AQUOS PAD SHT22

スペック

カラー ホワイト
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約104×173×9.9mm(最厚部:約10.8mm)
重さ 約263g
au ICカード種類 au Nano IC Card(4G LTE)
OS Android™ 4.2
CPU MSM8974/2.2GHz(クアッドコア)
メモリ 内蔵(ROM/RAM) 約16GB/約2GB
外部 microSD/SDHC/SDXC(最大64GB)
ディスプレイ 約7.0インチ IGZO(WUXGA)
カメラ メイン 約1,310万画素 CMOS 裏面照射型
サブ 約210万画素 CMOS 裏面照射型
撮影サイズ 静止画 最大4,128×3,096ドット(13Mサイズ)
動画 最大1,920×1,080ドット(フルHDサイズ)
バッテリー容量 4,080mAh
充電時間 約200分(共通ACアダプタ04[別売]使用時)
連続使用時間*1 *2 約12.5時間(動画再生時)
連続待受時間*2 約1,170時間(3G)/約980時間(4G LTE)
外部接続 Wi-Fi® IEEE802.11a/b/g/n/ac*3
Bluetooth® ver. 4.0
外部デバイス・その他 microUSB端子/
3.5φ(4極)イヤホンマイク端子
防水 IPX5/IPX7

※ 本製品はデータ通信専用端末となります。

  • *1 シャープ調べ。輝度、音量は出荷時設定、自動調光OFF、イヤホン使用時の平均的な利用可能時間です。再生するコンテンツや使用状況などにより異なります。
  • *2 日本国内における静止状態での平均的な利用可能時間です。実際にご利用になる地域や使用状況などにより短くなります。
  • *3 Wi-Fi CERTIFIED™ acに対応。
BACK TO TOP

サービス/機能対応表

4G LTE Wi-Fiテザリング NFC フルセグ/
ワンセグ
GPS


(最大接続数10台)

○/○

緊急速報メール auスマートパス ビデオパス うたパス ブックパス

BACK TO TOP

防水性能に関するご注意

防水性能について

  • IPX5:キャップ類はしっかりと閉じてください。海水・プール・温泉の中に浸けないでください。内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、タブレットとしての性能を保ちます。常温の水道水以外には、かけたり浸けたりしないでください。万一水以外(海水・アルコールなど)が付着してしまった場合、すぐに常温の水道水(やや弱めの水流)で洗い流した後、よく乾かしてください。
  • IPX7:常温で、水道水、かつ静水の水深1mの水槽にタブレット本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、タブレットとしての性能を保ちます。
  • SHT22は、キャップ類をきちんと閉じた状態で防水性能を保ちます。接触面に細かいゴミ(髪の毛1本・砂粒1個・微細な繊維など)が挟まると、浸水の原因となりますのでご注意ください。
  • SHT22の防水性能は、常温(5℃〜35℃)の真水・水道水にのみ対応しています。
  • すべての状況での動作を保証するものではありません。お客さまの取り扱いの不備による故障と認められたときは、保証の対象外となりますのでご了承ください。

ご使用に関するご注意

  • キャップ類が浮いていることのないように、確実に閉じてください。
  • SHT22に次のような液体をかけたり、浸けたりしないでください(石けん、洗剤、入浴剤を含んだ水・海水・プールの水・温泉、熱湯など)。また砂や泥が付着しないようにしてください。
  • 手やSHT22が濡れているときに、キャップ類の開閉は絶対にしないでください。
  • 湯船やプールなどに浸けないでください。また水中で使用しないでください(キー操作を含む)。
  • 耐水圧設計ではありません。水道やシャワーなどで強い水流(約6リットル/分を超える)をかけないでください。
  • 風呂場など湿気の多い場所には、長時間放置しないでください。また風呂場で長時間使用しないでください。
  • サウナでは使用しないでください。またドライヤーなどの熱風はあてないでください。
  • 送話口、受話口、スピーカー部の穴に水が入ったときは、一時的に音量が小さくなることがあります。
    十分に水抜きと乾燥を行ったうえでご使用ください。
  • 共通ACアダプタ04(別売)など、周辺機器は防水に対応していません。
  • 落下させるなど、SHT22本体に強い衝撃を与えたり、送話口、受話口、スピーカーなどを綿棒やとがったものでつつかないでください。SHT22本体が変形して防水性能が損なわれることがあります。
  • 結露防止のため、寒い場所から風呂場などへはSHT22が常温になってから持ち込んでください。万一結露が発生したときは、取れるまで常温で放置してください。
  • 強い雨の中では使用しないでください。

