ICC PURIOS LC-60HQ10

  • 高画質
  • 高音質
  • 快適ナビゲーション
  • 多彩なネットサービス
  • 楽しみ方拡がる
  • 便利な機能
  • 外観・仕様

圧倒的な臨場感を提供する光クリエーション技術“ICC(注1)”を搭載

画像処理の仕組みに、I(アイキューブド)研究所株式会社(注2)の光クリエーション技術“ICC (Integrated Cognitive Creation) (注1)”を搭載しました。入力された映像信号を解析し、人の視覚が光の反射で風景や物体などを認知する仕組みを利用して、遠近感のある風景や物体の立体感、質感などを映像として再構成します。これにより、実際にその光景を見ているような映像空間を創出し、圧倒的な臨場感と感動を提供します。
  • (注1)ハイビジョンの映像をもとに、さらに臨場感ある高精細映像を創造する技術。光クリエーション技術"ICC"は、AVポジション「ICC」「標準」「映画」「映画(THX)」でお楽しみいただけます。(1080iの地上/BSデジタル放送、USBハードディスク(別売)に録画された1080iの映像、もしくは、HDMI入力1〜4を使用した1080iと1080p(60Hz)の動画に対応しています。AVポジション「標準」「映画」「映画(THX)」は、110°CSデジタル放送および1080p(24/30Hz)の映像でも"ICC"の効果をお楽しみいただけます。)
  • (注2)所在地:東京都世田谷区、社長:近藤哲二郎。

このページのTOPへ

フルHDの4倍(注1)となる約829万画素(3,840×2,160画素)を持つ4K液晶パネルを搭載

高い輝度均一性を持つ高精細液晶パネル
フルHDの4倍(注1)となる約829万画素(3,840×2,160画素)を持つ4K液晶パネルと、画面の明るさを細かくコントロールするパネル制御技術を開発し、高い輝度均一性を実現しました。さらに、この表示性能を保持するため、精密な調整工程を導入しました。高い映像品質が求められ、放送局などで使用される業務用マスターモニターの水準を上回る輝度均一性を実現しています。
「平滑化アルゴリズム」で自然な階調表現
高精細液晶パネルを独自の「平滑化アルゴリズム」で駆動させることで、自然で滑らかな階調表現を実現。これにより、従来の信号処理では難しかった暗部の諧調表現や、微妙な立体感の表示が可能となりました。
  • (注1)フルハイビジョン(1,920×1,080画素)との比較。本機:3,840×2,160画素。

このページのTOPへ

世界で初めて「THX 4Kディスプレイ規格(注1)」の認証を取得

世界で初めて、THX 4Kディスプレイ規格(THX 4K Display Certification)(注1)の認証を取得しました。映画「スター・ウォーズ」の監督として知られるジョージ・ルーカス氏の取り組みから生まれたTHX認証は、400を超える厳格なテスト項目からなり、高解像度ディスプレイに対し、映像品質の高さを保証するプログラムです。映画監督の意図する映像を自宅でも忠実に再現することができるハイエンド機器しか合格することができません。本機では、映画(THX)ポジションを搭載しており、4K(3,840×2,160画素)コンテンツでも、鮮明な映像でホームエンターテイメントを提供できるテレビとして認められました。

  • (注1)THX 4K Certified Display Program, THX 4Kディスプレイ規格で世界初の認証取得(2012年12月13日現在)。THXおよびTHXロゴはTHX.Ltd.の登録商標です。

このページのTOPへ

このページのTOPへ