IGEK100

IG-EK100の製品特長

高濃度プラズマクラスター25000を搭載
高濃度プラズマクラスター25000ロゴ
*当技術マークの数字は、当商品を壁際に置いて、風量「標準」運転時に、適用床面積の部屋の中央付近に(床から高さ1.2m)の地点で測定した空中に吹き出される1cm³当たりのイオン個数の目安です。

    プラズマクラスターの効果について詳しくはこちら

このページのTOPへ

お肌の保湿効果を高める
図:加湿機能
加湿機能搭載で、プラズマクラスターイオンを取り囲む水分子量が増加。角質層の乾燥を防ぎ、お肌の保湿効果が約1.8倍(当社比)にアップします。
  • 加湿イオン運転時とイオン運転時の比較
  •  
    ●試験機関:(株)総合医科学研究所 ●試験空間:11畳相当●被験者:21名(35~65歳女性)●温度:約26℃●湿度:約40%●試験方法:水を付加したプラズマクラスターと、プラズマクラスターのみを放出する運転モードに設定し、それぞれの運転モードで被験者のこめかみと眼下の平均の肌水分量を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)■試験結果:送風のみを基準とした場合、水を付加したプラズマクラスターイオンはプラズマクラスターイオンのみと比べて、運転開始60分後に約1.8倍の肌保湿効果が確認された。

このページのTOPへ

お部屋を湿度60%に保つ加湿機能を搭載※1
図:温度・湿度センサー
300mL/hの加湿能力に加え、湿度センサーを搭載し、お部屋の湿度を見張って自動的に加湿をON/OFF。ウイルスの活動を抑制する湿度※2に保ちます。

■加湿適用床面積(目安)※3

プレハブ洋室木造和室
8畳(14m²まで)5畳(8m²まで)
  • ※1
    「自動エコ」運転時。お好みの湿度に設定することはできません。
  • ※2
    G.J.Harperの6時間後のウイルス生存率試験より。
  • ※3
    加湿単独の運転はできません。加湿適用床面積の目安は、日本電機工業会規格(JEM1426)に基づき、プレハブ住宅洋室の場合を最大適用面積とし木造和室の場合を最小面積としたものです。ただし、運転モード、壁・床の材質、部屋の構造、使用暖房器具等によって適用床面積は異なりますので、販売店にご相談ください。

このページのTOPへ

花粉やホコリをしっかりキャッチ
図:花粉キャッチフィルター
フトンの上げ下ろしなどで舞い上がる花粉やホコリを、花粉キャッチフィルターが捕集。快適な環境でおやすみいただけます。
  • 約10µm(スギ花粉の大きさ:約30µm)以上の「花粉」や「ホコリ」などを約80%(当社調べ)捕集するフィルターです。日本電機工業会規格(JEM1467)とは異なります。

このページのTOPへ

清潔&省エネを両立したローター方式加湿構造を採用
運転中に加湿しないときは、加湿フィルターが水につからない位置で停止し、送風で乾燥されるため、カビが生えにくく清潔です。また、加湿ローターの回転と風量を自動制御する「自動エコ」運転も搭載しています。
  • ※1
    ●試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構●試験方法:統一試験方法JIS Z2801●抗菌方法:フィルターに抗菌剤を含浸●試験結果:99%以上抗菌
  • ※2
    ●試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構●試験方法:JIS Z2911 カビ抵抗性試験●防カビ方法:フィルターに防カビ剤を含浸●試験結果:菌糸の発育が認められない
  • ※3
    定格加湿能力に対し、加湿能力が50%に落ちるまでの期間。1日8時間使用した場合の交換の目安です。

このページのTOPへ

寝室の空気を素早くキレイにするフルパワーモード
急いで空気をキレイにしたい時や空気の急な汚れには、風量「標準」モード時の約1.5倍のプラズマクラスターイオンを放出するフルパワーモードが活躍。
  • 風量「標準」運転時のプラズマクラスターイオン濃度25,000個/cm³との比較。

このページのTOPへ

電源の供給再開に合わせて運転が復帰する「運転自動復帰」機能
停電時やブレーカーが落ちたときでも、電源の供給再開に合わせて運転が自動的に復帰します。

このページのTOPへ

低消費電力設計
図:IGEK100の電気料金
毎日使う事を考え、低騒音設計と低消費電力を追求しました。

このページのTOPへ

このページのTOPへ