多彩な調色・調光機能 シーンに合わせて、光の色と明るさが変えられる。
シーンに合わせて光の色と明るさが変えられます。
白熱電球に近い暖色系(赤みがかった光)から寒色系(青みがかった光)まで10段階で光の色を変えられる「調色機能」と、それぞれの光色を10段階の明るさに変えられる「調光機能」を搭載しました。さらに、それぞれ10段階の調光が可能な2つの「さくら色(八重桜/ソメイヨシノ)」、5段階の調光が可能な「常夜灯」と合わせ、合計125通りの光色と明るさから、生活シーンや用途に合わせてお好みの明かりを選べます。
イメージ写真:合計125通りの光色と明るさ
DL-C624K/C524K、DL-C316K/C216K、DL-C609V/C509V、DL-C614K/C514K/C414K/C314Kの場合。
DL-C506V/C406V/C306V/C206V、DL-C507V/C407V/C307V/C207Vは、常夜灯では3段階の調光ができ、合計123通りの光色と明るさが選べます。
  • 動画でcheck! さくら色LED照明のご紹介 新しいウインドウで開きます:動画でcheck! さくら色LED照明のご紹介
  • 動画でcheck! 壁の色による明るさの比較実験 新しいウインドウで開きます:動画でcheck! 壁の色による明るさの比較実験

このページのTOPへ

シャープの調色は、寒色も暖色も“明るい”。
説明図:シャープの調色は寒色も暖色も明るい

このページのTOPへ

暮らしのリズムに合わせて、自動的に調色・調光「エコあかリズム さくらプラス」。
対応機種:
DL-C624K/C524K、DL-C609V/C509V、DL-C614K/C514K/C414K/C314K
「エコあかリズム」ボタンを押せば、いちいちリモコンで調色・調光しなくても、自動的にあかりの色と明るさをコントロールしてくれます。朝は徐々に明るくしていき、すっきりお目覚め。昼間は活動的な明るい「寒色系」の光。夕方は夕食に適した明るい「暖色系」の光。さらに「暖色系」の光に自動調色し、くつろぎを演出。おやすみ前は「さくら色」の光で、癒しと快眠をサポートします。おやすみ中は、常夜灯もしくは消灯が選べます。
説明図:自動的に調色・調光

このページのTOPへ

就寝前、徐々に暗くなり、自動で消灯。眠りにいざなう「おやすみリズム」。
眠りにいざなう「おやすみリズム」を搭載。ボタンを押すと、明るさを抑えた八重桜になり、約30分間かけて徐々に明るさを落とし、自動で常夜灯になります※1。 就寝に向けて徐々に部屋を暗くすることで、寝やすい環境を整えます。また、自動で消灯するため※2、点けっぱなしで寝てしまうことがなく、節電の面でも効果が期待できます。
※1
DL-C624K/C524K、DL-C609V/C509V、DL-C614K/C514K/C414K/C314Kの場合、時間は30分と60分。点灯状態は消灯と常夜灯から設定でお選びいただけます。DL-C316K/C216K、DL-C506V/C406V/C306V/C206V、DL-C507V/C407V/C307V/C207Vの場合、60分後に常夜灯になります。
※2
DL-C624K/C524K、DL-C609V/C509V、DL-C614K/C514K/C414K/C314Kのみ。
説明図:おやすみリズム(徐々に減光する流れ)

このページのTOPへ

このページのTOPへ