SHARP
太陽の光で充電できる、ソーラーパネルを搭載。


Be Active! 太陽の恵みが、人とケータイをもっとアクティブにする。

Solar Charge
SOLAR PHONE SH002に搭載しているソーラーパネルを太陽に向けると、自動的にソーラー充電がスタートします。オープンカフェや、テニス・ゴルフなどのプレイ中、キャンプのときなど、使えるシーンはさまざま。電源OFFの状態でも充電可能で、「電池が切れているけれど、どうしても連絡が取りたい」という場合にも、ソーラー充電ができる環境であれば対応できます。


ソーラー充電

10分の充電で、1分程度の通話または2時間程度の待受が可能です。

数値は当社の試験方法(快晴時)による計測値です。実使用時は、日射の強さ、使用条件(方位・角度・周辺環境)、地域差、および温度条件により異なります。詳しくはauホームページでご確認ください。
<ソーラー最適充電目安>
ソーラー充電時間   連続通話時間 連続待受時間
30分 約2分 約140分
60分 約6分 約360分
90分 約9分 約560分

ソーラーモニター表示が「最適充電中」で、電池切れの状態から充電した場合の目安です。数値は当社の試験方法による計測値です。お客様のご利用環境によっては、この計測値以上の連続通話時間・連続待受時間となることがあります。
SH002本体が高温あるいは低温になったときや、本体の電池パックの電池残量が約80%以上ある状態では、ソーラー充電を行えません。
季節・天候・地域・太陽の向きや高さ・気温などの使用環境や、使用場所の電波状態、機能の設定などにより、同じ充電時間でもご利用可能時間は変わります。また電池パックの寿命が近づいている状態では、ご利用可能時間は短くなります。


待受Flash®

ソーラー充電量が増えるにつれて太陽や動物などのアニメが変わる、待受 Flash®を内蔵。充電時間を楽しく演出します。


電子ペーパーサブディスプレイ

サブディスプレイには、消費電力の少ない電子ペーパーを採用。電源OFF時や電池切れの場合にもソーラー充電に関する情報を表示できます。

◇ソーラーモニター

ソーラー利用レベルをアイコンで表示。充電の状態を一目で確認できます。

※1電池残量が約80%以上の場合や、太陽の光が十分ではなく、充電が開始できない状態です。
※2太陽の光が少ないため、ソーラー充電が行えない状態です。
最適充電中 充電中 充電停止(※1) ソーラー利用不可(※2)

◇通話時間目安表示

電池切れなど、電源OFF時には、通話可能な時間の目安をアイコンで表示。現在の充電量でどのくらいの通話ができるかを確認できます。

季節・天候・地域・太陽の向きや高さ・気温などの使用環境や、使用場所の電波状態、機能の設定などにより、同じ充電時間でもご利用可能時間は変わります。また電池パックの寿命が近づいている状態では、ご利用可能時間は短くなります。
約1分 通話可 約3分 通話可 約5分以上 通話可


ソーラー充電に関する注意事項

●太陽光をソーラーパネルに当てて充電を行ってください。太陽光がソーラーパネルに当たっていないときや、天候の状況によっては充電を行えない場合があります。●季節・天候・地域・太陽の向きや高さ・気温などの使用環境や、使用場所の電波状態、機能の設定などにより、同じ充電時間でもご利用可能時間は変わります。●SH002本体のソーラーパネルは、電卓などに搭載されるパネルではなく、家屋の屋根などに設置されるソーラー発電専用のパネルを採用しています。照明器具の光では充電を行えません。●SH002本体が高温あるいは低温になったときや、本体の電池パックの電池残量が約80%以上ある状態では、ソーラー充電を行えません。●高温を発するハロゲン電球や赤外線ランプ、白熱灯を使用しての充電は危険ですので、絶対に行わないでください。●閉めきった車内は、太陽光の照射によって高温になります。車内に放置しての充電は、SH002本体が高温となり、発熱・発火・変形や故障の原因となりますので、絶対に行わないでください。●温度が低くなる使用環境(寒冷地や高い山の上、雪の上などを含む)では充電を行えません。


ホーム > 製品情報 > SH002 > 太陽の光で充電できる、ソーラーパネルを搭載。

next

copyright