タイトルアイコン

プラズマクラスター
雪下シャキット野菜室
食感も甘みも味わって
家族の健康を願う、
毎日のフレッシュ野菜。

プラズマクラスター雪下シャキット野菜室|食感も甘みも味わって家族の健康を願う、毎日のフレッシュ野菜。

このページは、SJ-GA55Eを中心に説明しています。

動画で見るきれいな空気で、清潔保存

プラズマクラスターで、清潔保存

プラズマクラスターで
野菜も
果物も清潔に保って鮮度長持ち

プラズマクラスター雪下シャキット野菜室|プラズマクラスターで野菜も果物も清潔に保って鮮度長持ち

付着菌を除菌※1※2

プラズマクラスターイオンが野菜室全体を包み込み、野菜の表面に付着した菌を除菌※1※2。野菜の鮮度を保ちます。

プラズマクラスター
イオンなし

プラズマクラスターイオンなし

プラズマクラスター
イオンあり

プラズマクラスターイオンあり

野菜室側面図

野菜室側面図
  • ※1付着菌除菌効果(55Lボックス内での実験結果。実使用空間での実証結果ではありません。)【試験依頼先】(一財)石川県予防医学協会【試験成績書】第S1802723号【試験方法】55Lのボックス内に菌を塗布した寒天培地を配置し、プラズマクラスターイオン放出6日後の生菌数を測定(プラズマクラスターイオン濃度:50,000個/cm³)【対象場所】野菜室【試験結果】6日間で除去率99%
  • ※2使用環境(庫内の食品の量・置き場所など)により、プラズマクラスターイオンの効果が異なることがあります。また、食中毒などの予防を保証するものではありません。
プラズマクラスター
雪下シャキット野菜室

みずみずしさを保ちながら、
甘みを引き出す

5面輻射冷却+うるおいガード

野菜は寒さから身を守ろうとするとき、でんぷんが糖に分解されて甘みが増します。その甘さを引き出すため、雪国で野菜を雪の下に置いて長期間鮮度を保つ方法に近い状態を再現しました。また、プラズマクラスターを放出するイオン発生ユニットを搭載し、野菜室内の雑菌を抑え清潔に保ちます。

雪下の環境に近い、5面輻射冷却+うるおいガード

低温で包み込んで冷却しながら、野菜室全体をすっぽりおおって乾燥を抑えます。

水分減少率(7日間保存)※3

当社従来野菜室

レタス:雪下シャキット野菜室と当社従来野菜室比較

水分減少率10.0%

雪下シャキット野菜室※3

レタス:雪下シャキット野菜室と当社従来野菜室比較

水分減少率4.0%

当社従来野菜室

ブロッコリー:雪下シャキット野菜室と当社従来野菜室比較

水分減少率20.7%

雪下シャキット野菜室※3

ブロッコリー:雪下シャキット野菜室と当社従来野菜室比較

水分減少率7.2%

Column
天然の冷蔵庫、
まるで雪下野菜のように!

雪国で野菜を雪の下に置いて長期間鮮度を保つように、冷凍室に囲まれた独自スタイルを活かして野菜室を冷却。低温・高湿環境で鮮度を守りながら、甘味成分がアップします。

でんぷんを糖に分解して甘みをアップ

■ ジャガイモの甘味成分の変化※4

ジャガイモの甘味成分の変化

■ ニンジンの甘味成分の変化※4

ニンジンの甘味成分の変化
野菜室が真ん中

見た目はコンパクト、
実は大容量

たっぷりの容量を奥行きで実現。開け閉めスムーズだから、奥の大物野菜も出し入れラクラク。野菜室が真ん中なので、食品の出し入れがしやすく、調理中も小物野菜などがサッと取り出せて便利です。また、上下2段ケースの区分けで形や大きさがバラバラの野菜を、見やすくスッキリ収納できて便利。

野菜室が真ん中|見た目はコンパクト、実は大容量
上段野菜ケース&下段野菜ケースイメージ

上段野菜ケース

小物・果物エリア小物、中物野菜が整理しやすい。見やすく、取り出しやすいので使い忘れを防ぎます。

下段野菜ケース

大物・長物エリア白菜、キャベツ、レタス、大根などの大物・長物野菜が余裕で入ります。

タテ収納エリアにんじん、きゅうりなど背の高い野菜や、ペットボトルが縦に収納できます。

奥までたっぷり入れても横からサッと取り出せる
  • 商品の色は実際の色と異なる場合があります。また、照明や見る角度により、色のイメージは微妙に異なります。お求めの際は、店頭でお確かめください。
  • 庫内の明るさについては、中を見やすくするために明るくしていますが、実際の庫内照明の明るさとは異なります。
  • 写真・イラストはイメージです。
  • ※32016年度機種SJ-GT55C「雪下シャキット野菜室」(新製品 SJ-GA55Eと同等)と当社2015年度機種SJPF47B従来野菜室との当社試験比較。外気温20℃、ラップなし、ドア開閉なしで7日間保存。野菜の種類や状態、収納量などにより効果は異なります。
  • ※42016年度機種SJ-GT55C「雪下シャキット野菜室」(新製品 SJ-GA55Eと同等)の試験結果より当社にて算出。外気温20℃、ラップなし、ドア開閉なしでジャガイモ、ニンジンを7日間保存し、糖量を測定。【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター。【試験成績書】第16074624,16074634,16119964,16120132号 野菜の種類や状態、収納量などにより効果は異なります。全ての野菜の甘味成分が増えるわけではありません。
MENU
ページTOPへ戻る