自然のチカラを、空気のチカラに。プラズマクラスター扇風機の効果
プラズマクラスターについて詳しくはこちら

約5~20畳相当の試験空間における実証結果であり、実使用空間での実証結果ではありません。使用場所の状況や使いかた、個人によって効果は異なります。

「プラズマクラスター」技術で実証している主な効果

●プラズマクラスター扇風機もしくはプラズマクラスターイオン発生機器を用いた実証結果であり、
実使用空間での実証結果ではありません。イオン濃度が同等であれば同様の効果が得られると考えられます。

●使用場所の状況、使いかたによって効果は異なります。

空気の汚れを浄化

プラズマクラスターイオンイメージ
  • 浮遊カビ菌を除菌

    約31m³(約8畳相当)の試験空間での効果です。
    プラズマクラスター7000:約195分後

  • 浮遊ウイルスの作用を抑える

    約25m³(約6畳相当)の密閉した試験空間での効果です。
    プラズマクラスター7000:約83分後

付着したニオイを分解して消臭

  • タバコの付着臭を分解・除去

    約41m³(約10畳相当)の試験空間での効果です。
    プラズマクラスター7000:約90分後

  • 衣類に付いた汗臭を消臭

    プラズマクラスター7000:約6時間後

静電気を抑える

  • 静電気を抑える

    約41m³(約10畳相当)の試験空間での効果です。
    プラズマクラスター7000:約10分後


  • *1〈浮遊カビ菌〉●試験機関:(財)石川県予防医学協会●試験方法:試験空間にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌をエアーサンプラーにて測定。■試験結果:上記本文中に記載の時間で除去率99%。
  • *2〈浮遊ウイルス〉●試験機関:ベトナム ホーチミン市 パスツール研究所●試験方法:試験空間にウイルスを浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出。その後、試験空間内のウイルスを回収し、空気中のウイルス除去率を測定。●試験対象:浮遊した1種類のウイルス。■試験結果:上記本文中に記載の時間で99%抑制。
  • *3〈タバコのニオイ〉●試験機関:当社調べ●試験方法:試験空間にて、タバコのニオイ成分を染み込ませた試験片で、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:上記本文中に記載の時間で気にならないレベルまで消臭※2
  • *4〈汗臭〉●試験機関:当社調べ●試験方法:汗のニオイ成分を染み込ませた試験片で、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:上記本文中に記載の時間で気にならないレベルまで消臭※2※3
  • *5〈静電気〉●試験機関:当社調べ●試験方法:試験空間にて、JIS TR C 0027-1を参考にして5kVに帯電させた金属製検知板にプラズマクラスターイオンを照射し、0.5kVまで除電するのに要する時間を測定。■試験結果:上記本文中に記載の時間で初期電位5kVが0.5kVまで減衰。
  • ※1「風量最大」運転時(PJ-H3DG/H3DS/H3AS/H3AK/G3DG/G3DS/G3AS/F3DG/F3DS/F3ASは左右首振りなし、PJ-H2DBG/H2DS/G2DBG/G2DS/F2DBG/F2DSは上下・左右首振りなし)に、吹き出し方向に約50cmの地点。
  • ※2 ニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、消臭効果は異なります。
  • ※3 吹き出す風の当たらない部分のニオイは取れません。
ページTOPへ戻る