毎日のヘアドライで、サラツヤ髪に。しなやかさも、うるいおいも。
毎日のヘアドライで、サラツヤ髪に。しなやかさも、うるいおいも。

プラズマクラスタードライヤー IB-JP9

ダメージを与える
熱に頼らず、
風の力で速乾、美髪

大風量熱ダメージ抑制※1速乾※2熱くないのに速く乾く
[約1.7m³/分]

シャープ独自の速乾エアロフォルムが、大量の速い風を地肌に届け、髪を根本から乾かします。髪が受ける熱ダメージも抑え※1ます。

速乾エアロフォルムなし
速乾エアロフォルムあり
速乾エアロフォルムなし
速乾エアロフォルムあり

高速風自然に学んだ風の力で速乾

水平飛行で鳥類最速のアマツバメをお手本にした、ファンとノズル。空気抵抗の少ない設計で高速の風を生み出し、髪を素早く乾かします。

高速回転のファン / スピードノズル

美髪にこだわるモードやボタン設計

ツヤUP※4ビューティモードで、心地よくツヤUP

温風と冷風を自動で交互に吹き出すことにより、キューティクルの引き締め効果を図る【ビューティモード】。ドライヤーの風による過乾燥も抑えて、ツヤのある髪※4に仕上げます。

BEAUTYボタン
ビューティモードなし / ビューティモード使用の比較

季節に合った最適な温度帯に自動切換え

周辺温度をセンサーで感知し、4つの温度帯(HOT/WARM/SCALP/COLD)の中から熱すぎず、寒すぎない風を自動で設定。夏でも熱すぎない風で快適に髪を乾かせます。

夏
冬
春・秋

4つの温度帯だから、サロンブローも決まる

サロン感覚のヘアドライを自宅でも。温度帯を変えて髪を乾かせば、髪と頭皮をいたわりながら美しく仕上げることができます。

BEAUTYボタン
4つの温度帯の説明

ヘアドライの仕上げは【COLD(冷風)がおすすめ】

【COLD(冷風)】には、キューティクルを引き締めてスタイリングした髪を長持ちさせる効果があります。さらに、うるおいを感じる仕上がり※7にもなります。

切り替えがワンプッシュで便利
BEAUTYボタン

セット力が約20%アップ!※8

スタイリングの仕上がりを左右する【セットモード】が、さらに進化。髪をしっかりクセ付けて、より速くスタイルを整えます。

付属品

  1. セット用ノズル
  2. スピードノズル
  • プラズマクラスターの効果は、使用場所の状況(温度・湿度、エアコン・換気などの使用有無)や商品特性、使いかた(運転モード・運転時間など)によって異なります。
  • 効果には個人差があります。

●このページに掲載している写真、イラストはイメージです。
◆以下の各試験において、特に記載のない場合は日本電機工業会自主基準HD-129に基づきます。

  • ※1熱ダメージの原因となる熱ストレス(濡れた髪のケラチンの変性が始まる温度55℃以上に髪がさらされている温度と時間)を低減することによる。
  • ※2●試験機関:当社調べ ●試験方法:25gの水分を含んだ毛髪にターボ運転の温風をあてて、水分が約80%減少(当社基準)するまでに必要な平均時間が当社2012年度「速乾エアロフォルム非搭載」商品[IB-HD92]が9.1分であったのに対して、「速乾エアロフォルム搭載」商品[IB-JP9]が3.68分であったことから、ドライ時間約60%短縮を確認。
  • ※3●試験機関:当社調べ ●試験方法:毛束に水分を含ませ、ターボ運転の温風(HOTモード)をあてて、水分が約80%減少(当社基準)するまでに必要な平均時間をスピードノズルあり時となし時について測定。 ■試験結果:スピードノズルあり時に、ロングヘアで約20%、ミディアムヘアで約4%の乾燥時間短縮を確認。
  • ※4●試験機関:当社調べ ●試験方法:被験者の毛髪を濡らし、毛髪が乾くまで乾燥させた後のツヤ値変化量を測定。 ■試験結果:使用前後のツヤ値の増加量が、「プラズマクラスターあり、ビューティモードあり」、「プラズマクラスターなし、ビューティモードあり」、「プラズマクラスターなし、ビューティモードなし」の順に大きいことから、プラズマクラスターとビューティモードでツヤがアップすることを確認。
  • ※5ターボ運転時。室温30℃での使用条件であり、季節や使用環境により変化します。
  • ※6ターボ運転時。
  • ※7●試験機関:当社調べ ●試験方法:毛髪に冷風を約5分間あて、水分量を測定し、冷風をあてる前の水分量から変化率を算出。 ■試験結果:「プラズマクラスターイオンなし(送風のみ)」より「プラズマクラスターイオンあり」の水分量が約16%多いことを確認。
  • ※8●試験機関:当社調べ ●試験方法:毛髪をSET/HOTモードで30秒間、ブラッシングブローしクセの伸び率を測定。 ■試験結果:クセの伸び率が当社2017年度商品[IB-HP9]が3.3㎜であったのに対し、2018年度商品[IB-JP9]が4.1㎜であったことから、スタイリング力約20%向上を確認。
製品の仕様はこちら
ページTOPへ戻る