実証のプロセスと
実証機関 Verification Process Organization

効果・効能実証の3ステップ

STEP1小空間

事例
作用抑制

①プラズマクラスターイオンを[発生させた円筒形容器]と[発生させない円筒形容器]を用意。
②両容器にダニアレルゲンを噴霧。
③両容器からダニアレルゲンを採取。
④採取したダニアレルゲンとアレルギー患者の血栓抗体と反応させ、ダニアレルギー反応性を比較。

STEP2実使用相当の空間

事例
効果検証

①プラズマクラスターイオンを[発生させた試験室]と[発生させない試験室]を用意(ともに約6畳相当)。
②ダニアレルゲンを噴霧。
③3時間の試験室内の浮遊ダニアレルゲンの分解・除去率を調査。

STEP3ヒトでの臨床試験

事例
ダニアレルゲン起因の
アレルギー性鼻炎症状の緩和効果検証

①ダニアレルゲンを噴霧し、プラズマクラスターイオンを[発生させた試験室]と[発生させない試験室]を用意(ともに6畳相当)。
②それぞれの部屋にダニアレルゲンによるアレルギー性鼻炎の症状を有する被験者を入室させる。
③入室後30分ごとに、被験者の「鼻づまり症状」と室内の浮遊ダニアレルゲン量を測定。

国内外の公的機関での効果を実証
プラズマクラスター技術の効果や効果メカニズムは、国内外の信頼ある公的外部先端試験機関において実証されています。
プラズマクラスター技術の効果や効果メカニズムは、
国内外の信頼ある公的外部先端試験機関において実証されています。
対象実証機関地域
ダニのふん・死がいの
浮遊アレル物質
■ 広島大学大学院 先端物質科学研究科
■ 大阪市立大学大学院 医学研究科 分子病態学教室
■(株)総合医科学研究所
■ ITEA(株)
■中央大学理工学部 / 東京大学 医学部附属病院
臨床研究支援センター
静電気 ■ 当社調べ
ニオイ ■(一財)ボーケン品質評価機構
■(公財)動物臨床医学研究所
カビ菌 浮遊カビ菌 ■(一財)石川県予防医学協会
■(一財)日本食品分析センター
付着カビ菌 ■ ドイツ リューベック大学
■ ドイツ アーヘン応用科学大学 アートマン教授
ドイツ
■(一財)日本食品分析センター
■(株)食環境衛生研究所
■(株)ビオスタ
■ 中国 上海市予防医学研究院 中国
浮遊菌 ■(一財)石川県予防医学協会
■ 中国 上海市予防医学研究院 中国
■(財)北里環境科学センター
■(学)北里研究所 北里大学メディカルセンター
■ 米国 ハーバード大学公衆衛生大学院
名誉教授メルビン・ファースト博士
アメリカ
■ (公財)動物臨床医学研究所
■(一財)日本食品分析センター
■(株)食環境衛生研究所
■ジョージア 国立結核病院 アメリカ
付着菌 ■(学)北里研究所 北里大学メディカルセンター
■(一財)日本食品分析センター
■(株)食環境衛生研究所
■ ドイツ リューベック大学
■ ドイツ アーヘン応用科学大学 アートマン教授
ドイツ
■ 中国 上海市予防医学研究院 中国
■ (株)総合医科学研究所
■ タイ 胸部疾病研究所 タイ
ウイルス 浮遊ウイルス ■ 韓国 ソウル大学 韓国
■ 中国 上海市予防医学研究院 中国
■(財)北里環境科学センター
■(学)北里研究所 北里大学メディカルセンター
■ イギリス レトロスクリーン・バイロロジー社 イギリス
■(株)食環境衛生研究所
■ ベトナム ホーチミン市 パスツール研究所 ベトナム
■ 東京大学大学院 医学系研究科 (公財)パブリックヘルスリサーチセンター
■ インドネシア インドネシア大学 インドネシア
付着ウイルス ■ イギリス レトロスクリーン・バイロロジー社 イギリス
■ ベトナム ベトナム国家大学ハノイ校工科大学 ベトナム
■(株)食環境衛生研究所
■ インドネシア インドネシア大学 インドネシア
PM2.5に含まれる化学物質
ホルムアルデヒド
■(株)住化分析センター
黄砂に付着した菌・カビ菌 ■(株)食環境衛生研究所
フェイスケア ■(株)総合医科学研究所
■ 東京工科大学 応用生物学部
美髪 ■(株)サティス製薬
■(有)シー・ティ・シージャパン
頭皮ケア ■(株)ナショナルトラスト/HARG治療センター
■(株)総合医科学研究所
効果
メカニズム
の解明
ウイルス・
カビ菌・菌の
作用抑制効果
■ ドイツ アーヘン応用科学大学 アートマン教授 ドイツ
ダニのふん・死がいの
アレル物質の
作用抑制効果
■ 広島大学大学院 先端物質科学研究科
肌保湿効果 ■ 広島大学大学院 先端物質科学研究科
ストレス度合い (株)電通サイエンスジャム
集中度合い (株)電通サイエンスジャム
●本サイトに掲載している写真やイラストの一部はイメージです。
TOP