防水パッキンについて

  • 防水パッキンの交換については、お近くのauショップまでご連絡ください。

充電時のご注意

  • 外部接続端子を含めSHT22が濡れているときは絶対に充電しないでください。感電や回路のショートなどによる火災・故障の原因となります。
BACK TO TOP

ご利用にあたってのご注意

au 携帯電話およびオプション品は、「取扱説明書」をよくお読みの上、正しくお使いください。

  • 必ず指定の周辺機器をご使用ください。指定の周辺機器以外を使用した場合、発熱・発火・破裂・故障・漏液の原因となります。
  • 自動車などの運転中は使用しないでください。
  • 運転者が使用になる場合には、車を安全な場所に停めてからご使用ください。
  • 電波が電気機器に影響を及ぼす恐れがありますので、次の点にご注意ください。*ドア閉鎖中の航空機内では使用禁止ですので電源は切ってください。
  • 自動車内で使用される場合、車種によってはまれに車両電気機器に影響を与える場合があるため、充分な対電磁波保護がされているか、自動車販売店にご確認ください。
  • 電波による医用電気機器への影響を防ぐために、次のことを守ってください。*医療機関が使用禁止を定めている場所や医用電気機器の近くでは電源を切ってください。 *植込み型心臓ペースメーカーを装着されている方は、装着部位から15cm以上離して携行、使用してください。なお、ペースメーカーには多数の機種がありますので、取扱いについての詳細は関係医療機関やその機種の供給元などへ相談してください。 *混雑した場所では、電源を切るように心がけてください。
  • サービスエリア内であっても、トンネル・地下・屋内・ビルの陰・山間部など電波の届きにくい場所ではご使用になれないことがあります。また、通信中に電波の悪い場所へ移動されると、通信が切れることがありますので、ご了承ください。
  • 映画館や劇場、美術館、図書館などの場所では、動作音で周囲に迷惑をかけないように、電源を切っておきましょう。街中では、通行の邪魔にならない場所で使用しましょう。 *新幹線の車内や、ホテルのロビーなどでは迷惑のかからない場所へ移動しましょう。
  • ご不要になったau携帯電話については、auショップ・PiPitまでご持参ください。環境資源保護の為のリサイクルにご協力をお願い申し上げます。
  • 万一解約等される場合には、au携帯電話に書込まれた電話番号を消去する必要がありますので、au携帯電話をauショップ等までご持参ください。
  • 携帯電話・PHS事業者は、環境を保護し、貴重な資源を再利用するためにお客さまが不要となってお持ちになる電話機・電池・充電器を、ブランド・メーカーを問わずリサイクルのマークのあるお店で回収し、リサイクルを行っています。
BACK TO TOP

商品の表現および仕様に関するご注意・商標一覧

  • microSD、microSDHC、microSDXCロゴは、SD-3C, LLCの商標です。
  • Bluetooth®は、米国Bluetooth SIG, lnc.の登録商標です。
  • The "RSA Secure" AND "Genuine RSA" logos are trademarks of RSA Data Security, Inc.
  • 「AQUOS/アクオス」および「AQUOS」ロゴ「AQUOS PAD」および「AQUOS PAD」ロゴ「AQUOS PHONE」および「AQUOS PHONE」ロゴ「IGZO」ロゴ「Feel UX」および「FEEL UX」ロゴ「Feel Artist」および「FEEL artist」ロゴ「Feel Photographer」および「FEEL photographer」ロゴ「Feel Musician」および「FEEL musician」ロゴ「映像リアリティエンジン」「音響リアリティエンジン」「UIリアリティ技術」「ナチュラル画質モード」「リラックス画質モード」「ユースフィット/Use Fit」「ベールビュー/Veil View」「アウトドアビュー」「「書」ノート」「ウェルカムシート/Welcome Sheet」「エッジスト」「EDGEST」「NightCatch/ナイトキャッチ」「ブライトアイ/BrightEye」および「BrightEye」ロゴ「美ズーム」「ON速起動」「Sweep ON」「スマートファミリンク/Smart Familink」「AV家電リンク」「パストック/Passtock」「液晶アイドリングストップ」「エコ技」マーク「SHSHOW」ロゴ「ココロボ/COCOROBO」は、シャープ株式会社の登録商標または商標です。
  • Google 、Google ロゴ、Android 、Google Play 、Google Play ロゴ、Google Chrome 、Google Chrome ロゴ、Google 検索、Google 検索ロゴ、Google 音声検索、Google 音声検索ロゴ、Google マップ、Google マップロゴ、Gmail 、Gmail ロゴ、Google カレンダー、Google カレンダーロゴ、Google 設定、Google 設定ロゴ、YouTube はGoogle Inc. の商標です。
  • Wi-Fi®、Miracast™、Wi-Fi CERTIFIED Miracast™、Wi-Fi Direct®、Wi-Fi Alliance®はWi-Fi Allianceの登録商標または商標です。
  • AOSSロゴおよびAOSS™は株式会社バッファローの商標です。
  • Qualcomm、MSMはQualcomm Incorporatedの登録商標または商標です。
  • LINE、LINEロゴは、LINE株式会社の登録商標または 商標です。
  • 「Facebook」および「Facebook」ロゴはFacebook,Inc.の登録商標です。
  • 「Twitter」および「Twitter」ロゴはTwitter, Inc.の登録商標です。
  • PhotoScouter®は、株式会社モルフォの登録商標です。
  • 文字変換は、オムロンソフトウェア株式会社のiWnnを使用しています。 iWnn©OMRON SOFTWARE Co., Ltd. 2008-2014 All Rights Reserved.iWnn IME©OMRON SOFTWARE Co., Ltd. 2009-2014 All Rights Reserved.
  • 本製品にはVision Objects社の手書き文字認識エンジンおよび、手書き入力ソフトMyScriptを搭載しています。 MyScriptはVision Objectsの商標です。
  • 本製品には株式会社モリサワの書体、新ゴ Mを搭載しています。「モリサワ」「新ゴ」は、株式会社モリサワの登録商標です。
  • For DTS patents, see http://patents.dts.com. Manufactured under license from DTS Licensing Limited. DTS, the Symbol, & DTS and the Symbol together are registered trademarks, and DTS Sound is a trademark of DTS, Inc.©DTS, Inc. All Rights Reserved.
  • 「G-SHOCK」はカシオ計算機株式会社の登録商標です。
  • その他掲載の商品および機能等の名称はそれぞれ各社が登録商標または商標として使用している場合があります。

auの商品およびサービスにつきましては、auのホームページをご覧ください。

BACK TO TOP