AQUOS PHONE Xx mini SoftBank 303SH

ディスプレイ

Feel Artist 映像リアリティエンジン

画面サイズは大きく、端末サイズは小さいという驚き

こんなリアルさ見たことない

超高密度487ppi 4.5インチ フルHD液晶

シャープ独自のIGZO技術が約4.5インチにフルHD(1920×1080ドット)を実現。
超高密度487ppiの鮮やかで精密な画質を楽しめます。

ディスプレイだけを持っているような感覚

幅63mm ディスプレイ占有率75%

幅約63mmの中で約4.5インチを実現。極限を追求した狭額縁設計により、まるで画面そのものを持つような感覚で操作が可能。
しかも片手にフィットするジャストサイズです。

余裕の2日間。うっかり充電し忘れても、あんしん。

  • * ディスプレイの点灯やメールの送受信、アプリの使用など、想定されるお客さまの使用ケースを策定し、実際に端末を使って測定したものです
    (シャープ調べ)。電池の持ち時間については、ゲームやブラウザなどのアプリの動作および、電話、メールなどのネットワーク通信により大きく変動します。

ディスプレイそのものが、スゴく省エネ*1

IGZO液晶ディスプレイ

IGZO*2とは、シャープが世界で初めて*3量産化に成功した、人の手によって創り出された透明な酸化物半導体です。
インジウム(In)、ガリウム(Ga)、亜鉛(Zn)、酸素(O)により構成され、 TFT(薄膜トランジスタ)に用いることで、
高精細で明るい表示や、タッチパネルの高精度化、低消費電力化など、 さまざまな効果を生み出しました。

  • *1 一画素あたりの光の透過量を高めるとともに、静止画/動画時の液晶駆動電力も軽減できるため。
  • *2 IGZO液晶ディスプレイは、(株)半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化したものです。
  • *3 2012年4月13日現在(シャープ調べ)。

IGZO

未来は、IGZOで進化する。IGZOテクノロジーのご紹介

まるでエコカーのように、無駄を抑えてばっちり低燃費

  • *1 いずれもIGZO液晶ディスプレイにおける理論値です。
  • *2 動画コンテンツがフレームレート30fpsの場合。

液晶アイドリングストップ

IGZO×Feel Artist

従来の液晶は、1秒間に60回もの表示書換え動作を行っていました。
液晶アイドリングストップなら、電池の消費を抑え、さらに長い時間お使いになれます。

周りにあわせてくれて見やすい、かしこいね

ユースフィットモード

周囲の明るさや照明の種類などに合わせて、自動でかしこく画質を 調整するモードです。

ナチュラル画質モード

実物の色に近付けることを目指したモードで、ネットショッピングなどに適しています。

リラックス画質モード

画面のチラつき感を抑え、目への負担に配慮しています。

  • ※ リラックス画質モードの効果についての調査結果は、こちらをご覧ください。
アウトドアビュー

屋外でもディスプレイを見やすく表示します。

のぞき見ブロック(ベールビュー)

ディスプレイを周囲からは見えにくくできます。また、設定すると画面上部を覆うだけでON/OFFができます。

  • * お買い上げ時の設定はOFFです。

  • ※ 商品写真および画面・画像はイメージです。