わが家にピッタリはコレ!冷蔵庫の選び方

1.「容量」をチェックしましょう!

容量の目安は、ご家族の人数を元に下記の計算式で算出できます。
あくまで目安ですので、「外食が多い」「まとめ買いをする」など、ライフスタイルに合わせて検討しましょう。

70L×ご家族の人数 + 常備食材120〜170L + 予備スペース100L = 容量
冷蔵庫の容量の目安計算例・3人家族の場合は430〜480L
冷蔵庫の容量の目安計算例・4人家族の場合は500〜550L

2.「サイズ」をチェックしましょう!

設置する場所の寸法を確認しましょう。コンセントの位置や搬入経路も事前の確認を忘れずに。
設置スペースにはある程度のゆとり(隙間)が必要です。このゆとり(隙間)がないと、放熱がうまくいかずに冷えにくくなります。

また、"最上段の棚に手が届かない"などと後で困らないよう、主に使う人の身長も考慮しましょう。

コンセントの位置や主に使う人の身長を考慮しましょう

3.「ドアの開き方」をチェックしましょう!

冷蔵庫のドアのタイプは大きく分けて3種類あります。
ドアの開く方向や奥行きを踏まえて、設置場所に望ましいドアのタイプを選びましょう。

  • フレンチドア(観音開き)タイプ

    フレンチドア(観音開き)タイプイメージ

    開く半径が小さく、比較的場所を取りません。また、ドアの開け閉めが必要最小限に押さえられるので、省エネ性能が高いこともメリットです。

  • どっちもドア(左右両開き)タイプ

    どっちもドア(左右両開き)タイプイメージ

    シャープ独自の「どっちもドア」。
    例えば料理中は右から、リビングからは左からなど、動く方向から開け閉めができます。引っ越しなどにも柔軟に対応します。

  • 片開きタイプ

    片開きタイプイメージ

    左右どちらか一方的に開くタイプ。
    前面に広めのスペースが必要です。

4.「省エネ性能」をチェックしましょう!

家庭の中でも消費する電力量の割合が高い冷蔵庫。これから選ぶなら、省エネ性能が高いものを選びましょう。

グリーン購入法適合商品
ページTOPへ戻る