プラズマクラスターの安全性
SAFETY

確かな安全性 GLP※(優良試験所基準)に適合した試験施設で、信頼性の高い安全性のデータを取得。ケタ違いのイオン濃度下で皮膚、眼、遺伝子、身体、器官、胎児および雌雄2世代繁殖に対し、影響がないことを確認しています。
確かな安全性
GLP※(優良試験所基準)に適合した試験施設で、信頼性の高い安全性のデータを取得。ケタ違いのイオン濃度下で皮膚、眼、遺伝子、身体、器官、胎児および雌雄2世代繁殖に対し、影響がないことを確認しています。

※GLP(優良試験所基準)とは、化学物質等の安全性評価試験の信頼性を確保するため、
試験施設及び、 試験操作の手順書などについて定められた基準です。

■ 安全性の確認試験状況

目的試験名称(略称)イオン濃度設定
皮膚への影響確認 急性皮膚刺激性/腐食性試験 約1,000,000個/cm3
眼への影響確認 急性眼刺激性/腐食性試験 約13,000,000個/cm3
吸入による遺伝子への影響確認 吸入毒性試験(肺組織の遺伝子影響評価) 約7,000,000個/cm3
吸入による身体・器官への影響確認 吸入毒性試験 約7,000,000個/cm3
吸入による母体・胎児への影響確認 吸入毒性試験 約7,000,000個/cm3
吸入による雄雌2世代繁殖への影響確認 吸入毒性試験 約7,000,000個/cm3
●本サイトに掲載している写真やイラストの一部はイメージです。
TOP