ヘルシオお茶プレッソとは 石臼で挽く、茶筅で点てる お手本は、茶道です。

一.挽く

抹茶を作る際に使われる「石臼」にならい開発したセラミック製の臼が進化。粒度がさらに細かく※1なり、のどごしアップ。挽き時間も約20%※2短くなりました。
茶葉を粉末茶に/イメージ画像:臼で挽くから栄養成分も壊れにくい
※1
当社'14年度機種TE-GS10Aは約20ミクロン、TE-TS56Vは約15〜20ミクロン。茶葉の種類等によって粒度は変わります。
※2
1杯分の茶葉を挽く場合、当社'14年度機種TE-GS10Aは2分、TE-TS56Vは1分40秒。

このページのTOPへ

二.沸かす

本体で水を沸騰させ、カルキ成分を除去したお湯がお茶容器に注がれます。また、「湯ざまし機能」により、お好みに合わせて温度が選べます。
水をお湯に/お好みで温茶(約85度※)ぬるめ(約70度※)が選べる/茶釜イメージ画像
室温等の条件によって、温度は変わります。でき上がりの時間は「温茶」も「ぬるめ」も変わりません。

このページのTOPへ

三.点てる

まるで、茶筅を使って点てるように、「回転はね」がお湯と粉末茶を丁寧にかき混ぜ、まろやかで深みのあるお茶に仕上げます。
粉末茶をお茶に/茶筅イメージ画像:茶筅を使って点てるように、「回転はね」がお湯と粉末茶を丁寧にかき混ぜる。

このページのTOPへ

TE-TS56V-G(グリーン系)/TE-TS56V-R(レッド系) 詳細はこちら
湯のみ大(140mL)の場合。湯のみ小(70mL)の場合は8杯。