• 製品トップ
  • 特長
  • 抑制・除去できるもの
  • 仕様/寸法
KC-A50イメージ
  • KC-A50 正面:white
  • KC-A50 正面:black
  • KC-A50 斜め:white
  • KC-A50 斜め:black
  • 加湿空気清浄機
  • KC-A50-W(ホワイト系)/-B(ブラック系)
  • オープン価格
  • おすすめ畳数:〜13畳
  • 最大風量:5.1m³/分
  • 加湿量:450mL/h
  • 8畳のお部屋の清浄スピード:約12分
  • 1日24時間あたりの電気代3.3円
  • 英国アレルギー協会認定
※1
当技術マークの数字は、高濃度プラズマクラスターイオン発生デバイス搭載の加湿空気清浄機/空気清浄機を壁際に置いて、 風量「中」運転時/「強」運転時に高濃度プラズマクラスター7000適用床面積の部屋の中央付近(床上から高さ1.2m)の地点で測定した空中に吹き出される1cm³当たりのイオン個数の目安です。
※2
加湿空気清浄/自動エコ運転時。空気がキレイな時19.2時間(80%)、汚れている時4.8時間(20%)で運転した場合、電力料金単価22円/kWh(税込)で算出。
※3
KC-Z65(2010年度製)の加湿空気清浄/自動運転時の約5.2円と比較。

このページのTOPへ

おすすめポイント

[空気清浄機の集じん・脱臭能力について]

・タバコの有害物質(一酸化炭素等)はすべて除去できません。
・常時発生し続けるニオイ成分(建材臭・ペット臭等)はすべて除去できるわけではありません。

タバコや焼肉など、強いニオイがある時にお使いになると、数週間から数ヵ月でフィルターからニオイが発生し、フィルター交換が必要になる場合があります。 このような使い方をされるときは、お部屋の換気と併用してお使いいただくことをお勧めします。

●加湿フィルターで水が気化する時に吸い込んだ空気の熱が奪われるため、吹き出す風の温度は室温より低くなります。 ●タンクの水は必ず水道水をお使いください。井戸水や浄水器などの水を使用すると、雑菌が繁殖しやすくなります。●加湿量は日本電機工業会の規格(JEM1426)に基づき室温20℃・湿度30%の時です。 お使いになるお部屋の広さ・構造・材質により変わります。

このページのTOPへ

このページのTOPへ