異なります。

1. 行動習慣 片づけ、英語の学習、日記、節約などの習慣です。習慣化への期間は1か月です。
2. 身体習慣 ダイエット、運動、早起き、コミュニケーション、禁煙、筋トレなど身体のリズムに関わる習慣です。
習慣化への期間は3か月です。
3. 思考習慣 ポジティブ思考、発想力、論理的思考力などの考え方の習慣です。習慣化への期間は6か月です。

英語学習は1ヶ月で、習慣化できるのです。

3日坊主を防ぐ3原則

習慣化するには次の3つの原則を守っていくと挫折率を低くすることができます。

原則1.1度に1つの習慣に取り組む

欲張って2つ以上の習慣を、同時に定着させようとせず、1つの習慣に集中することが大切です。
たとえばダイエットなら「食事制限と運動を同時に始める」ことが多いのですが、これは失敗する確率が高い典型例です。
習慣引力はそれぞれの習慣に等しくかかるので、2つ同時に着手することは、引力も2倍引き受けることになり、よほど意志が強いか必要に迫られていないと苦しいです。
まずは1つの習慣化にチャレンジし、達成できたら2つ目に着手するというように、くれぐれも欲張らないでください。

原則2.効果的なシンプルな行動に絞る

1つの習慣に複雑な行動ルールを決めず、シンプルに取組むことが大切です。習慣を1つに絞ったとしても、行動ルールが複雑だと続きません。
例えば英語の勉強であれば、電車の中でリスニングをし、スキマ時間に単語帳を読み、夜一時間英文法を勉強するなど、一度にすべてこなそうとすると挫折率は高まります。何をやれば最も効果的なのかを考えて、行動は1つにするのがいいでしょう。毎日1時間の通勤・通学電車で、英単語を1か月勉強するといった具合です。シンプルな行動ルールにしましょう。

原則3.結果よりも習慣行動に集中する

結果にこだわりすぎるあまり行動のリズムを崩さないことが大切です。
たとえば、TOEICRの点数を3か月で200点アップという目標を設定し、毎日2時間の学習習慣をスタートさせました。にもかかわらず、1か月半で模擬テストをすると50点しか上がっていなかったとします。このとき、結果をあせって、早朝に1時間学習、移動中にリスニング、土日に5時間勉強などの行動を追加しても、無理がたたって挫折するのが目に見えています。

英語学習に習慣化がなぜ必要か?

普段英語を母国語としない私たちは、仕事等で自然と触れる機会がない限り、日々英語に意図的に触れに行かなければ身につきません。また、せっかく身についていた英語も次第に忘れていってしまいます。長期的にしっかりとした英語力を身に着けていくために、英語学習を習慣化し、日常的に英語に触れていくことが重要です。

トップへ戻る

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」プラグイン(無料)をインストールしてください。