乾燥マット不要で手間なく乾燥・消臭・ダニ対策もしっかりできる。

ふとんや枕をかんたん 乾燥

ワイド送風アタッチメントをふとんや枕に差し込んで、スイッチを入れるだけ!

ホースにワイド送風アタッチメントをセットして、掛けふとんと敷きふとんの間(枕の場合:敷ふとんと枕の間)に差し込むだけ。温風を吹き出すノズルを中心に、高濃度プラズマクラスターイオンで消臭しながら、ふとんを乾燥します。

●ふとん運転:冬60分、夏90分(クールダウン30分含む)※1
サーモグラフによる、ふとん暖まりイメージ
かんたん3ステップ
枕の場合

おやすみ前の ふとん暖め

寒い冬でも毎日ポカポカ。「ふとん暖めモード」

ワイド送風アタッチメントで手軽にふとん暖め。お休み前の20分でふとんはポカポカ、寒い冬も快適におやすみいただけます。

●ふとん運転:あたため20分
  • 運転中はふとんの中に入らないで下さい。

ふとんや枕の 消臭

ふとんや枕の汗臭や加齢臭を消臭

プラズマクラスターでふとんや洗えない枕に染みついた汗のニオイ・加齢臭*1をしっかり消臭します。ふとんに付着したカビ臭*2にも効果があります。

●ふとん運転:冬60分、夏90分(クールダウン30分含む)※1

ふとんの ダニ対策

ふとん全体を乾燥・消臭

「乾燥マット」を使えば、温風でふとん全体を暖めてしっかり乾燥、ダニ対策ができます。

  • ダニ対策時は乾燥マットのセット方法が異なります。
●ふとん運転:冬60分、夏90分(クールダウン30分含む)※1

ダニ対策には温風+プラズマクラスター

プラズマクラスター乾燥機で、ダニのふんや死がいのアレル物質の作用を抑制します。

●ダニ対策:120分×2回
(ふとんの両面・ダブルサイズも可能)※1
ダニのふんや死がいの付着アレル物質の作用を抑制

プラズマクラスター搭載だから 1年中活躍

部屋干し衣類の消臭・乾燥

ワイド送風アタッチメントを使って、手軽に部屋干し衣類の生乾き臭*4を消臭しながら乾燥させます。

【衣類運転】

  • 乾燥時間:120分
  • 乾燥の目安(脱水槽で十分脱水した場合:衣類の例/ワイシャツ2枚、半袖肌着2枚、トランクス2枚、くつ下2足)

【長時間モード】

  • 乾燥時間:240分
  • 乾きにくい衣類のとき
  • 消臭・乾燥するとき

(吹き出す風の当たらない部分のニオイは取れません。)

スポット消臭・乾燥 クローゼット

押入れやクローゼットなどに。

空気浄化 イオン

空気浄化運転で、気になるエリアの空気をキレイに。

スポット暖房・衣類の暖め 暖房能力500W

足もとが少し寒い時など温風暖房機として使えて便利です。静電気を抑えながら衣類を暖めることもできます。
冷え込みが厳しい冬の朝なども、快適に着替えができます。

転倒時運転停止装置付き

本機はスポット暖房用です。部屋用の暖房機としては使用できません。

くつ・ブーツの消臭・乾燥 くつ乾燥アタッチメント

付属のくつ乾燥アタッチメントを使って、くつやブーツの消臭や乾燥ができます。

【くつ・ブーツ(革・合皮)】

  • 空気浄化運転

【濡れた運動ぐつ(布)】

  • スポット暖房運転
  • 革・合皮製のくつ・ブーツには温風を当てないでください。変形・変質 の原因となります。
  • *1<付着汗臭・付着加齢臭(ふとん・まくら)>●試験機関:当社調べ●試験方法:掛けふとんと敷きふとんの間(まくらの場合は敷きふとんとまくらの間)の空間にニオイ成分を染み込ませた布片を入れ、「ふとん運転」でプラズマクラスターイオンを照射し、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約60分で気にならないレベルまで消臭※3
  • *2<付着カビ臭>●試験機関:当社調べ●試験方法:掛けふとんと敷きふとんの間の空間に、カビのニオイ成分を染み込ませた布片を入れ、「ふとん運転」でプラズマクラスターイオンを照射し、消臭効果を2点比較法にて評価。■試験結果:約60分で気にならないレベルまで消臭※3
  • *3<ダニのふん・死がいの付着アレル物質>●試験機関:(株)ビオスタ●試験方法:掛けふとんと敷きふとんの間の空間の中央に、ダニのアレル物質を付着させた樹脂板を設置し、「ふとん運転」にて試験機を約240分間運転。その後、樹脂板を回収し、ダニのアレル物質の量をELISA法で測定。■試験結果:自然減衰と比較して、<ワイド送風アタッチメント使用時>85%抑制。<乾燥マット使用時>89%抑制。
  • *4<生乾き臭>●試験機関:当社調べ●試験方法:部屋干し衣類の生乾きのニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを集中的に照射し、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約2時間で気にならないレベルまで消臭※3
  • *5<付着汗臭>●試験機関:当社調べ●試験方法:汗のニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを集中的に照射し、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約6時間で気にならないレベルまで消臭※3
  • *6<付着タバコ臭>●試験機関:当社調べ●試験方法:タバコのニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを照射し、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約80分で気にならないレベルまで消臭。
  • ※1夏(90分)にセットすると温風乾燥後送風でクールダウンします。
  • ※2サーモグラフィによる温度分布 ●室温20℃、湿度約50%、シングルふとんの場合。
  • ※3ニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、ニオイ除去効果は異なります。吹き出す風の当たらない部分のニオイは取れません。
DI-FD1Sの仕様はこちら
ページTOPへ戻る