ニュース一覧 発表会レポート NEWS RELEASE & COCEPT REPORT

ニュース一覧

ニュース一覧

2018年3月8日 業界初プラズマクラスター技術が カビの生育ステージ別に抑制効果を発揮することを実証
2017年12月28日 クローズアップに【脳波から分かった、プラズマクラスター技術の新たな効果】を公開しました。
2017年12月28日 クローズアップに【プラズマクラスター技術でレタスの成長促進効果を実証】を公開しました。
2017年11月29日 新技術『プラズマクラスターNEXT』誕生
2017年3月1日 クローズアップに【育毛情報室】を公開しました。
2016年10月13日 プラズマクラスター技術での頭皮のバリア機能向上(頭皮環境改善)による育毛効果を実証
2016年9月8日 世界初プラズマクラスター技術による結核病院での結核感染リスク低減効果を実証
2015年11月17日 世界初プラズマクラスター技術が浮遊する「鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス」を抑制することを実証
2014年9月18日 アカデミア主導の臨床研究において、プラズマクラスター技術により小児アトピー型の軽症および中症の喘息患者の気道炎症レベルが低減
2014年4月10日 広島大学大学院先端物質科学研究科との共同研究プラズマクラスター技術による浮遊カビのアレルゲンの抑制効果を実証
2014年4月3日 プラズマクラスター技術による黄砂に付着している細菌・カビの抑制効果 およびPM2.5に含まれている有機化学物質の除去効果を実証
2012年9月20日 業界初プラズマクラスター技術が容積25m3(約6畳)空間で実際の浮遊H1N1型インフルエンザウイルスの作用を抑制することを実証
2011年8月4日 高濃度プラズマクラスターが浮遊ダニアレルゲンの作用を抑制することによる「睡眠改善(快眠)効果」を実証
2011年5月16日 高濃度プラズマクラスターでヒトの「ダニアレルゲン起因のアレルギー性鼻炎症状を緩和する効果」を実証
2010年11月9日 高濃度プラズマクラスターイオンにより 世界初 臨床試験において、ヒトへのインフルエンザウイルス感染率低減の傾向を確認
2010年11月5日 高濃度プラズマクラスターイオンによる、動物病院の浮遊菌・ニオイの低減効果 及び浮遊イヌパルボウイルス感染力抑制効果(1m3ボックス)を実証
2010年8月5日 肌荒れの一因である「黄色ブドウ球菌」と肌のテカリを起こす「皮脂」の抑制効果を人肌で実証
2010年6月4日 水分子コーティング機能による3つの美肌効果を実証肌の保湿/弾力性向上/キメが整う
2010年2月17日 「高濃度プラズマクラスターイオン(イオン濃度2万5千個/cm3)」による肌の保湿効果を実証
2009年11月13日 プラズマクラスター技術により、代表的な院内感染菌である付着・浮遊「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」の活動抑制効果を実証
2009年11月2日 プラズマクラスター技術により、世界初 付着および浮遊両状態の 「新型H1N1インフルエンザウイルス」の感染力を抑える効果を実証
2009年7月27日 「高濃度プラズマクラスターイオン」が浮遊ダニアレルゲンによるアレルギー反応を抑制する効果を生体レベルで実証
2008年8月27日 プラズマクラスターイオンの高濃度化により 浮遊する『H5N1型トリインフルエンザウイルス』を99.9%分解・除去
2007年8月3日 プラズマクラスターイオンによるセラチア菌の除去効果を ハーバード大学公衆衛生大学院メルビン・ファースト名誉教授と検証
2006年7月21日 プラズマクラスターイオンによる ダニアレルゲン抑制メカニズムを解明
2005年6月6日 プラズマクラスターイオンが 浮遊 高病原性『H5N1型トリインフルエンザウイルス』にも効果
2004年11月17日 プラズマクラスターイオンによる細菌不活化メカニズムを解明
2004年7月27日 世界初、プラズマクラスターイオン技術が浮遊『コロナウイルス』を不活化
2003年9月3日 世界で初めて検証 ぜんそくやアトピーの主要原因-ダニアレルゲンを空中で失活

発表会レポート

発表会レポート

2014年9月18日 アカデミア主導の臨床研究において、プラズマクラスター技術により小児アトピー型の軽症および中症の喘息患者の気道炎症レベルが低減
2012年9月20日 業界初プラズマクラスター技術が容積25m3(約6畳)空間で実際の浮遊H1N1型インフルエンザウイルスの作用を抑制することを実証
2011年8月4日 高濃度プラズマクラスターが浮遊ダニアレルゲンの作用を抑制することによる「睡眠改善(快眠)効果」を実証
2011年5月16日 高濃度プラズマクラスターでヒトの「ダニアレルゲン起因のアレルギー性鼻炎症状を緩和する効果」を実証
2010年11月9日 高濃度プラズマクラスターイオンにより 世界初 臨床試験において、ヒトへのインフルエンザウイルス感染率低減の傾向を確認
2010年11月5日 高濃度プラズマクラスターイオンによる、動物病院の浮遊菌・ニオイの低減効果及び浮遊イヌパルボウイルス感染力抑制効果(1m3ボックス)を実証
2010年8月5日 肌荒れの一因である「黄色ブドウ球菌」と肌のテカリを起こす「皮脂」の抑制効果を人肌で実証
2010年6月4日 水分子コーティング機能による3つの美肌効果を実証
肌の保湿/弾力性向上/キメが整う
2010年2月17日 「高濃度プラズマクラスターイオン(イオン濃度2万5千個/cm3)」による肌の保湿効果を実証
2009年11月2日 プラズマクラスター技術により、世界初付着および浮遊両状態の「新型H1N1インフルエンザウイルス」 の感染力を抑える効果を実証
2009年5月14日 高濃度プラズマクラスター技術成果についての記者説明会をロンドンで開催
●本サイトに掲載している写真やイラストの一部はイメージです。